アコムの特徴・評価ポイント|アコムの金利や審査スピードについて解説

PR

当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。

アコム

アコムの基本情報
金利
(実質年率)
3.0~18.0%
最短融資 最短20分
WEB完結 融資まで可
カードレス 契約時に選択可能
無利息期間 初回契約日翌日から最大30日間
在籍確認 原則電話なし

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムの評価ポイント

アコム評価ポイント

アコムは「最短20分で即日融資が可能」「プライバシー配慮が行き届いている」などの特徴があり、初めてのカードローンにぴったりな消費者金融です。

さらに最大30日間利息0円で利用できるため、無利息期間がない同じ金利のカードローンと比較して、利息を抑えて借り入れできます。

編集部
ATM台数が豊富なので、借り入れ・返済が出先でもしやすい!

当サイトのカードローンおすすめランキングでも、初心者からの人気が高いアコムの魅力や評価ポイントを詳しく解説します!

おすすめ評価ポイント
  • 最短20分融資が可能!急ぎの方も必見
  • 振込キャッシングが速くて便利!楽天銀行口座なら最短10秒
  • 無利息期間があるので初回契約ならお得
  • 郵送物や在籍確認はプライバシーに配慮してもらえる

1最短20分で即日融資!3秒診断も便利(*1)

アコム審査スピード

アコムは「審査回答は最短20分」「最短20分融資が可能」というメリットがあります。

数ある消費者金融のなかでも審査・融資のスピード感が優れているため、カードローンを即日利用したい人に最適です。

申し込み前には「3秒診断」で借り入れ可能かの目安も知ることができます。

編集部
うまくいけば最短20分で融資可能!

アコムは、プロミスアイフルと同様に、当日中に借り入れしたい人にぴったりの消費者金融カードローンです。

アコムの審査の流れ

アコムは「申し込み」→「本審査(最短20分)」という手順です。

編集部
ネット・郵送・来店で申込可能!お急ぎの場合はネットでの申し込みがおすすめ!
参考:アコム審査の項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • メールアドレス
  • 住所や電話番号
  • 家賃や住宅ローンについて
  • 勤務先情報
  • 他社借り入れ状況
  • 希望極度額(限度額)
  • その他希望暗証番号など

なお、審査の際には「本人確認書類(*2)」「限度額が50万円以上の場合は収入証明書類(*3)」が必要です。

いずれもスマホアプリやWEBで提出(アップロード)ができます。

参考:アコム申込時に必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • ※上記いずれかの交付を受けていない方は健康保険証
    ※スマホアプリ・Web申込の場合は1点のみ、その他申し込みの場合は2点提出

参考:アコム申込時に必要な収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 市民税・県民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・収支内訳書・青色申告書
  • ※いずれか1点

本審査通過すれば、早速借り入れができるようになります。

なお、申し込みが夜間の場合は翌営業日に審査が行われますので、即日融資を希望している人はなるべく日中に申し込みましょう!

注意事項・補足
  • ※最短20分審査・融資について
  • お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • (*1)即日融資について
  • 申込時間帯や審査状況によっては翌日以降となります
  • 日中の申込でも審査が当日中に終わらない場合もあります
  • (*2)本人確認書類について
  • スマホアプリ以外の申込では2点必要
  • 1点しかない場合は発行6ケ月以内の「住民票の写し」または「公共料金の領収書」が必要
  • (*3)収入証明書類について
  • アコムご利用が50万円を超える契約または他社借入を含め100万円を超える方が対象

2振込キャッシングが便利!楽天銀行なら最短10秒振込

アコムの振込キャッシング

アコムはネットで申し込むだけで銀行口座に借入金を振り込んでもらえるため、自動契約機やATMへ行かなくてもキャッシングできます。

なかでも、「楽天銀行口座ならほぼ24時間最短10秒で振込」(*4)が便利です。

編集部
土日や深夜でも「すぐ借り入れしたい」に対応してくれます!

