コロナショック後に100倍以上に!?LINEの仮想通貨LINKの魅力を紹介

コロナショックで急落したビットコイン(BTC)は、1年間で安値から13倍、イーサリアム(ETH)は30倍以上に急騰しました。しかし、100倍以上になった仮想通貨(暗号資産)があることをご存知でしょうか?

それは、LINEグループが発行するトークンLINK(LI)です。

ライターの観音クリエイションさんが、35万円でLINKを中心に仮想通貨の運用を約5ヶ月間行ったところ、なんと201万円まで約6倍にもなりました!

LINK投資出所:LINE BITMAX公式ブログ

LINKとはどのような仮想通貨なのか、なぜそれほどまでに急騰したのか。そして、将来性に関して解説してゆきます。

\LINEが運営する仮想通貨取引所/

LINK(LN)とは?

LINK①

出所:LINE BITMAX

LINKとは、コミュニケーションアプリLINEなどを提供するLINEグループのLINE TECH PLUS PTE. LTD.が発行するLINE独自の仮想通貨です。

LINEが独自開発したプライベートブロックチェーンのLINE Blockchainと、トークンエコノミーを作成するためのLINKプロジェクトで使われます。

つまり、LINEが提供するサービスにLINKのブロックチェーン技術を組み込み、そこでLINKが使えるように開発しているということになります。

既に、LINKは仮想通貨交換業者のLINE BITMAXや、NFTマーケットプレイスで利用されています。そして、今後追加されるdAppsなどで使うことができるようになるそうです。

dAppsとは
ブロックチェーン技術を活用した分散型アプリケーションのこと

決済でLIがもらえる

具体的にLINKが利用されている例を紹介しましょう。

LINEは、企業が自社サービスに貢献したユーザーに対してLINKに転換可能なLINKリワードを付与できるプログラム「LINK Rewards Program」を提供しています。LINKリワードは、LINKの引換券のようなもモノ。
LINKを受け取る口座がない企業が大半のため、LINKリワードをもらい、LINE BITMAXでLINKに交換するのです。

LINK②

出所:LINE

例えば、LINE Rewards Programに加盟しているお店でLINE Pay決済を利用することでLNが手に入るという具合です。

2020年11月には、「LINKリワード」還元対象の加盟店で利用すると、利用金額1%分の即時値引きに加え、9%分のLINKリワードを後日還元される特典クーポンを配信していました。つまり、ポイントバックキャンペーンならぬ、LINKバックキャンペーンというわけですね。

LINKの概要

基本情報
名称 LINK ティッカーシンボル LI
発行体 LINE TECH PLUS PTE. LTD. 総発行量 10億LINK
時価総額 約210億円 オフィシャルサイトURL https://www.ethereum.org/
ホワイトペーパーURL https://github.com/ethereum/wiki/wiki/[Japanese]-White-Paper

トークンエコノミーとは

「トークンエコノミー」とは、トークンという代替紙幣のようなモノを発行し、それを利用して様々なサービスを受けられるようにすることでそのトークンの価値が生まれ、法定通貨を使うことなく日常生活が送れる経済圏のこと。トークンは、ブロックチェーン業界では仮想通貨に当たります。

楽天ポイントの楽天経済圏がありますが、ポイントがトークンに置き換わったバージョンとなります。

LINKの将来性

LINKはLINEが提供する仮想通貨交換業者をグローバル展開しており、LINE Rewards Programの提供などのユースケースの拡大とともに、2020年末からの仮想通貨ブームにより買い手が殺到。

バイナンスコイン(BNB)やフォビトークン(HT)などの取引所トークンが10倍以上に急騰するなか、LINKはおよそ1年で※100倍以上に暴騰しました。
※2020年3月13日に332円→2021年4月2日に36,590円

