CFD取引とは?メリット/デメリットや取引方法までわかりやすく解説

投資方法の一種「CFD」

CFDという名前は知っているけど、いまいち仕組みやメリット/リスクがわからず手をだせずにいる人は多いのではないでしょうか。

よくわからない、難しそうな投資はなかなかにハードルが高く感じられますよね。

でも実は、有名なFXもCFDの一種なんです。今回は、CFDとはどんな投資なのか、そして投資家にとってどんなメリットがあるのかなど「気になるポイント」を徹底解説していきます!

株式投資に興味がある人は、CFDを知っておくと株式が不調なときのリスク対策になってくれるかもしれませんよ。

ちなみに、国内会社でCFDを考えている場合はデモ口座の用意もある「GMOクリック証券」がおすすめです。当サイトの「CFD取引におすすめの証券会社ランキング」でも1位を獲得しています。

\国内CFD取引金額シェアNo.1/

CFD取引(差金決済取引)とは?

CFD取引とは、「Contract For Difference」の頭文字をとったもので、日本語では「差金決済取引(証拠金取引)」と呼ばれています。

実際に金融資産を保有するのではなく、「取引結果の差額」を取引するため差金決済取引と呼ばれています

利益の狙い方は他の投資商品と変わらず、「予想した方向へ価格が動けば利益/反対に動けば損失」になります。

筆者
根本の考え方は株式やFXと変わらないということですね!
例:CFDでAという銘柄を取引する場合

前提:投資家自身は「Aの保有も売却もしていない」

  • Aの価格が1,000円のときに買い注文&1,200円のときに売り注文(決済)→差額の「200円分」が利益
  • Aの価格が1,000円のときに買い注文&800円のときに売り注文(決済)→差額の「200円分」が損失

利益を狙う考え方は株式投資と変わりませんが、「現物を保有していない」というポイントは抑えておきましょう。後で登場するレバレッジを理解するのに必要になってきます。

ただ、聞き慣れない言葉も多いと思いますので、CFDはどんな金融商品なのか

の3つに分けて深堀りしていきます。

筆者
難しい金融用語は例と共に説明しているので自分のペースで理解しながら読み進めてみましょう!

【関連記事】:FXとCFD、先物取引の違いとは?|総合力で利益を狙うCFD取引を紹介!

CFD取引の仕組み

CFD取引は、通常の株式投資などと異なり、「投資家(自分)」対「証券会社」で行われます

CFD取引の仕組みの図解

日本証券業協会HP:証券CFD(差金決済)取引の特徴やリスクとは?より引用)

そして、無担保で取引をさせると証券会社が損する可能性があるため、担保として「証拠金」を預かるという仕組みです。

筆者
証拠金は「損失が出たらここからもらっていくよ」という担保のお金なんですね。

ただ、このままだと投資家が得した場合、証券会社はその「差額分」損してしまいます。

例:投資家が10万円分CFDで利益が出た証券会社は投資家に10万円支払う証券会社は-10万円の損失になる

そこで、登場するのが「カバー取引」です。

証券会社は、投資家が出した注文とほぼ同じ内容の注文を「他の証券会社」や「金融機関」に対して出しています

カバー取引をすることで、投資家が得した場合でも証券会社は損せず済むようになっているんです。

「損失をカバーする取引=カバー取引」と覚えておきましょう。

ここまでで、以下3点が抑えられていれば問題ありません。

  • 証拠金は「損失が出たらここからもらっていくよ」という担保のお金なんですね。
  • CFDは投資家と証券会社の間で行われる
  • 証券会社は損しないように、カバー取引を行っている
筆者
むしろ、CFDの仕組みの理解が最難関ですから、ここまで理解できていれば、あとは余裕です!

CFDの取引時間は何時から何時まで?

次は、CFDの取引時間について説明します。

取引商品によって差はあるものの、CFDは「ほぼ24時間」取引可能です。

CFD商品別取引時間例
CFDの種類 取引時間
日経225先物 月曜〜金曜の8:30〜翌7:00
(米国夏時間8:30〜翌6:00)
NYダウ先物 月曜〜金曜の8:00〜翌6:15
(米国夏時間7:00〜翌5:15)
金のスポット取引 月曜〜金曜の8:00〜翌7:00
(米国夏時間7:00〜翌6:00)
WTI原油先物 月曜〜金曜の8:00〜翌7:00
(米国夏時間7:00〜翌6:00)
筆者
日本の株式市場が閉まっていても取引チャンスがあるのは日中忙しい人にとっても嬉しいポイントですね!

