ANAダイナースカードの特徴・メリット|ANAマイルが貯まりやすいハイスペックカード

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードの詳細
年会費
(税込)
29,700円
家族:6,600円
ETC:無料
申込条件 27歳以上(目安)
電子マネー
スマホ決済
ダイナースクラブ コンタクトレス(タッチ決済)
Apple payなど
国際ブランド
dinersマーク
付帯保険 海外旅行保険:最高1億円
自動付帯は最高5,000万円
国内旅行保険:最高1億円
自動付帯は最高5,000万円
ショッピング・リカバリー:年間500万円
ポイント 付与:100円=1ポイント
還元率:1.0~1.2%
有効期限:無期限
ポイント使い道 ANAマイルに移行
ANA SKYコインと交換
景品交換など

ANAダイナースカード:評価のポイント

ANAダイナースカードの券面画像


ANAダイナースカードはANAのマイル移行がお得なダイナースクラブのカードです。

「ANAの航空券購入では追加でマイルが貯まる」「搭乗時のボーナスマイルも25%(ANAの一般カードよりも高い)」などANAマイラー必見のカードです。

編集部

他にも「ダイナースクラブならではの特典(対象ホテルの客室アップグレード・レストランのコース料理が1人〜2人無料など)」「国内外1,300ヶ所以上の空港ラウンジ無料」「海外・国内旅行保険まで付帯」とサービスが充実しています。

ANAの飛行機に乗って旅行や出張したい人におすすめの「ANAダイナースカード」の特徴やメリットをたっぷり解説します!

おすすめ評価ポイント
  1. ポイントがANAのマイルやANA SKY コインに交換できる
  2. ANAの航空券購入・搭乗で追加のマイル還元
    (毎年のカード継続時に2,000マイルも付与)
  3. ホテルやレストランでダイナースクラブの優待が利用可能
  4. 国内外の空港ラウンジを無料で使える&最高1億円の旅行損害保険

1ANAマイルにお得に移行!ポイント有効期限もなし

ANAダイナースのポイント移行レート

ANAダイナースカードは100円利用につき1ポイント(還元率1%)が貯まります。

貯まったポイントは1ポイント=1ANAマイルで移行できます。

編集部
貯めたポイントには有効期限やマイル移行上限はありません!

ポイント有効期限がない=特典航空券のマイル数や希望するホテルに予約できるまでじっくりと貯めることが可能です!

参考:国内線の特典航空券に必要なマイル数
区間(片道) L
(ローシーズン)
R
(レギュラーシーズン)
H
(ハイシーズン)
東京
-大阪・名古屋など
5,0006,0007,500
東京
-福岡・札幌など
6,0007,5009,000
東京
-沖縄
7,0009,00010,500
東京
-石垣など
8,50010,00011,500

※調査日:2022年2月28日
※調査方法:ANA公式サイトから各調査データを取得

参考:国際線の特典航空券に必要なマイル数(*)
区間(往復) L
(ローシーズン)
R
(レギュラーシーズン)
H
(ハイシーズン)
東京
-北京など
17,00020,00023,000
東京
-ロサンゼルスなど
40,00050,00055,000
東京
-ロンドン
45,00055,00060,000

※調査日:2022年2月28日
※調査方法:ANA公式サイトから各調査データを取得
※座席はエコノミークラスです

編集部
海外旅行の航空券をマイルで交換することも可能!

ANA SKYコインと交換も可能!

ANAダイナースのポイント移行レート

ANAダイナースカードで貯まったリワードポイントは1,000ポイント=1,200コイン(還元率1.2%に!)でANA SKY コインにも交換できます。

ANA SKY コインは、航空券やツアーなどの購入に10コイン=10円単位で利用可能で、クレジットカードとの併用もできます。

ANA SKY コインの主な使い道
  • 航空券の購入
    (特典航空券の対象外の路線や日程で利用したい場合にもおすすめ)
  • パッケージツアーの申し込み
編集部
特典航空券に交換できるほどポイントをたくさん貯められないという方は、こちらを使えば手軽にポイント消費できますね!

2特約店・搭乗ボーナスでマイルがさらに貯まる!

ANAダイナースのマイル

ANAダイナースカードでは通常のポイントに加え、ANAカードマイルプラスの特約店では追加のマイル還元を受けられます。「ANAカードマイルプラスの特約店」「航空券購入や搭乗ボーナス」でさらにマイルがお得に貯められます!

