借り換えできるカードローンを徹底比較!おすすめの借り換えカードローンは?

「いまより低金利のカードローンにかえたい」という場合は「借り換え」が便利です。

金利が低めの会社に借り換えれば、「利息を減らせる」などメリットが出てきます。

一方、カードローンを借り換える際にも「審査が必要」などの注意点やデメリットがあります。

「カードローンの借り換えとは?」という基礎知識から「おすすめの借り換えカードローンの紹介」まで解説します!

\借り換えにおすすめの業者は?/

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えは文字通り「いま契約しているカードローンから違う業者のカードローンに乗り換える」ことです。

例えば、金利(実質年率)18%のカードローン業者(A社)から15%の業者(B社)へ借りかえれば、その分利息の支払い額を減らせます。

参考:カードローンの金利徹底比較!低金利なのはどこ?金利や利息についても詳しく解説!

本章ではカードローン借り換えの手順やメリット、注意点を解説します。

この章でわかること

  • カードローンの借り換え手順・やり方

  • カードローン借り換えのメリットとデメリット

\借り換えにおすすめの業者は?/

カードローンの借り換え手順

カードローンの借り換えは「新たに契約したカードローン業者から借りたお金で既存のカードローンを返済する」が主な手順です。

例えば、現在A社(実質年率15%)のカードローンで200万円借りているとしましょう。

すでに借りている業者(A社)とは別に、もう1社(B社:実質年率12%)のカードローンに申し込みます。

B社と契約完了したら、B社からお金を借りてA社分を完済します。

すると、B社から借りた金額が残りますが、金利(実質年率)がB社の方が低いため、単純計算で支払う利息がA社の時よりも少なくなりました。

編集部
支払い回数や方法によっても総返済額は変わるので一概に言えませんが、借り換えで利息を減らせる場合も!

あとはB社に完済すれば、今回のカードローンは完済となります。

おまとめローンとの違いは?

「借り換え」とよく似た言葉に「おまとめローン」があります。

「おまとめローン」は「複数のカードローンを1つのカードローン(業者)にまとめてしまう」ことを指すため、A社からB社に乗り換える借り換えとは厳密には異なります。

例えば、A・B・C社からお金を借りている場合、返済日や返済口座がバラバラで管理が難しかったり、うっかり支払い漏れが生じるリスクがあります。

A・B・C社を1つのカードローン(D社)にまとめてしまえば、返済を1つの口座や返済日で管理できるため入金忘れなどのミスを減らしやすくなります。

カードローンの借り換えとおまとめ
編集部
ついでに金利が低めの業者にまとめられればなお良し!

本記事では「借り換え(1社から1社に乗り換える)」をメインにしていますが、横浜銀行カードローンプロミスのように、おまとめローンに対応しているカードローン業者もあります!

編集部
1社分だけ乗り換えたいのか、複数の業者をまとめたいのかで用途が変わるってことですね!

カードローン借り換えのメリット・デメリット

カードローンの借り換えにはメリットだけでなく、デメリットや注意点もあります。

編集部
単純に表示されている金利が低めだから…という理由で飛びつくのも考え物!

カードローン借り換えのメリット

借り換えのメリット
  • 金利が低めの業者に乗り換えられる

  • 返済方法や月額返済額を変えられる

「カードローン借り換えの手順とは」でも見たように、いまより低金利のカードローンに乗り換えれば、単純に利息を減らせる可能性が高いです。

また、違う業者のカードローンに借りかえることで、「コンビニのATMでも手数料無料で返済できる」など返済の利便性が向上したり、「月々1,000円から返済可能」など毎月の返済額を抑えたり…といった「金利」以外のメリットもユーザーによっては感じられるでしょう。

編集部
カードローンの利便性や総合力を比較したい方は「初心者おすすめカードローンランキング」もご参照ください!

カードローン借り換えのデメリットや注意点

カードローンの借り換えはうまく使えば返済額を減らせるなどメリットも多いですが、注意点やデメリットもしっかり考慮しないと結果的に損をする可能性もあります。

借り換えのデメリットや注意点
  • 借り換えにも審査あり=希望通りに契約できない可能性も

  • 下限金利だけ見ていると、結果的に高金利になってしまう場合も

  • 返済シミュレーションをおこたると、結果返済総額が増えてしまうことも

まず、カードローンの借り換えも基本的には「新規申込」になるため、必ず業者による審査が行われます。

「安定収入があるか」「延滞や自己破産などをしていないか」などしっかりチェックされます。

参考:「カードローンは審査がありますか?」

審査に通らなければ、契約できない=借り換えもできないことになります。

補足:総量規制は大丈夫?
  • 消費者金融や信販系のカードローンは「総量規制(年収の3分の1以上貸してはならない)」が法律で明示されています。
  • もし、借り換える前にすでに総量規制ギリギリまで借りている場合は、新たにカードローンの契約や融資ができない場合もあります

また、借り換えの際には「下限金利」ではなく「上限金利」を見て検討するのが無難です。

例えば、いま利用中のカードローンの年率が15%だとして、B社は3~17%の場合、審査によっては17%=いまよりも高い金利での契約になってしまう場合もあり得ます。

編集部
特に初回契約は上限金利に近い年率設定にされることが多いです…

そのため、「いまより低金利のカードローンに借り換えたい」場合は「上限金利を比較」したり「契約限度額別の金利を比較」しておくのがベターです。

そして、たとえ「今のA社より低金利なのは間違いない!」という場合でも、返済シミュレーションをして返済計画・返済方法を念入りに確認しておきましょう!

