20倍以上に急騰したパレットトークンの魅力と急成長するNFTを解説

7月28日に国内初のIEOであるパレットトークン(Palette Token )の取引が開始しました。

販売価格は4.05円でしたが、取引は6円ほどで開始。その後は、売り手が出てこず、瞬間的に45円台まで急騰。その後に15円まで急落したものの、100円目前まで急伸する人気ぶりでした。

仮に4.05円で買って80円を超えた時に売却すれば20倍以上の利益です。10万円の投資でも200万円になったことになります。

今回は、そんな大人気のパレットトークン(PLT)とその将来性に関して解説します。

\国内唯一のパレットトークンの取り扱い/

パレットトークンとは

ハッシュパレット出所:hashpalette

パレットトークン(Palette Token)は、漫画やアニメ、音楽などのエンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォーム「Palette」で利用される仮想通貨(ERC20準拠)です。

Paletteという独自のブロックチェーン上で、NFTの購入やチェーンの運用報酬の支払いなどの用途に使用することができます。

●パレットトークンでできること

パレットトークン②

①発行されたNFTの購入
②Paletteにおけるノード運用報酬の支払い
③Paletteコンソーシアムメンバーへの委任
④スマートコントラクトやNFT発行の手数料

また、Paletteはクロスチェーン技術を用いてイーサリアムなどの他のブロックチェーンとの接続が可能となっており、エコシステムのさらなる拡大が期待できるようです。

今回のIEOでは、パレットトークンの総発行数10億枚のうち2億3000万枚を販売。販売価格は4.05円となっているため、最初の時価総額は40億5000万円でした。

しかし、8月10日時点では68円付近で推移しているため、時価総額は約690億円ほどとなります。

●パレットトークン(PLT)の価格推移

パレットトークン(PLT)

出所:Coincheck

なおHashpaletteの株式は、HashPortが85.8%、残りはLink-Uが保有しています。

発行体:株式会社Hashpalette
発行トークン:Palette Token(PLT)
総発行枚数:10億枚
販売総数:2億300万枚(総発行枚数の23%)
販売価格:4.05円/PLT
払込通貨:日本円
抽選方法:ランダム

IEOとは

IEOとは、取引所がプロジェクトと仮想通貨を審査して自社の取引所に上場させる資金調達方法です。ICOとは違いm取引所が審査するため安心感があり、取引が行える時期分かり投資家にとってメリットが大きくなります。

パレットトークンのIEOは、コインチェックのIEOプラットフォームである「Coincheck IEO」で行われました。

海外では2019年あたりからメジャーでしたが、国内では今回が初めてのIEOとなり、非常に注目度が高くなったわけです。

その結果、パレットトークンは申込み開始から2分程度で販売総数の2億300万枚(総発行枚数の23%) に到達。抽選倍率は20倍以上になったそうです。

そして、初日の売買代金は20億円を超えており、販売価格から15倍以上の価格を維持。大成功のIEOと言えるのではないでしょうか。

今後もコインチェックではIEOが行われるようですから、期待が集まると考えられそうです。

急拡大を続けるNFT市場

nft

パレットのプロジェクトでも関係があるNFTは、2021年から劇的に盛り上がっている市場です。

NFT(Not Funsible Token=非代替性トークン)とは、デジタルコンテンツに証明書のような記録をつけられるトークンのことです。NFTは仮想通貨と同様にブロックチェーン上で発行されますが、それらはお金としてではなく、「アートや商品」として流通します。

2021年3月22日、ツイッターと決済企業スクエアのCEO(最高経営責任者)であるジャック・ドーシー氏の初めてのツイートがNFT化され、なんと291万5835ドル(約3億円)で落札されました。

その他にも、wwwのコードが6億円、DogeコインのモデルのKabosuちゃんNFTが約4億円、日本人のVRアーティスト、せきぐちあいみさんの"NFTアート"が1300万円で落札されるなど、これまでアートや取引が困難だった芸術作品や歴史的発明や制作物がNFT化され、取引されています。

NFTにはあらゆる産業が参入を発表しており、FOXエンターテイメントがNFT事業に1億ドル投資を発表したり、NiziUやTWICE所属の韓国芸能事務所もNFT事業への参入を発表しています。

なお、2020年上半期は1370万ドルだったNFTの市場規模は、2021年上半期には25億ドルとなり、わずか1年で180倍以上に拡大しています。(DappRadar調べ)

パレットは、そんなNFTに関する事業を国内で展開するプロジェクトですから、人気が高まるもの頷けるのではないでしょうか。

パレットトークン(PLT)に興味を持たれた方は、コインチェックの公式ページで確認したり、取引をしてみてはいかがでしょうか。

パレットトークンを取引できるコインチェックの概要

コインチェック(Coincheck)の評価
オススメ度★★★★(3.75/5.0)
本人確認済み口座数135万口座
※2021年7月末時点
アプリダウンロード数415万
最低取引単位(BTC)最低0.001BTC
現物取引手数料(BTC)無料
取扱仮想通貨数16種類
\国内ネット証券大手のマネックスグループが運営/
おすすめの記事