仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方とおすすめ取引所・口コミを紹介

2020年から2021年にかけて、ビットコインやイーサリアムは大きく上昇。ビットコインは半年間で100万円から700万円と7倍になったことから、投資を始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんななか仮想通貨(暗号資産)への投資を始めるにあたり、まず悩むものといえば仮想通貨取引所(交換業者)選びではないでしょうか?

取引所はどこでも良いわけではありません。適当に選んでしまうと、高い手数料を取られたり、使い勝手が悪かったりと、嫌な思いをしてまう可能性があります。大切なお金を運用するのですから、手数料はより安く、取引アプリは使いやすい仮想通貨取引所を利用していきたいものです。

「納得して投資したい」ですよね。

今回は、そんな投資未経験者や初心者のための押さえておきたい仮想通貨取引所選びやユーザーの口コミ、特徴を紹介します。

投資は最初が肝心ですから、賢い選択をして、より利益が出しやすい取引環境を整えましょう。このコラムをすべて読み終わるころには、きっとあなたにぴったりの取引所が見つかっているかと思います。

\最短1時間以内に取引が可能!/

主要仮想通貨取引所(暗号資産)8社の比較一覧表

一定の取引高と口座数、設立年数などのある主要な国内の仮想通貨取引所8社の一覧表となります。

取引所 取引銘柄数 最低注文数量 取引手数料
(取引所)
取引手数料
(販売所)
公式ページ

Coincheck
16種類 取引所:500円
販売所:500円
無料 無料

DMM Bitcoin
11種類 0.001BTC ※無料

GMOコイン
13種類 0.0001BTC Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料

bitFlyer
12種類 取引所:0.001BTC
販売所:0.00000001BTC
約定数量×0.01〜0.15% 無料

bitbank
9種類 取引所:0.0001BTC
販売所:0.00000001BTC
Maker:-0.02%〜0%
Taker:0%〜0.12%
無料

BITPOINT
7種類 0.0001BTC 無料 無料

Liquid by Quoine
5種類 0.001BTC 0%〜0.1%
※BitMatch注文を除く

仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨取引所は、国内だけでも15社以上とたくさんあります。

取引所を選ぶときには、何を判断材料にすれば良いのでしょうか。

以下の6つのポイントをチェックすることで、より良い答えが見えてくるはずです。

それではひとつずつ解説していきます。

取引所と販売所の違い

仮想通貨の投資を始めた時の最初の落とし穴として、「取引所」と「販売所」という2種類の取引形式があります。これを間違えると、大きく収益が変わってきますので、しっかり覚えておきましょう。

取引所は「ユーザー同士で売買する」、販売所は「交換業者から購入する」という仕組みになっています。

◇国内の仮想通貨取引所一覧(取引所・販売所)

取引所名 取引所 販売所
BITPoint
GMOコイン
DMM Bitcoin ×
bitbank
bitFlyer
Coincheck
TAOTAO ×

◎・・・あり、×・・・なし

それでは取引所・販売所について、もう少し掘り下げていきましょう。

取引所とは

出所:GMOコイン

取引所は、ユーザー同士で仮想通貨の売り買いを行います。

取引所には「板」と呼ばれる注文リストがあることが特徴で、自身で数量や価格を決めて注文することができます。

買い手、売り手と注文内容が合えば、取引が成立するというわけです。逆に言えば、自身の指定した価格で買い手がいたなったり、一部しか売りたいという量がなければ、注文は成立しません。

需要と供給で成り立っているのが取引所といえます。

販売所とは

販売所は、交換業者から仮想通貨を購入または売却する方式です。

スプレッド呼ばれる売り値と買い値の価格差があることが特徴です。スプレッドは「見えない手数料」とも言われています。

スプレッドは交換業者によって異なります。販売所では、コインチェックが有名な交換業者で、100BTCなどの大口取引も行っています。

なぜ価格差があるのでしょうか?

