Coincheckの評判・口コミ&おすすめ評価ポイント

Coincheck (コインチェック)

Coincheckの評価
オススメ度★★★★(3.75/5.0)
本人確認済み口座数1,040,000口座 (2019年12月末から+13%)
※2020年12月末時点
アプリダウンロード数326万
最低取引単位(BTC)最低0.001BTC
現物取引手数料(BTC)無料
取扱仮想通貨数15種類
\国内ネット証券大手のマネックスグループが運営/

Coincheck(コインチェック)の評価ポイント

1.取扱仮想通貨数の多さ

Coincheckは当サイトでご紹介する仮想通貨交換業者のなかでトップの数の仮想通貨を取引できます。国内だと、ファクトム($FCT)、アイオーエスティー($IOST)、エンジンコイン($ENJ)はコインチェックでしか買えません。

交換業者別の仮想通貨数

  • GMOコイン:11種類
  • bitFlyer:12種類
  • Coincheck15種類
  • DMM Bitcoin:11種類
  • bitbank:8種類
  • Huobi Janpan:9種類
  • Liquid by QUOINE:5種類
  • SBI VCトレード:3種類

※2021年2月時点

Coincheckは2020年3月13日にレバレッジ取引の提供を終了したので、現在は現物取引か販売所取引しかありません。

しかしマネックスグループに入ってからIEOやNFTなど、新たなクリプト領域に積極的に参入しています。これからがより楽しみな取引所と言えるので、注目しておいて損はないでしょう。

2.日本で一番簡単にビットコインを買える〜見やすいUI設計〜

CoincheckはサービスのUIの良さに強みを持つ仮想通貨交換業者です。

まずweb版の画面が、白とライトグリーンを基調にしており非常に見やすいです。どこに何のボタンがあって、どう操作していけばいいのかということが直感的にわかる設計にされている点は多くの仮想通貨投資家から好評を得ています。

さらに、アプリも非常にわかりやすいことで人気です。スマホアプリだとどうしても画面が小さくなってしまうので、ごちゃごちゃしてしまうのではないかと思われてしまう傾向にありますが、Coincheckはアプリ版も綺麗に整理されていて使いやすいです。初心者にはぴったりの取引所と言えるでしょう。

ダウンロード数326万!2020年12月末

また、PCでログイン後に【トレードビュー】を押せば詳細な分析も可能になります。シンプルでわかりやすい初心者向けチャートと、詳細に分析するためのチャートの二つを利用できる点も魅力の一つだと言えるでしょう。そして、トレンドラインなどの描画はもちろんのこと、移動平均線やRSI、MACDなどの表示も可能です。

▼搭載しているテクニカル指標 (数が多いため一部をご紹介)

  • 移動平均線
  • 指数移動平均
  • ボリンジャーバンド
  • 一目雲
  • ネット出来高
  • トリプルEMA
  • 平均足
  • MACD
  • RSI
  • 最小二乗法移動平均
  • ストキャスティクス
  • ヒストリカル・ボラティリティ

しかし複数通貨のチャートを並べて見るといったことができない点がデメリットです。

▼相場変動を見逃さないプッシュ通知機能と通知条件

価格アラート:自分で設定した価格に到達した時に通知

朝イチ通知:毎朝7時に、「通貨の上昇下落通知」「新サービスやアプリの新機能の通知」を行う

3.ふたつの積み立て投資サービス

サービス内容

コインチェックは、2018年から仮想通貨の積立サービスを開始しました。GMOコインも積み立て投資サービスを行っていますが、コインチェックのは毎日積立を行うことができることです。

また、月々の最大積み立て金額は100万円とGMOコインより大きくなっています。

▼積み立てプラン

  • 月イチつみたてプラン
  • 毎日つみたてプラン
対象者 コインチェックに口座をお持つ個人
取扱通貨 BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, LTC, BCH, XLM, XEM, QTUM,BAT,IOST (取扱通貨は順次追加予定)
積立金額 月々1万円~100万円の範囲で、1,000円単位
手数料 無料 (口座振替手数料、積立サービス手数料)
入金方法 指定の銀行口座から毎月引き落とし

申し込み方法

申し込みは3ステップで完了します。

  1. Coincheckのメインメニューから「Coincheckつみたて」を選択
  2. 「口座の設定をする」より引き落としをする口座の情報を入力
  3. 「積立プラン」、「積立する仮想通貨」、「積立金額」を設定して申請が完了です

ー解約方法

「Coincheckつみたて」のページから、いつでも停止することが可能です。

積立投資に向いている人は、焦らず長期的に資産を増やしたい人ではないでしょうか。

大きな利益を求めないまでも、インフレヘッジとして注目されているビットコインなどに長期的に投資を行い、着実に資産を増やす一方で守るという側面に価値を見出す人におすすめできます。

4.セキュリティが改善。大口取引向けのOTC取引も提供。

Coincheckサービス 

Coincheckは一度NEM($XEM)の大量流出事件が起きた後、マネックスグループの傘下に入りました。その結果、大幅なセキュリティ体制の見直しなどが図られ、飛躍的にセキュリティが改善されました