編集部
基本還元も高いですが、さらに追加でもらえる!

ANA航空券やANAカードマイルプラス特約店がお得

ANAウェブサイトやANAカウンターでの航空券購入時は100円につき1マイルが付与されます。

つまりANAダイナースカードのポイントが1ポイント+特約店の追加マイルが1マイル=合計の還元率は2%に!

他にも、ANAカードマイルプラスの特約店の利用でマイル還元を受けられます。

ANAカードマイルプラス
ANAカードマイルプラスショップ対象(例)
ショッピング
グルメ
ANA FESTA(空港内ショップ)
ANA SKY SHOP(機内販売)
大丸・松坂屋
高島屋
セブン-イレブン
マツモトキヨシ
スターバックス
ホテル・レジャー ホテルモントレ
ルートインホテルズ
沖縄美ら海水族館
ENEOS
apollostation・出光・シェル
NISSAN e-シェアモビ

※2022/02/22調査時点

編集部
旅行でも、普段使うお店でもマイルが貯まります!

搭乗ボーナスもお得!

また、ANAダイナースカードは搭乗ボーナスの対象です。

補足:搭乗ボーナスとは?
  • ANAカードなら通常のフライトマイルに割り増しでボーナスマイルをもらえます!
  • もらえるボーナスマイルは券種によって異なります。

ANAダイナースカードの搭乗ボーナスマイルは25%!

一般的なANA VISAカードは10%~ですので、かなりお得なことがわかります。

編集部
例えば札幌(新千歳)-東京(羽田)をANA FLEX(積算率100%)で利用すると、510(フライトマイル)+127(ボーナスマイル)となります!
ANAフライトシミュレーション例

※2022/03/01 ANA公式サイト「フライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」にて算出

区間(片道) 区間基本マイル 搭乗ボーナス
(10%のANAカード)*
搭乗ボーナス
(25%のANAカード)*
東京
-沖縄
98498246
東京
-札幌
51051127
東京
-ニューヨーク
6,7236721,680

※調査日:2022年3月1日
※調査方法:ANA公式サイトから各調査データを取得
※積算率100%にて試算・比較
※あくまで目安ですので、試算時はご自身でもご確認お願い致します。

このように、国内~海外旅行や出張でも、搭乗ボーナスに大きな差が生じます!

3国内外1,300ヵ所以上の空港ラウンジを使える

ANAダイナース国内空港ラウンジ無料

ANAダイナースカードは国内外1,300ヵ所以上の空港ラウンジが無料で使えます。

編集部
国内空港では利用回数の制限なし、海外空港ラウンジは年10回の利用まで無料!(期間は4月1日〜翌年3月31日)

日本国内では、羽田空港などの主要32空港が対象です。

ビジネスクラス専用カウンターでチェックイン

空港でのお得な特典として、ANA国際線を利用する際、エコノミークラスであってもANAダイナースカードの提示で「ビジネスクラスカウンターでのチェックイン」が利用できます。

編集部
専用カウンターで搭乗手続きを素早く済ませれば、免税店でのお買い物を楽しんだり、ラウンジでくつろいだり!快適に過ごせるのではないでしょうか。

手荷物宅配サービスも無料で利用可能

ANAダイナース手荷物宅配

ANAダイナースカードの空港サービスの中には「帰国時の手荷物宅配サービス」もあります。

国内対象空港から自宅など指定の場所に、年間2個まで荷物を送ることができます。スーツケースなど大きな荷物を送れば、身軽に帰宅できて快適です。

編集部
国内外の空港ラウンジ無料、ビジネスクラス専用のカウンターや帰国時の手荷物宅配など、空港関係の特典が充実しているのもうれしいところですね!

4国内・海外の旅行で役立つ手厚い保険

ダイナースクラブ旅行保険

ANAダイナースカードは海外旅行保険・国内旅行保険、ショッピングリカバリーが付帯します。

ANAダイナースカードの付帯保険
補償額
海外
(自動付帯)
死亡・後遺障害 最高1億円
※自動付帯は5,000万円
疫病・障害治療 最高300万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 1旅行最高50万円
救援費用等 最高400万円
国内
(自動付帯)
死亡・後遺障害 最高1億円
※自動付帯は5,000万円
入院日額 10,000円
手術 入院中の手術:最高10万円
入院中以外の手術:最高5万円
通院日額 3,000円
ショッピング 海外・国内:500万円
(自己負担:1万円)

ダイナースクラブカードと同じく、ゴールドカード以上相当の保険内容です。

特に旅行保険が自動付帯のため、持っているだけで適用されるのも大きなメリット!