販売所方式では、交換業者は相場がどのような時でも常に顧客の買いや売りに応える必要があります。そのリスクを負っているため、販売所での買値は基本的に市場価格よりも高い場合が多いのです。交換業者は、販売所で売る仮想通貨を他の交換業者を仕入れ、ユーザーに売却することで差益を得る仕組みになっています。

販売所のメリットといえば、板がないため画面がシンプルであること。大きな金額でもすぐに購入できるといった点があります。

以上のことから、スプレッドが広いけれど、分かりやすさを求める初心者や大口投資家にとってはメリットがあるかもしれません。

\アプリダウンロード326万を突破!/

販売所のメリット・デメリット

  • メリット・・・売り買いが単純明快で忙しい人や初心者向け。また、相手が会社なので大きな金額でもすぐ取引が成立する
  • デメリット・・・スプレッドが広い

販売所選びのポイント

スプレッドが狭い取引所が良いといえます。

「みんかぶ仮想通貨」では出来高と同様に、各通貨ごとに各取引所でのスプレッドも表示しておりますのでぜひ参照してください。

他のポイントと複合的に判断した方が良いですね。

取引所でよく使われる用語

▼取引所取引で頻繫に使う用語

  • 指値(さしね)・・・自分で価格を決めて注文すること
  • 成行(なりゆき)・・・価格を決めずに市場価格で購入すること
  • 板が厚い・・・取引量が多い(注文数が多い)こと
  • 板が薄い・・・取引量が少ない(注文数が少ない)こと
  • 流動性が高い、低い・・・取引量自体を指す。高いか低いかは、取引量が多いか少ないか

取引所のメリット・デメリット

  • メリット・・・自分で価格設定できるので、なるべく安く買える
  • デメリット・・・板が薄いと取引が成立しづらい

取引所選びのポイント

取引所選びの際チェックしたいのは板の厚さ≒注文量や利用者の多さです。

価格変動が激しいビットコインの取引では、取引の頻度と量は重要なポイントです。

もし板が薄いと、買いたいのに買えない、売りたいのに売れない、ということになる可能性があります。

基本的に、取引所は板が厚いところを使うのが鉄板です。

みんかぶの仮想通貨サイトでは、国内の主要取引所の24時間の出来高を表示しています

国内で扱っていないコインの場合はBinanceなどでの出来高を表示しています。

基本的に取引量が多いところは板も厚い傾向にありますので、参考にしてみて下さい。

ビットコインの取引において板が厚い国内取引所はbitFlyerとなっています。

\ビットコインの売買代金国内トップ!/

取引所と販売所 メリット・デメリットまとめ

特徴 メリット デメリット
取引所 ユーザー同士で売買する 希望額で売買しやすい 取引量が少ないと取引が成立しづらい
販売所 販売会社から購入する 大きな金額でもすぐ取引が成立する売り買いが単純なので、急いでいる人や初心者向け スプレッド(売りと買いの価格差)が広い

それぞれにメリット・デメリットがありますが、基本的には取引所を使う方が良いでしょう。わかりやすさを重視する方は、販売所でしょうか。

迷った場合は、取引所も販売所もあるGMOコインや、レバレッジ取引はできませんが使いやすさと取扱通貨数の多さで人気のコインチェックに登録するのがおすすめです。

流動性の高さ

先ほど取引所選びのポイントでも触れましたが、取引量が多く板が厚い取引所で取引することをおすすめします。流動性が高い低いの判別は、板を見て判断できます。

例えばビットコインの市場価格が100万円だったとします。

売り板に105万円、110万円並んでいて、買い板には95万円と90万円しか無かった場合、市場価格の100万円ぐらいでビットコインを買いたいのに、105万円でしか買えない状況です。もし買った場合に、次は95万円でしか売れない状況になります。これでは、10万円を損してしまう可能性があります。