カードローン借り換えのまとめ

  • 「借り換え」はA社→B社のように1社ベースで乗り換えること

  • 金利が低い業者に借りかえれば利息を減らせる場合も多い!

  • 一方、金利比較や返済シミュレーションをきちんとしないと逆に負担が増えることも!

借り換えおすすめカードローン4選

みんかぶchoiceが厳選した「借り換えにおすすめのカードローン」を4社紹介します!

編集部
借り換え時の上限金利や無利息期間の有無などを重視して選んでいます!

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンLP画像

評価ポイント
  • 借り換え専用コースはないが年1.9~14.5%のネット銀行ならではの金利!
  • 入会ポイントやキャンペーンも見逃せない

楽天銀行カードローンには「借り換え専用」の金利適用はありませんが、年1.9~14.5%というネット銀行ならではの使いやすい金利です。

さらに、条件を満たせば「新規入会で楽天ポイント進呈」といったお得さも見逃せません。

\ネット銀行ならではの金利/
楽天銀行カードローンの借り換え金利(実質年率)
※通常金利と同じ
100万未満
年14.5%
100万円以上200万円未満 年8.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 年5.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 年3.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 年3.9%~8.9%
500万円以上600万未満 年3.5%~7.8%
600万円以上800万未満 年2.0%~7.8%
800万円 年1.9%~4.5%

※調査日:2022年2月1日
※調査方法:公式サイトから各調査データを取得

楽天銀行スーパーローンの基本情報
申し込み年齢 満20歳以上62歳以下
※安定した定期収入のある方
※パート・アルバイト・主婦の方は60歳以下
限度額 800万円
通常金利(実質年率) 1.9%~14.5%
借り換え金利(実質年率) 1.9%~14.5%
無利息期間 -

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンLP画像

評価ポイント
  • 借り換え専用金利の適用あり!(au限定割 借り換えコース)
  • au限定割 借り換えコースなら年0.98~12.5%!(*a_1)

auじぶん銀行カードローンには「au限定割 借り換えコース(借り換え専用)」があります!

au限定割 借り換えコースは通常金利よりもさらに低めに設定されており、年0.98~12.5%という金利に!

\借り換えコースもお得!/
auじぶん銀行カードローンの借り換え金利(実質年率)
※au限定割 借り換えコース
10~100万円
年12.9%~17.4%(*a_1)
110~200万円 年8.5%~12.5%
210~300万円 年6.5%~8.5%
310~400万円 年5.5%~6.5%
410~500万円 年4.5%~5.5%
510~600万円 年4.0%~4.5%
610~700万円 年3.0%~4.0%
710~800万円 年0.98%~3.0%
auじぶん銀行カードローンの基本情報
申し込み年齢 下記すべてを満たす方
ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
安定継続した収入のある方
保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる方
限度額 10~800万円
※借り換えコースは100万円~
通常金利(実質年率) 1.38%~17.4%
※au IDお持ちの方「誰でもコース」適用時
借り換え金利(実質年率) 0.98%~12.5%
au IDお持ちの方で借り換えコース適用時(*a_1)
無利息期間 なし
 注意事項・補足
  • ※注a_1:契約限度額が100万円未満の場合は「誰でもコース」の金利適用
    (10~100万円:12.9%~17.4%)
\借り換えコースもお得!/

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンLP画像

評価ポイント
  • 年1.5~14.6%で使いやすい金利
  • 最大限度額が1,000万円と大きめ

横浜銀行カードローンは「限度額が他社より大きめ」で金利も年1.5~14.6%と銀行カードローンの中でも借り換え・おまとめにおすすめのカードローンです!

首都圏など対象地域にお住まい・お勤めの方はぜひ検討したい銀行カードローン!