そんな不安感を過去に一度残したコインチェックですが、大口取引向けのOTC取引を提供している点は注目すべきです。
大量のコインを売買したい方にとって有利なレートを提供してくれるので、人気を博しています。

マネックス傘下に入ってから、IEOやNFTなどの新興のクリプト分野にも積極的に進出しています。NFTマーケットプレイス事業や、エンジンコイン($ENJ)の取扱開始はつい最近の出来事です。

特にNFT関連事業に関して、国内ではコインチェックが大幅にリードしていると言っていいでしょう。。

コインチェックNFT
\国内ネット証券大手のマネックスグループが運営/

Coincheckの口コミ/評判

「Coincheckに対する投資家(トレーダー)のクチコミ・評判」

個人投資家はCoincheckについてどのような評価をしているのか?
当社が収集したCoincheckの口コミ・評判を評価を見てみたいと思います。

  • 口コミ数:5件(全37件中)
  • 利用者の評価:★★★☆☆(3.36/5.0)

【対応に関する評判】ホームページで疑問点を解消できる

★★★★☆(4.0/5.0) 30代男性のクチコミ

チャートが見やすいこと、不明点をHP内で解決することができるため愛用しています。取引所内での売買に少し手こずりましたが、説明が充実しているため、すぐに慣れることができました。
(投稿日: 2021/02/08)

【セキュリティーに関する評判】事件後、セキュリティー改善がしっかりとなされた。対応が柔軟になっていった点も高評価。

★★★★★(5.0/5.0) 30代女性のクチコミ

不正アクセスを受けてサイトがリニューアルし、現在ではログイン認証が厳しくなりました。セキュリティに力を入れているので、取引所としての信頼性は高まったように感じます。NEMコインをいち早く扱うなど、柔軟な対応力にも好感が持てます。 (投稿日: 2020/08/11)

【手数料に関する評判】スプレッドが広くなることがある点がマイナスだが、大口取引が可能な点は嬉しい。

★★★☆☆(3.0/5.0) 30代男性のクチコミ

スプレッドが高すぎる点がマイナス、売買時に大口で出来るのはプラス。ビットフライヤーと違い現物売買で制限がかかりにくいのは評価が高い。あと、いうならば乖離がしやすいのが難点であり利点。 (投稿日: 2021/02/08)

【総合的な評価】通貨数が豊富で嬉しい。マネックスの後ろ盾も頼もしい。

★★★★☆(4.0/5.0) 40代女性のクチコミ

たくさんの通貨があり、マネックスの後ろ盾を得たコインチェックは情報に疎いわたしの味方です。 (投稿日: 2020/08/29)

【Coincheckに対する悪評】入出金手数料が結構痛い。

★★☆☆☆(2.0/5.0) 30代女性のクチコミ

入金手数料かかります。銀行振り込みは、SBI銀行口座を持っていれば無料になる。仮想通貨の利益確定後、日本円と交換してCoincheck口座から自分の銀行口座に出金する際に、一律407円かかります。以前は振込手数料無料だったので、ちょっと将来性に不安。ホームページは使いにくい。
チャートは、トレーディングビューという他サイトが張り付けられてある。スマホではチャート分析しにくい。
取り扱い暗号資産は多く、約定も早い。セキュリティーは、パスワードとユーザー名を入れてから、携帯に数字入りCメールが来て、その数字を入力をする形。どうしてもCメールが中々来ない時も有るので、約定したい場合は前もってログインしておく事をお勧めします。
(投稿日: 2020/08/23)

\国内ネット証券大手のマネックスグループが運営/

Coincheck:口座開設数の推移と沿革

続いて同社の口座開設数の推移・増加数を抜粋しました。 2020年12月末において、本人確認済の口座数は104万となっています。

またCoincheckの沿革・主なサービスリリースも掲載しますので合わせてご確認ください。

口座開設数の推移グラフ

Coincheckの口座開設数の推移棒グラフ
※Coincheckの口座開設数推移(2018年12月~2020年12月末)