楽天銀行以外に三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行の口座でも、火曜~金曜(祝日除く)なら24時間いつでも最短1分で振り込み可能です。

その他、地方銀行もアコムの振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関に指定されている銀行なら、最短当日~翌営業日に融資を受けられます(*5)。

編集部
振込手数料は無料です!
火曜~金曜のほぼ24時間最短1分に対応している銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

※2023年10月17日調査時点

振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関※一部抜粋
  • PayPay銀行
  • りそな銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • 横浜銀行
  • 福岡銀行

※2023年10月17日調査時点

注意事項・補足
  • (*4)楽天銀行口座の最短10秒振込について
  • アコムまたは楽天銀行でシステムメンテナンス等がある場合は除きます
  • アコムのメンテナンスは毎週月曜の1時~5時、毎日23時50分~0時10分です
  • (*5)その他振込キャッシング全般
  • アコムまたは各金融機関でシステムメンテナンス等が入る場合は対応していない場合があります。

3プライバシー配慮が行き届いている

アコムのプライバシー配慮

「アコムでお金を借りたいけど、会社や家族に知られてしまうのでは…?」と心配の方もいらっしゃると思います。

しかし、アコムはプライバシーに配慮した方法で在籍確認や郵送物送付を行ってくれます!

在籍確認は個人名で

アコムの在籍確認

審査の過程で「在籍確認(本当に記載の勤務先に所属しているか)」の電話が職場にありますが、アコムは担当者個人名で在籍確認が行われます。

「アコム」という会社名を名乗らないため、同僚が電話をとってもアコムからの電話とわかりにくいよう配慮がされています。

編集部
在籍確認はご本人が電話を取れなくても、「○○は席を外してます」など在籍が確認できればOKです!

なお、審査結果の電話も「職場」ではなくあらかじめ希望していた電話番号へかけてもらえます。

郵送物も「ACサービスセンター」名義

契約後のローンカード郵送は「アコム」ではなく「ACサービスセンター」名義で行われます。

編集部
ほとんどの方は「ACサービスセンター=アコム」とは結びつきにくいと思いますので、この辺りもプライバシー配慮が行き届いていますね。

もし、ローンカードを郵送されたくない場合は、アコムの自動契約機(むじんくん)で受け取りましょう!

このように、アコムの「カードローンは審査~受け取り」までプライバシーに十分配慮した運営がされています。

4最大30日間の無利息期間がお得(*6)

アコムの無利息期間

アコムは「初回契約日翌日から30日間の無利息期間」というお得なサービスもあります!

無利息期間中は通常3.0%~18.0%(実質年率)の金利がかかりません!

編集部
30日以内に完済すれば利息0円!

プロミスレイクなど消費者金融カードローンは無利息期間サービスがある場合が多く、初めての方にもお得ですね。

 注意事項・補足:(*6)無利息期間サービスについて
  • 無利息期間後は通常金利が適用されます
  • 期間中の返済額はATM手数料が発生した場合は「手数料」→「元金」の順に充当

5ATM台数が豊富&自社ATMは手数料無料(*7)

アコムATM台数

アコムは、ATM台数が豊富で便利なのがメリットです。

アコムは「自社ATM」と「提携ATM」があり、アコムATMの場合は手数料無料!

編集部
店舗によっては24時間ATMが使えます!

アコムのATMは全国800ヶ所以上(2023年10月17日現在)もあるため、手数料0円で借り入れできる場所が多いのも魅力的です。

また、コンビニATMなど「提携ATM」も多く、さまざまな金融機関でアコムのカードローンが使えます。

主な提携ATM(一部抜粋)
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • E-net
  • イオン銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行

※2023年10月17日調査時点

編集部
提携ATMの場合は手数料が必要です!
注意事項・補足
  • (*7)店舗によってはATMが使えない場合もあります

アコムの詳細情報・データ

2023年10月17日現在の調査データです。

>>>アコムの商品概要

>>>アコムの金利

アコムの商品概要

アコムの商品データ
申し込み資格 20歳以上の方
※ご本人に安定した収入のある方
金利(実質年率) 3.0~18.0%
契約・借入限度額 800万円
借入方法 振込(楽天銀行・ゆうちょ銀行など)
アコムATM
提携ATM(セブン銀行など)
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延損害金(実質年率) 年20.0%
担保・連帯保証人 不要