関連記事:日経平均CFDとは?取引方法やおすすめの証券会社をわかりやすく解説

CFD取引にかかる4つのコスト

最後は、CFD取引にかかる4つの取引コストについて説明します。主なコストは以下の4つ。

  • 取引手数料
  • スプレッド(買値と売値の差額)
  • オーバーナイト金利(ポジションを翌日に持ち越した場合)
  • 配当相当分(売りポジションを持っている場合)

その中でも注意しておくべきコストが、

  • スプレッド(買値と売値の差額)
  • オーバーナイト金利(ポジションを翌日に持ち越した場合)
  • 配当相当分(売りポジションを持っている場合)

上記3つです。

筆者
多くの証券会社では取引手数料は無料だけど、その他こまごまと手数料がかかるよ!という体系を採用しています

スプレッドは、買値と売値の差額のことで取引画面から確認できます。トレードする際は毎回チェックするようにしましょう。

これで、CFDの基本的な仕組みの説明は終了!

つぎは、CFDにはどんなメリット/デメリットがあるのか解説していきます。ハイリスクなイメージが強いCFDですが、CFDならではのメリットもあるのでしっかりチェックしていきましょう。

CFD取引の主な種類

CFD取引の種類は大きく分けて「4種類」あります。

各CFD商品について、簡単な特徴や投資先を説明していきます。どのCFD商品が自分の投資方針にあっているか確認してみてください

CFDの種類・特徴一覧表
株価指数CFD 株式CFD 商品CFD バラエティCFD
レバレッジ倍率 10倍 5倍 20倍 5倍
主な投資対象
  • 日経225先物
  • ダウ先物
  • S&P500先物
  • FTSE中国A50先物
  • 米国個別株
  • 日本個別株
  • 金スポット取引
  • WTI原油先物
  • 天然ガス先物
  • VIX先物
  • 原油ブル/ベア2倍ETF
  • 金ブル/ベア2倍ETF
リスクの大小

参考:GMOクリック証券のCFD取扱銘柄

株価指数CFD(日経225先物やダウ先物など)

株価指数CFDは、日経225先物やダウ先物をはじめとした「株価指数」を取引するCFDです。

株価指数CFDの主な投資対象
  • 日経225先物/SGX・CME
  • NYダウ先物/CME
  • S&P500先物/CME
  • E-mini NASDAQ100先物/CME
  • FTSE100先物/ICE
  • ドイツDAX先物/EUREX など

株価指数は、その国の主要企業の株価をもとに算出されており、「国の経済/景気状況」が色濃く反映されます。

そのため、株価指数CFDでも「金融緩和/引き締め」や「好決算の企業が多い/少ない」など比較的わかりやすい材料で値動きが予想可能

筆者
個別銘柄ではなく、指数の取引で利益を狙いたいと考えている人におすすめです!

【関連記事】:日経平均やNYダウなどの株価指数を取引するならコレ|おすすめの金融商品3選

株式CFD

次は、株式CFDの説明をしていきます。その名の通り「個別株式」を間接的に取引できるCFDになります

1番大きな特徴は、「米国株式」などをはじめとした海外株式の空売りができる点です。

正しくは、「空売りした場合と同程度の利益が狙える」という表現になりますが、外国株が下がっているときにも取引チャンスがあるのは大きなメリットですよね。

特に、「歴史的には右肩上がりの米国株とはいえ、下落時も利益が欲しい」と考えている投資家の方におすすめのCFDです。

商品CFD(金や原油など)

金や原油などの商品先物に間接投資できるのが「商品CFD」

  • インフレが進んでいるときは「原油が上がりやすい」
  • 有事の際(金融ショックや戦争/災害など)は「安全資産の金が上がりやすい」

など、特定の状況下で大きな利益を狙えるのが商品CFDの特徴です。

特に、株式市場が冷え込んでくると、金の価格は上昇しやすい傾向にありますから、株式投資のリスクヘッジとして活用することもできますね。

バラエティCFD(ブル/ベア/REIT ETF・ETN、など)