時間もかかるし損もしてしまう。流動性が低いとはそういうことです。

これではまともに取引ができないので、板が厚く、流動性が高い取引所を利用するようにしましょう。

手数料の安さ

仮想通貨取引には手数料があります。

◇仮想通貨取引所の手数料一覧

取引所名 取引手数料
GMOコイン 【取引所(現物)】
Maker(指値):-0.01%
Taker(成行):0.05%

【取引所(レバレッジ)】
無料

【暗号資産FX】
無料

【販売所】
無料(※3)
DMM Bitcoin 【現物】 無料(※3) 【レバレッジ】 無料(レバレッジ手数料は除く) 【BitMatch】 銘柄によって変わる(詳しくは公式参照)
bitbank 通貨ペアごとに変わる BTC/JPYの場合はMakerが-0.02%、Takerが0.12% 詳しくは公式を参照
bitFlyer 【ビットコイン販売所/アルトコイン販売所】 無料(※3) 【ビットコイン簡易取引所/Lightning現物 (JPY/BTC)】 約定数量 × 0.01〜0.15%[単位: BTC] 【Lightning現物(ETH/JPY)】 約定数量 × 0.01〜0.15%[単位: ETH] 【Lightning現物(ETH/BTC, BCH/BTC)】 約定数量 × 0.2%[単位: 各アルトコインに適したもの] 【Lightning FX/Futures】 無料
Coincheck 【販売所】 無料(※3) 【取引所】 無料
※1.アルトコインは別途必要
※2.リアルタイム入金のことを指す
※3.スプレッドあり
※4.コインチェックユーザー同士は無料

この中で、とくに注意すべきポイントとして「取引手数料」「入出金手数料」が挙げられます。

よく使うサービスなので、できれば無料が好ましいです。

・取引手数料

取引するたびにかかる手数料です。

・仮想通貨の送金手数料

保有している仮想通貨を、他の取引所や個人ウォレットに送金する際にかかる手数料です。

アービトラージや、大切な資産を個人ウォレットに保管するときに利用します。

・日本円入出金

銀行~取引所間で入出金を行った際にかかる手数料です。各銀行の所定金額、および取引所側の手数料があります。

・クイック入金

ネットバンキングで、24時間365日いつでも入金できるのが特徴。

通常入金の場合は、時間外手数料や振込手数料がかかるため、クイック入金がおすすめです。

アルトコインの種類の豊富さ

仮想通貨はビットコイン以外にもリップルやイーサリアムといった様々なアルトコインがあります。取引所によって扱う仮想通貨は様々ですが12種類程度の取り扱いがあれば多いといえます。

例えば、ビットコインの取引高が日本一のbitFlyer、リップル取引量日本一のbitbank、取扱通貨数日本一のCoincheckなどがあります。

◇仮想通貨取り扱い通貨一覧(取引所・販売所)
取引所名 取扱通貨数 BTC BCH XRP ETH LTC ETC XEM MONA LISK XLM BAT OMG QTUM IOST FCT XTZ ENJ TRX DOT
GMOコイン 13 × × × × × ×
DMM Bitcoin 12 × × × × × × × ×
bitbank 8 × × × × × × × × × × ×
bitFlyer 12 × × × × × × ×
Coincheck 16 × × × ×
BITPoint 7 × × × × × × × × × × × ×
TAOTAO 5 × × × × × × × × × × × × × ×

・・・取引所と販売所どちらも取り扱い、〇・・・取引所で取り扱い、△・・・販売所で取り扱い、×・・・なし

スマホアプリの使いやすさ

在宅時はパソコンで取引する人も多いかと思いますが、外出中はスマホアプリが必須となるでしょう。最低1つは使いやすいアプリをダウンロードしておきたいですね。

筆者のオススメはCoincheckアプリです。

なぜなら動作が軽く、直感操作できるデザインであるため、価格のチェックが便利だからです。

無料でダウンロード(iOS/Android)できますので、ぜひダウンロードしてみてください。

\アプリダウンロード数326万件のコインチェック/

コインチェックだけでなくGMOコインやbitFlyer、TAOTAOなども今ではiOS端末であってもウィジェットに追加することができるのでアプリを開かずとも各コインの価格を知ることが可能です。