5ダイナースクラブならではのホテル・レストラン優待

ANAダイナースカードはダイナースクラブならではの「旅行好きやグルメに嬉しい優待サービス」が充実しています。

ホテルで客室アップグレードなどの優待

クラブホテルズ

「国内クラブホテルズ・旅の宿」「海外クラブホテルズ」では、国内・海外の対象ホテルで「客室アップグレードや食事のアップグレード」などの優待が用意されています。

ザ・ペニンシュラ東京の例
  • 朝食のご提供(特別朝食付きプランのご用意※ルームサービスへの変更可
  • ご予約時のベストアベイラブルレートより10%のお割引
  • フィットネスセンターとスイミングプールのご利用無料
  • 無線高速インターネット接続(無料)
  • 多機種に対応可能な携帯電話の充電器

※2022年3月11日時点


ザ・ペニンシュラニューヨークの例
  • お部屋の1ランクアップグレード
    ※到着時の空室状況による。ただし、通常のお部屋タイプからスイートタイプへのアップグレード不可
  • 朝食無料提供
  • ウェルカムアメニティ
  • 国際・国内通話無料
  • フィットネスセンターおよびプールの利用無料
  • Wi-Fi利用無料

※2022年3月11日時点

編集部
マイルだけでなく宿泊先でもお得になるのはうれしいですね!

エグゼクティブ ダイニング(コース料理が1~2名分無料)

エグゼクティブダイニング

ダイナースクラブが用意する「エグゼクティブ ダイニング」では、対象レストランの予約でコース料理が2名以上の予約で1名分が、6名以上で2名分が無料となります。

ダイナースクラブのリザベーションデスク(通話料無料)、またはダイナースクラブ公式アプリから予約することができます。

ANAダイナースカードはお得な入会キャンペーン実施中!

ANAダイナースカードは新規入会でお得なキャンペーンも実施中です!

ANA ダイナースカードのキャンペーン
  • 最大100,000マイル獲得のチャンス!さらに抽選で400名に50,000マイルも!(7月31日お申し込みまで)

カード会社概要

会社データ

会社概要
会社名 三井住友トラストクラブ株式会社
設立年月 1960年12月
本社所在地 東京都中央区晴海一丁目8番10号 トリトンスクエアX棟
公式URL https://www.sumitclub.jp/

ANAダイナースカードに関するQ&A

ANAダイナースカードのメリット・デメリットは?

ANAダイナースカードには以下のようなメリット・デメリットがあげられます。

メリット

  • ANAのマイルに移行できるポイントがお得に貯まる
  • ANAの特約店やフライトでマイルが多く貰える
  • ダイナースクラブの優待でホテルやレストランがお得に
  • 利用可能枠に一律の制限なし

デメリット

  • 年会費29,700円がかかり27歳未満の若い人や学生では入会が難しい
  • ポイントで直接買い物できないので、マイルを使わない人にとっては不便な面も
  • ダイナースクラブの加盟店は国内だとVisa、Mastercardと比べれば少なめ

ANAダイナースカードはANAのマイルが貯まりやすいカードです。

年会費はやや高めですが、その分搭乗ボーナスが優遇されていたり、ハイレベルな保険や特典が付帯されます。

参考:マイルが貯まりやすいクレジットカードランキング

ANAダイナースカードの審査基準は?

公式サイトでは入会の目安として27歳以上と記載されています。他のダイナースクラブのクレジットカードでも同様の記載があり、一般的なカードよりは審査基準はやや厳しめと思われます。

個人の信用を上げるには、安定した収入が必要ですし、今使っているクレジットカードできちんと遅れずに支払いをすることも大切と考えられます。

JALダイナースカードとの違いは?

JALダイナースカードは直接マイルが貯まります。ANAダイナースカードでは移行の手続きをする必要がありますが、必要なタイミングで移行することができますし、景品や他社ポイントに交換することもできます。

ANAやJALどちらのサービスを利用するか(したいか)を軸に検討してみても良いでしょう。

なお、ダイナースクラブカードでマイル交換するには、年間参加料6,600円のダイナースグローバルマイレージの加入が必要です。

ダイナースクラブカードからの切り替え方は?

ダイナースクラブカードから切り替えはできないので、新しく申し込む必要があります。

クレジットカード会社比較・一覧

おすすめの記事