投資商品には、「ブル/ベア型ETF」という対象指数の値動きの「2倍」の値動きを目指すものがあります。

そして、このブル/ベア型のETFやREITという不動産投資信託を間接的に取引できるのが「バラエティCFD」です。

ただ、このバラエティCFDは、価格変動が非常に大きいものが多いため「短期取引以外」の取引をするのは避けた方が無難です。

筆者
上級者向けの投資商品になるので、CFD初心者であれば、株価指数CFDや株式CFDから初めて見るのがおすすめです。

CFDのメリット/特徴

CFDのメリット/特徴は大きく分けて5つ。

それぞれのメリットを確認しつつ、自分の性格や資金量にあっているか吟味しましょう。

  • レバレッジをかけて資金効率を高められる
  • 下落相場でも利益が狙える
  • 投資対象が豊富にあり取引チャンスが多い
  • ”ほぼ24時間”取引ができる
  • CFDデモ口座の用意がある証券会社もある

レバレッジをかけて資金効率を高められる

CFDには、「レバレッジ」という預け入れた資金以上の金額を取引できる仕組みがあります

預け入れた資金は「証拠金」と言い、レバレッジは「◯倍のレバレッジをかける」というように使われます。

簡単にいうと、

  • 証拠金:10万円
  • レバレッジ10倍

の場合、100万円まで取引ができるということです。

また、レバレッジをかけると利益も比例して大きくなります

レバレッジ1倍 レバレッジ5倍 レバレッジ10倍
+1%の利益 +1%の利益 +5%の利益 +10%の利益
+3%の利益 +3%の利益 +15%の利益 +30%の利益

このように、同じ元本、取引内容であっても、レバレッジをかけた方がより大きな利益を狙えるようになります。

筆者
少ない資金で大きな利益が期待できるのはCFDの大きな特徴でありメリットであるといえます!

【関連記事】:【図解あり】FXのレバレッジとは?わかりやすく簡単に解説

下落相場でも利益が狙える

CFDでは、「高い価格のときに売り」そして「安くなったら買い戻す」ことでも利益を得られるため、株式市場が低迷しているときでも取引チャンスが多くなります

特に、投資というと「安く買って高く売る」というイメージがつよく、市場が右肩下がりのときは投資は不向きと考えている方もいると思います。

その点、CFDは下落相場でも利益を狙えるため様々な相場に強い投資方法だといえますね。

【関連記事】:売りから入る(空売り)とは?|売りポジションってなに?

投資対象が豊富にあり取引チャンスが多い

CFDは、株式だけでなく、株式指数や金、原油などのコモディティにも間接的に投資が可能

投資対象が多いということはそれだけ、取引の幅が広がりますし「株式」や「株価指数」が低迷していても、他の金や原油が好調であればカバーもできます。

筆者
ただ、原油先物や金スポット取引のCFD取引をする際には、事前に知識や仕組みを理解しておきましょう!無策に取引するのはおすすめしません。

関連記事:CFD取引におすすめの証券会社ランキング|銘柄数や手数料などを徹底比較

”ほぼ24時間”取引ができる

CFDの取引時間の章でも説明しましたが、CFDは取引時間が長く、ほぼ24時間(平日)取引ができます

CFDの種類・特徴一覧表
株価指数CFD 株式CFD 商品CFD バラエティCFD
レバレッジ倍率 10倍 5倍 20倍 5倍
主な投資対象
  • 日経225先物
  • ダウ先物
  • S&P500先物
  • FTSE中国A50先物
  • 米国個別株
  • 日本個別株
  • 金スポット取引
  • WTI原油先物
  • 天然ガス先物
  • VIX先物
  • 原油ブル/ベア2倍ETF
  • 金ブル/ベア2倍ETF
リスクの大小

参考:GMOクリック証券のCFD取扱銘柄

そのため、日中は仕事や家事で時間がとれず、しぶしぶ株式投資を諦めていたという方でも取引ができます!