初心者の方は、「画面の見やすさ」「注文の簡単さ」を重視して選ぶと良いでしょう。

セキュリティー体制

大切なお金を預けるにあたり、セキュリティーが高くハッキングリスクが少ないことは交換業者選びにおいて重要なポイントです。

これを判断する材料として、以下の2点が挙げられます。

  • 顧客資産の分別管理・・・顧客資産と会社資産を別々に管理することで、仮に会社が倒産することになっても顧客資産は守られる
  • コールドウォレットの管理体制・・・ネット環境から完全に切り離すことでハッキングの脅威から仮想通貨ウォレットを守る

金融庁の「仮想通貨交換業」の認可を受けている仮想通貨取引所は、すべてこれらを満たしていますが、これ加えてさらに強固なセキュリティー対策で運営しているところが2社あります。

それはDMM BitcoinとBITPontです。

  • DMM Bitcoin:顧客資産の100%をコールドウォレットに保管。業務改善命令は1度も無し
  • BITPoint:サーバーダウン0回!金融商品取引業者水準の強固なセキュリティを実現。

安心安全を心掛けている取引所に重きを置きたい!という方は、上記の取引所に登録することを強くおすすめします。

2021年時点ではどの国内取引所もセキュリティレベルが非常に高くなっていますので、どの交換業者でも安全だと考えられます。気になる場合は、アプリレビューなどの口コミ見てみることをおすすめします。

取引所選びに関して重要な点をお分かりいただけたでしょうか?

ご自身の投資経験や金額、取引手法利などに応じて利用する取引所を使い分けてみてください。

\国内トップの口座数を誇るDMM FXを有するDMMグループが運営/

口座開設前に事前準備しておくもの

登録する取引所が決まりましたら口座開設を行いましょう。

取引所の口座開設は、事前準備をしておくことで短縮できます。早ければ数分~10分程度で完了し、即日取引をすることができる交換業者もあります。

本人確認書類の準備

取引所によって細かな違いはあるものの、以下のものを準備しておけば大体OKです。

  • 身分証(運転免許証、パスポートなど)
  • 身分証の写真(運転免許証の場合は表面画像、裏面画像、かつ鮮明なもの)

口座開設までの流れ

まずネットで口座開設申請をして、後日ハガキを受け取って完了という流れです。

  1. ユーザー登録(メールアドレス登録)
  2. 口座開設申し込み(ユーザー情報の登録、本人確認申請)
  3. 後日、本人確認完了のハガキを受け取り or オンライン書類申請
  4. 口座開設完了

ハガキ受取後の対応は交換業者によって若干異なる場合があります。

受け取った時点で本人確認&口座開設が完了するケースと、記載されてあるパスワードを入力した時点で完了するケースです。ハガキを受け取ったらどちらのケースになるのか必ず確認するようにしましょう。

交換業者によっては、口座開設がオンラインで完結する申し込み方法があります。

DMM Bitcoinの『スマホでスピード本人確認』を利用すれば、最短で申し込みから1時間以内に取引が可能となります。

DMM Bitcoinのページでメールアドレスを登録することからスタートです。

「まずはかんかんメール登録!」よりメールアドレスを登録しましょう。

送られてきたメールに記載されているURLより、パスワードの登録や書面への同意に進みます。

続いて、名前や住所、職業や資産状況を入力すれば確認画面に移ります。

問題なければ、本人確認書類の提出です。ここで『スマホでスピード本人確認』を利用すると、郵便物を受け取る必要がないため非常に便利です。

動画でスマホでスピード本人確認の良さと使い方ついて知ることができます。

その後に、マイナンバー確認書類のご提出とSMS認証を行えば、直ぐに審査が開始されます。最短で1時間後には口座開設が完了し、入金を行えば取引を行うことが可能となります。