直近1年の月間口座開設数一覧・主なサービスリリース

Coincheckの口座数推移
対象年月 Coincheck 本人確認済み口座数
(前月比)
主なサービスリリース / 発表
2020年12月末 2021年3月期第3四半期 104万口座 世界初のBCG「CryptoKitties」を運営するDapper Labsと連携を開始。
NFTマーケットプレイス事業において日本最大級のBCG「CryptoSpells」と連携を開始。
Formula 1®公式のBCG「F1® Delta Time」を運営するAnimoca Brandsと連携を開始。
2020年10月 2021年3月期第2四半期 99万口座 ベーシック・アテンション・トークン($BAT)の取扱を開始。
日本初のIEO(Initial Exchange Offering)実現に向け共同プロジェクトを発足。
業界初(※1)の「NFTマーケットプレイス」立ち上げを発表。
アイ・オー・エス・ティー($IOST)の取扱を開始。
大人気ゲーム「マインクラフト」内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始を発表。
“全世界4,000万DL”を達成した『The Sandbox』内で利用可能なNFTを取扱うべく連携開始を発表。
2020年7月 2021年3月期第1四半期 96万口座 “株主総会を、ラクラクに”する新サービス「Sharely(シェアリー)」の公式サイトを公開。
2020年5月 2020年3月期 94万口座 世界で初めてLisk($LSK)のステーキングサービス(β版)の提供を開始。
Qtum($QTUM)の取扱を開始。
2020年1月 2020年3月期第3四半期 94万口座 「Coincheckガス」の提供を開始。
日本最大級の家計簿アプリZaimとのAPI連携を開始。
ステラ・ルーメン($XLM)の取扱開始。
手数料無料の自動積立サービス、「Coincheckつみたて」を提供開始。
2019年10月 2020年3月期第2四半期 92万口座 マクロミルポイントを仮想通貨に交換できる新サービス『Coincheckアンケート』を開始。
2019年7月 2020年3月期第1四半期 90万口座 マネックス証券とのポイント連携開始を発表。
モナコイン($MONA)の取扱開始。
2019年4月 2019年3月期 90万口座 仮想通貨交換業者登録完了を発表。
2019年1月 2019年3月期第3四半期 90万口座 -
2018年10月 2019年3月期第2四半期 【ハッキング事件後サービス停止をし、売却のみ受付中】 -
2018年7月 2019年3月期第1四半期 【ハッキング事件後サービス停止をし、売却のみ受付中】 マネックスグループ株式会社の完全子会社化を発表。

Coincheckのキャンペーン・特典

Coincheckの開催中のキャンペーン・特典を紹介します。

Coincheckのカバー取引先一覧

【カバー先:全13社】↓内訳↓

主要なカバー取引は、以下のうち複数と行います。

カバー取引先
  • B2C2Japan Co.,Ltd
  • Binance
  • Bitstamp Ltd
  • Bittrex,Inc
  • Cumberland DRW LLC
  • iFinex,Inc
  • OKCoin, Inc
  • Poloniex, LLC
  • QUOINE株式会社
  • Tai Mo Shan Ltd
  • 株式会社bitFlyer
  • 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • フォビジャパン株式会社

CoincheckのおすすめCM動画

Coincheck(コインチェック)の公式yotubeチャンネルにあるCM動画です。

▼出川哲朗、仮想通貨ビットコインのCMに出演 取引アプリ「コインチェック」CM「兄さんは知らないんだ」篇 (2017/12/08)

▼コインチェックTVCM_「タイトル」篇 (2021/01/14)

▼コインチェックTVCM_「ロケット」篇 (2021/01/14)

\国内大手ネット証券マネックスグループが運営/

Coincheck の会社概要

会社データ

Coincheckの企業概要
会社名 Coincheck株式会社
設立年月 2012年8月28日
本社所在地 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
公式URL https://corporate.coincheck.com/

CoincheckのQ&A(よくある質問)

メリット・デメリットを教えて下さい

Coincheckには以下のようなメリット・デメリットがあると思います。

Coincheckのメリット

  • 取扱通貨数が国内トップ(15通貨)
  • 直感的に操作できるので初心者でも売買が簡単
  • 大口取引対応のOTC取引
  • マネックスグループの完全子会社

Coincheckのデメリット

  • スプレッドが広い時がある
  • レバレッジ取引ができない

口座開設は誰でもできますか?

年齢が20歳以上」「国内在住」など、Coincheckの開設基準を満たしている必要があります。口座開設の申し込み後にCoincheck側で審査を行い、通れば口座開設完了通知書が送られてきます。その他の国内取引所も概ね同様です。

デモ口座はありますか?

ありません。

どの通貨ペアを取扱ってますか?

Coincheckでは現在、以下の15通貨を取り扱っています。

【取扱い通貨ペア一覧】

BTC/JPY,ETH/JPY,XRP/JPY,LTC/JPY,BCH/JPY,XEM/JPY,XLM/JPY,LSK/JPY,FCT/JPY,BAT/JPY,IOST/JPY,ETC/JPY,QTUM/JPY,MONA/JPY,ENJ/JPY

アプリはありますか?

あります。「Coincheck(コインチェック)」という名称でアプリストアにあります。iOSとAndroidの両方で利用でき、ウィジェット機能も備えています。

どんな人にCoincheckはオススメですか?

まず第一に初心者の方でこれから仮想通貨について知っていきたい方にオススメです。スマホアプリもWeb版も、どちらも見やすく使いやすいためです。
そして少額から大口まで幅広く取引をしたい方にもオススメです。特に大口取引をしたい方には、より良いレートを提案してくれる大口取引向けのOTC取引があるためオススメと言えます。
最後に、取引手数料を安くおさめたい方にもオススメです。Coincheckでは取引手数料が、販売所と現物取引所の両方で無料となっています。

おすすめの記事