CFDデモ口座の用意がある証券会社もある

「CFDはリスクが大きそうで不安」という方に知っておいて欲しいメリットが、こちら。

CFD取引大手の「GMOクリック証券」では、CFDデモ口座の用意があるため、自己資金を使わずともCFD取引を体験することができます

筆者
どの種類のCFDが自分に向いているのか試してみるのにピッタリですね!

CFDのデメリット/リスクとその対処法

ただ、CFDにもデメリット/リスクは存在します。

ここで大切なのが、デメリットを正しく把握して「どう対処するべきなのか」を覚えること

デメリットがあるから止めておこうというのは少々もったいないですからね。本章ではCFDのデメリット/リスクと対処法をわかりやすく解説していきます。

レバレッジ倍率に比例してリスクが大きくなる

CFDのメリットで紹介したレバレッジ。

レバレッジ倍率が高くなるほど期待される利益も大きくなりますが、同時に損失が出た際のリスクも大きくなってしまいます。

そのため、CFD取引では「素早い損切り」が重要になります。自分の予想と違う方向に動いた際は、「◯%損失をかかえたら損切り」という自分ルールを作っておくことをおすすめします。

筆者
利確はゆっくり、損切りは素早くの徹底はCFD取引で特に重要になります!

元本以上の損失がでる可能性がある(追証リスク)

CFDはレバレッジ取引が前提となるため、自己資金以上の損失を抱えてしまうリスクがあります

損失額が証拠金を超えてしまうと「追証(おいしょう)」といって追加入金が求められてしまうため、投資家であれば絶対避けたいところ。

このデメリット/リスクへの対処法も、「徹底した損切り」が重要になります

長期投資には向いていない

短期で利益を狙うのが得意なCFDですが、一方で長期投資には適していません

レバレッジがかかっているため、通常の投資よりも「価格の変動」が大きくなってしまうからです。

そのため、長期投資でゆっくり資産形成をしようという場合には、

  • 下落相場のときだけ投資する
  • 株式が不調のときに金投資として使う

など、使い所を分けてみましょう。長期運用を考えている方は以下の記事を参考に自分の目的にあった資産運用方法をチェックしてみてください

関連記事資産運用おすすめランキングTOP5|初心者でも失敗しないコツも合わせて解説

CFD取引に必要なもの

ここまで、CFD取引の仕組みやメリット/デメリットを紹介してきました。

なかには、「少しCFD取引をやってみようかな」と思った方もいるのではないでしょうか。

ただ、CFD取引に必要なものがわからないと、始めたくとも始められません。この章では、CFD取引に必要なものは何があるのか紹介します

CFD取引に必要なもの

  • 投資資金
  • CFD取引口座
  • (CFDデモ口座)

投資資金※必ず余裕資金を使う

まずは、投資資金。金額としては「1万円〜数万円」程度用意しておけば取引ができます

しかし、重要なのは具体的な金額ではなく、「余裕資金」で行うことです

余裕資金は、生活資金や将来資金などを”含まない”余剰資金のことです。

余裕資金で投資することで、利益や損失に固執しすぎたり、冷静な取引がしやすくなります。間違っても、余裕資金以外のお金でギャンブル投資だけはしないようにしましょう

CFD取引口座

CFD取引のためには、「CFD取引口座」が必要です。

CFD取引の口座開設は多くの場合、「FX口座」や「証券口座」と同時開設することになります。

大きな流れとしては、

  1. 本人情報の記入
  2. 本人確認書類・マイナンバーの提出
  3. 証券会社の審査
  4. 審査が通れば口座開設完了!

の4ステップ。GMOクリック証券では最短1分で口座開設できるので億劫に思う必要もありません!

関連記事:CFD取引におすすめの証券会社ランキング|銘柄数や手数料などを徹底比較

【推奨】CFDデモ口座

GMOクリック証券のCFDデモ口座

GMOクリック証券CFDより引用

必須ではありませんが、CFDデモ口座を用意しておくと、仮想資金で取引の練習ができます。

「初めてのCFD取引で不安」という方は、CFD口座と一緒にデモ口座の申し込みもしてみましょう。

おすすめの記事