DMM Bitcoinは多くの手数料が無料で、スマートフォンアプリが使いやすいことが人気です。

そして、今なら新規口座開設を行った人全員に1,000円をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

まだ口座を持っていない方は、この機会に開設を行ってみてはいかがでしょうか。

\もれなく1,000円キャッシュバック!/

おすすめの仮想通貨取引所3選

さて、これまでのポイントをまとめます。

仮想通貨取引所は、以下を多く満たすところほどオススメです。

  • 取引所であること
  • 手数料が安いこと
  • 通貨の種類が豊富なこと
  • 流動性が高いこと
  • スマホアプリが使いやすい

この項目に沿って、初心者におすすめできる取引所を3つ(DMM Bitcoin、GMOコイン、ビットバンク)選びました。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin公式ページ ◆DMM Bitcoinの基本情報
取扱仮想通貨数 12種類:BTC、XRP、ETH、BCH、XEM、LTC、ETC、XLM、MONA、QTUM、BAT、OMG
取引方式 販売所 取引所
手数料 ※無料
レバレッジ取引 最大2倍
最低取引単位/金額 0.001 BTC
積立仮想通貨

DMM Bitcoinの特徴とメリット

・取引手数料、送金手数料が無料!

レバレッジ手数料以外はほぼ無料なので、気軽に始められます!

また、取引所はないですが販売所では国内随一のスプレッドの狭さを誇っています。

・初心者でも電話&LINEで解決。安心のカスタマーサポート

操作方法が分からない・・・それなら電話相談!もちろんメールからも相談可能。さらにLINEでの受付けも対応しています。

・徹底されたセキュリティー運用体制

国内大手交換業者が業務改善命令を受けていますが、DMM Bitcoinはそのようなことはありません。

・使いやすいスマホアプリ、取引ツール

DMM Bitcoinはグループ会社のFXベースの取引ツールを提供しており、アプリダウンロード数は100万以上(2021年4月23日時点)。パソコン版の取引ツールも豊富なテクニカル指標に加え、独自分析や多くのマルチディスプレイ対応の高機能のツールとなっています。

DMM Bitcoinのユーザーによる口コミと評判

  • 利用者の評価:★★★★☆(3.52/5.0:全21件)

分かりやすいインターフェースと狭いスプレッド(40代男性)

★★★★☆(4.0/5.0)

アプリ登録手続きは素人でも簡単にできます。入金等も問題はなく、現物取引のスプレッドが他の業者と比べてずいぶん安い。他の通貨も現物で早く取り引きできるようになればなお良いですね。
(投稿日: 2021/05/18)

初心者でも使いやすく始めやすいが...難点もある(20代男性)

★★★★☆(4.0/5.0)

全体的に初心者にもとっつきやすく信頼性も高いと思います.初心者なりにあえてデメリットを挙げると、①毎週水曜日のメンテナンスが鬱陶しい(時間は短縮されましたが)。②スマホのアプリがPCに比べて見にくい部分がある.特にPCではチャート内に表示される注文レートがスマホ版では見えないのは直感的に分かりづらく不便。③セキュリティーの高さの裏返しですがスマホとの同時ログインができない、といった点が気になりました.
(投稿日: 2020/09/16)

毎週のメンテナンスと手数料が...。(40代男性)

★★★☆☆(3.0/5.0)

毎週水曜日にメンテナンスで使えないのはつらい。アプリは使いやすいが、手数料高い。ネームバリューがあるので、何となく安心して使っているが、サポートが良いわけでもなく、ネームバリュー以外は魅力は感じていない。
(投稿日: 2021/02/09)

\安心のセキュリティDMM Bitcoin!/

GMOコイン

GMOコイン公式ページ ◆GMOコインの基本情報
取扱仮想通貨数 13種類:BTC、XRP、ETH、BCH、XEM、LTC、XLM、QTUM、XTZ、BAT、ENJ、DOT
取引方式 販売所 取引所
手数料 無料 Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引 最大2倍 最大2倍
最低取引単位/金額 0.0001 BTC 0.0001 BTC
積立仮想通貨 13種類:BTC、XRP、ETH、BCH、XEM、LTC、XLM、QTUM、XTZ、BAT、ENJ、DOT