横浜銀行カードローンの借り換え金利(実質年率)
※通常金利と同じ
100万円以下
年14.6%
100万円超~200万円以下 年11.8%
200万円超~300万円以下 年8.8%
300万円超~400万円以下 年6.8%
400万円超~500万円以下 年4.8%
500万円超~600万円以下 年4.5%
600万円超~700万円以下 年4.0%
700万円超~800万円以下 年3.5%
800万円超~900万円以下 年3.0%
900万円超~1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%
横浜銀行の基本情報
申し込み年齢 下記すべてを満たす方
ご契約時満20歳以上69歳以下の方
安定した収入のある方、およびその配偶者(学生不可)
神奈川県内全地域・東京都内全地域・前橋市、高崎市、桐生市居住またはお勤めの方
限度額 10~1,000万円
通常金利(実質年率) 1.5%~14.6%
借り換え金利(実質年率) 1.5%~14.6%
無利息期間 なし

プロミス

横浜銀行カードローンLP画像

評価ポイント
  • 最短30分で融資で急ぎの方にも便利
  • 初回利用日から30日間無利息期間あり!
\お急ぎの方に!/

プロミス「最短即日融資できるスピード」「無利息期間が使いやすい」のが特徴的な消費者金融カードローン!

上限金利は年17.8%と銀行カードローンや信販系より高めですが、消費者金融系の中では低めですし、初めての利用日から30日間は利息がかからないのも魅力的です。

プロミスの借り換え金利(実質年率)
※通常金利と同じ
10~99万円
※初回契約は50万円上限
4.5~17.8%
100~500万円 4.5~15%
プロミスの基本情報
申し込み年齢 満20歳~69歳以下
※安定した収入のある方
限度額 500万円
※新規契約時点のご融資上限は50万円まで
通常金利(実質年率) 4.5%~17.8%
借り換え金利(実質年率) 4.5%~17.8%
無利息期間 初回利用の翌日から30日
※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。

カードローン借り換え比較一覧

比較のポイント

カードローンの借り換えでチェックしたいのはやはり金利(特に上限金利)ですね。

「急ぎ」かつ「無利息期間」を活用したい場合は、プロミスなどの消費者金融も候補に入ります。

会社 借り換え金利
(実質年率)
限度額 無利息
サービス
最短融資日
楽天銀行カードローンロゴ楽天銀行
カードローン
1.9%~14.5% 800万円 - 最短翌営業日
auじぶん銀行カードローンロゴauじぶん銀行
カードローン
0.98%~12.5%(*a_1) 10~800万円
※借り換えコースは100万円~
- 最短翌日以降
横浜銀行カードローンロゴ横浜銀行
カードローン
1.5%~14.6% 10~1,000万円 なし 最短翌日(*c_1)
プロミスロゴプロミス 4.5%~17.8% 500万円
※初回契約は50万円限度
初回利用の翌日から
30日(*d_1)
最短30分程度(*d_2)

※調査日:2022年5月10日
※調査方法:公式サイトから各調査データを取得

 注意事項・補足
  • 注a_1:「au限定割 借り換えコース」適用時、契約限度額が100万円未満の場合は「誰でもコース」の金利適用
  • 注b_1:楽天銀行口座を新規開設など条件あり
  • 注c_1:申し込み時間・審査次第では翌日以降になります。
  • 注d_1:メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
  • 注d_2:事前審査結果ご確認後、本審査が必要、審査申込は9時~21時まで
    ※上記時間内でも審査結果や時間帯などによって即日融資とならない場合あり

カードローンの借り換えに関するQ&A

借り換えにおすすめのカードローンは?

auじぶん銀行カードローンはau限定割 借り換えコースなら0.98~12.5%という金利が魅力的!

楽天銀行カードローンも上限金利が年14.5%程度なので、初めての借り換えにもおすすめ!

カードローンの借り換えにデメリットはある?

「カードローン借り換えのメリット・デメリット」でも解説したように、借り換えにもデメリットはあります。

特に「下限金利」だけを見て飛びつくと、低金利のカードローンに借り換えたつもりが、審査の結果上限金利が適用されて結果としていまの業者よりも高金利だった…という場合もあります。

借り換え可能な業者の金利などは「借り換えにおすすめのカードローン」「カードローンの金利徹底比較」などで、上限金利もしっかり確認して検討するのがおすすめ!


カードローンを借り換えると金利も下がる?

「金利」はカードローン会社や契約者で異なるため、借り換えで金利が下がり利息を安く抑えられるからは、業者選びとご本人の属性次第になります。

一般的には銀行カードローンなど金利が比較的低めの業者で借り換えするのが望ましいですが、最終的に審査によってユーザー個別の限度額・金利が設定されます。

「下限金利は今より低いけど、上限金利は今より高い業者」で借り換えをする場合、審査次第では「上限金利」が適用されるパターンもあります。


リボ払いをカードローンに借りかえることもできる?

はい、多くのカードローンでリボ払いの借り換えにも対応は可能です。

リボ払いの金利(実質年率)の相場は15~18%くらいですので、auじぶん銀行カードローンなど上限金利が低めの業者に借りかえればうまく金利が抑えられる可能性も!

ただ、リボ払いからの借り換えにもやはり審査・総量規制などもありますので、必ずしも借り換えできるかは注意が必要です!


カードローン比較ランキング 記事一覧

おすすめの記事