●LINK(LI)の価格推移

LINK(LI)📈

出所:CoinPost 期間:2018年1月~2021年8月

なぜLINKがこれほどまでに急騰したのでしょうか。

それには、やはりLINEの知名度の高さと利用者の多さにあるのではないでしょうか。日本人であれば、LINEは誰でも知っています。

そして、LINEの主要4カ国(日本、インドネシア、タイ、台湾)のユーザー数は、1億6900万人にも上っています。それだけのユーザーが利用するサービスにLINKが利用され始めたこともあり、LINK投資意欲が加速したのではないでしょうか。

LINE Blockchainによる2021年のプロジェクト計画

LINK④

出所:LINE

4月30日、LINE Blockchainは2021年のプロジェクト計画を発表しました。

それによると、今後のユースケースの拡大と利用者数の急増が期待できる内容となっていました。


LINE Blockchain 2021 Plansの要点
  • LINKの新規取引所追加上場
  • 決済事業者との提携
  • NFT関連サービスの拡張
  • dApps拡大
  • LINKの新規発行およびユーザーへの付与

LINKの新規取引所追加上場

LINKの流動性と保有者の拡大のために、新規取引所へ上場を行う計画のようです。

2021年7月時点において、LINKを取引できる取引所はLINEグループ傘下のLINE BITMAXとBITFRONTのみですが、他の取引所にも上場させることで、知名度や流動性拡大が期待できます。

決済事業者との提携

LINKユースケースの拡大と循環促進のために、決済事業者との提携を進めるようです。

楽天のサービスでは、現金を利用しなくても楽天ポイントで決済が完結する経済圏ができあがっています。それを、LINKでも実現をしようということでしょう。

価格変動のあるLINKの利用をユーザーや事業者に受け入れ得られるかどうかがカギとなりそうです。

NFT関連サービスの拡張

出所:PRTimes

LINE Blockchain上でNFTを活用できるような新規サービスが予定されており、そのNFTの購入のためにLINKが利用される可能性がありそうです。

7月27日に、LINEとYahoo!JAPNAはNFT領域での業務連携を発表。ユーザーはLINE Blockchain基盤で発行されたNFTアイテムを「ヤフオク!」でかんたんに出品・落札できるようになりました。

NFTの経済規模は2021年第1四半期(1~3月)で約15億ドルにもなっており、多くのユーザーを抱えるLINEがNFT関連サービスを始めることは非常に期待できます。

dAppsの拡大

LINEは、フィンテック、コンテンツ、ゲームなど様々な分野でdApps提携の拡大を進めるようです。

計画には、ユーザー価値を創出することのできる大型サービスとの連携に集中すると記載されており、LINKの保有者及びユーズケースの拡大が期待できます。

2021年内に100億円~200億円規模のLINKを新規流通させるという具体的数値目標も発表されており、将来的にはこれまで以上に利用者が増えることになりそうです。


LINKはアジアを中心に圧倒的に利用者の多いLINEグループで利用されており、これから多くの取引所に上場する可能性があります。

NFTアートチャリティプロジェクト

出所:LINEのプレスリリース

また、NFTでも巨大企業ヤフーと提携しており、9月6日には香取慎吾さんの「NFTアートチャリティプロジェクト」でLINE BlockchainがNFTアートの基盤技術に採用されるなど、サービスはまだまだ始まったばかりです。

これからも様々な発表が行われることが期待でき、利用者が急増するかもしれません。

過去に100倍になったほどの爆発力を秘めており、まだまだ始まったばかりともいえるLINEのブロックチェーンプロジェクト。

その未来が明るいと思うのであれば。LINEへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

BITMAXはLINEアプリ内ですぐに移動できますし、口座開設も極めて簡単で何より直ぐに取引をはじめることができます

LN(LINK)という独自トークンも取り扱っていますし、このトークンを使ったトークンエコノミーは今後ますます拡大・促進されていくことと予想されます。

できることが増えていくかもしれないという展望がある反面、やはり販売所形式しかないことに不満を抱く方も少なくないです。

しかしBITMAXならではの、簡単で使いやすい利点は投資を始めてという方にはメリットが大きいでしょう。

LINE BITMAXで仮想通貨デビューを始めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事