GMOコインの特徴とメリット

・取引所と販売所どちらもある

普段のトレードは取引所、大きな金額を取引する場合は、取引所よりも販売所の方がお得な場合があります。そして、そのどちらでもレバレッジ取引が可能となっています。
取り扱い仮想通貨も2021年5月時点で13種類と豊富で、国内で唯一のポルカドット(DOT)の取り扱いもあります。

・スマホアプリが使いやすい

10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文もできます。

・圧倒的な安心感

誰もが知るGMOインターネットグループ。FX取引量世界一のGMOクリック証券(ファイナンス・マグネイト社調べ、2020年1月~2020年12月)も擁しており、大手ならではの安心感があります。

GMOコインのユーザーによる口コミと評判

  • 利用者の評価:★★★★☆(4.02/5.0:全て45件)

取扱通貨数も豊富で使いやすい!(30代女性)

★★★★★(5.0/5.0)

セキュリティはしっかりしているし、取り扱っている暗号資産の種類も豊富だし、とても利用しやすいです!注文画面も見やすく分かりやすく、また安心感もあり、今後も安心してGMOコインで取引をしたいと思います。 (投稿日: 2021/01/03)

【手数料に関する評判1】Maker手数料が嬉しい(30代男性)

★★★★☆(4.0/5.0)

スマホのアプリも使いやすい。現物の取引で、指し値約定なら手数料がマイナス、つまり貰える。1回で貰える額は小さくても、細かくトレードをするスキャルピングだと、何度も約定させるので、貰った手数料の総額は、結構な金額になっている。 (投稿日: 2020/10/30)

出金と送金手数料が無料(30代男性)

★★★★★(5.0/5.0)

日本円出金手数料・仮想通貨送金手数料が無料なのはかなり魅力的です。 あと、指値注文の際に価格が動いてテイカー取引になってしまう場合にその注文を取り消すPost-Only機能が本当に便利です。 ETHの最小取引数量をbitbankと同じ0.0001ETHにしてくれるともっと良いです。 (投稿日: 2020/10/30)

\ネット業界大手のGMOグループが運営/

bitbank(ビットバンク)

ビットバンク公式ページ

◆bitbank(ビットバンク)の基本情報
取扱仮想通貨数 9種類:BTC、XRP、ETH、BCH、LTC、XLM、QTUM、MONA、BAT
取引方式 販売所 取引所
手数料 無料 ※Maker-0.02%、Taker0.12%
レバレッジ取引
最低取引単位/金額 0.0001 BTC 0.0001 BTC
積立仮想通貨

ビットバンクの特徴とメリット

・取引量日本一!リップルを買うならビットバンク

ビットバンク=リップルといっても過言ではないでしょう。リップルを購入したい方に最初におすすめしたい取引所です。

・日本で人気のモナコインが買いやすい

旧2ちゃんねる発祥の仮想通貨モナコインを取り扱っています。国内で最も流動性が高いため取引しやすいでしょう。

・世界最高峰のセキュリティー、BitGOが監修

歴史ある仮想通貨セキュリティー専門企業BitGoと提携!秘密鍵を物理的、仮想的に分散させておりハッキングや不正行為に対して強固です。

さらには、“責任ある公開(Responsible Disclosure)を支持するbitbankは、セキュリティホールを見つけたらbugbounty.jpで報告することで、報酬(bounty)をプレゼントするという施策も打っています。国内初の取り組みとして注目を集めています。

bitbank(ビットバンク)のユーザーによる口コミと評判

  • 利用者の評価:★★★★☆(4.08/5.0:全て40件)
★★★☆☆(3.0/5.0) ・手数料に関しては問題なし・信憑性に関してはBOTのような取引がずっと続いたりしているのを見ると出来高が疑わしい部分もあると感じる。・セキュリティーは高いと感じる・取扱い通貨はもう少し増やしてほしい(国の承認にもよるが今後にも期待したい)(30代男性のクチコミ)
★★★★☆(4.0/5.0) ずっと使い続けてる取引所です。スマートフォンのトレードにしてもPCでも使い心地には満足しています。ストップ注文を導入していただけると助かります。(40代男性のクチコミ)
★★★★☆(4.0/5.0) もう少し取り扱いアルトコインを増やしてほしいのと、携帯でのチャートがとても見にくいので改良してほしい、変に縦長になるのは誤解してしまう、実際そんなに動いていないのにすごく変動してるようにいつも勘違いをします(40代男性のクチコミ)
\国内リップル取引高トップ!/

まとめ

ご自身にとって良い仮想通貨取引所は見つかりましたか?ご自身に合った選ぶポイントさえしっかり押さえれば、最良の取引所が見つかるはずです。

仮想通貨市場は2017年をピークに下落基調でした。しばらく耐え忍ぶ期間が続きましたが2020年11月5日に150万円を超えてから右肩上がりを見せており、2021年4月14日には700万円を突破するまで上昇しました。カナダでのビットコインETFの誕生や、テスラなどの大企業によるBTCの保有という大きな話題が後押ししました。

日本を含む世界各国で、仮想通貨を使用したマネーロンダリングの対策や、本人確認の義務付け、またICO(イニシャル・コイン・オファリング)のあり方、投資家保護に関する議論などはもちろん今も交わされています。最近では米国の大企業がビットコインに投資をしたり、外資系金融機関がビットコイン関連サービスをリリースするといったニュースが流れたりと注目がますます集まっています。

さらには大手決済サービスPayPalもビットコインを利用可能にしたりと、決済・送金領域におけるビットコインの存在感がより身近になってきています。

なお、ビットコインで積立投資を行うという選択肢もあり、交換業者でサービスを展開しているところもあります。

500円から積み立てたりせずとも、ビットコインはもともと数千円からでも投資を始めることができるので、小学から投資できるサービスを除けば株などに比べて必要な金額も小さいです。

ご自身の資産運用の武器として、仮想通貨を取り入れてみてはいかがでしょうか?

\積立投資もできるサービス豊富な交換業者/

暗号通貨取扱業者に関するQ&A

手数料は取引所ごとに違いますか?
はい、異なります。ただ大きな差はないため、販売所のスプレッドが大きな差となります。
スプレッドって何ですか?
「買値」と「売値」の差のことです。 例えば、ビットコインの ・買値が500万円 ・売値が497万円 だとしたら、差額の3万円がスプレッドということになります。
アルトコインとは何ですか?
ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。イーサリアムやリップルもアルトコインです。
暗号通貨に関するニュースはどうやって入手するの?
方法はいくつかありますが、「CoinPost」、「Crypto Times」、「FISCO」、「みんなの仮想通貨」などのニュースサイトやキュレーションメディアを見たりする方法がまず挙げられます。 日本語で書かれているため、英語が得意でない方はこれらのWebサイトオススメします。
どうしてもより速くニュースを取得しようとすると、英語記事にあたる必要がありますので。
暗号通貨(仮想通貨)ってどれくらいの種類があるのですか?
CoinMarketCapによると、2021年5月31日時点で9600種類あります。 しかしちゃんと使えなかったり、取引高がほとんどない通貨も多数あります。時価総額が100億円以上ある仮想通貨は350種類ほどと全体のわずかとなっています。
暗号通貨(仮想通貨)取引で得た利益には、税金がかかりますか?
雑所得です。しかしFXとは異なり、「総合課税」なので全所得から控除を引いたものが課税対象となります。最小で20万円以下の利益には非課税ですが、最大は55%が掛かります。
 
  
   
\ネット業界大手のGMOグループが運営/
おすすめの記事