※調査日:2023年11月29日
※調査方法:公式サイトから各調査データを取得

アコムの金利

アコムの金利は年3.0%〜18.0%です。

ほかの消費者金融と比べても大きな違いはありません。

消費者金融 金利(実質年率)
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
レイク 4.5%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

※調査日:2023年11月29日
※調査方法:公式サイトから各調査データを取得


参考:低金利カードローン20選の比較一覧表!金利が安い借入先で利息を抑える方法

アコムの会社概要

会社データ

会社概要
会社名 アコム株式会社
設立年月 1978年10月23日
本社所在地 東京都港区東新橋一丁目9番1号 東京汐留ビルディング
公式URL https://www.acom.co.jp/corp/

アコムに関するQ&A

アコムのメリット・デメリットは?
アコムのカードローンには以下のメリット・デメリットがあげられます

メリット

  • 最短20分融資が可能
  • 楽天銀行口座なら最短10秒の振込キャッシングが便利
  • 最大30日間の無利息期間あり
  • プライバシー配慮が行き届いてる

デメリット

  • 金利(実質年率)は銀行カードローン等よりは高め

アコムはみんかぶchoiceのカードローンおすすめランキングのなかでも上位の人気商品です。

「最短20分融資」「プライバシーを考慮した在籍確認や郵送物手配をしてくれる」など初心者の方も安心して使えます。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムの金利は?

アコムの金利は、年3.0~18.0%です。
(100万円以上の場合は年3.0~15.0%)

契約極度額ごとの金利も公表されているため、これからお金を借りる人にも親切です。

アコムの審査基準は?誰でも借りられますか?

アコムは「申し込み時に20歳以上の方」で「安定した収入と返済能力を有する方」「当社(アコム)基準を満たす方」が申し込み条件です。

公式サイトの3秒診断を使えば、ある程度目安もわかりますので、ご活用してみるのもいいでしょう。

ほかにも、「他社で延滞をしていないか」「他社ですでに総量規制以上借りてしまっていないか」なども大切です。

アコムの返済方法は?

アコムの主な返済方法は下記が挙げられます

アコムの主な返済方法

  • インターネット(ペイジーを利用)
  • アコムATMや提携ATM口座振替
  • 銀行振込または口座振替

インターネット返済やATMでは土日も返済も可能!

口座振替なら毎月自動で引き落とされるため、返済忘れを防げます。

アコムには無利息期間はありますか?

アコムは「初回契約日翌日から最大30日間」無利息になります!

プロミスのように「初回利用日」ではないものの、契約から30日以内に借り入れ・返済を済ませれば利息0円です!

参考:無利息期間があるカードローンランキング

アコムは在籍確認ありますか?

原則、電話による在籍確認の電話はありません。

万が一職場に連絡があったとしても、アコムは会社名ではなく個人名を名乗るため、電話を取った同僚には「アコムから電話が来た」とわからないように配慮してくれます。

その他郵送物も「ACサービスセンター」という名義で送付されるため、アコムからとはわからないように配慮されています。

アコムは増額できますか?

はい、アコムは会員サイトや電話で利用枠増額の相談や申請ができます。

ただし、増額にも審査があるため、審査結果によっては増額できない場合もあります。

なお、総量規制(年収の3分の1以上は借りられない)を超えてしまう増額はできませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

アコムはどんな人におすすめですか?

アコムは「初めてのカードローンで急ぎ融資を受けたい方」や「サポートやプライバシー配慮が充実しているカードローンを選びたい方」におすすめ!

最短20分融資が可能なだけでなく、電話で相談しやすいというのもアコムならではです。

アコムATM・提携ATMの数も多いため、ネットよりはコンビニ等の出先で借り入れ・返済を行いたい方もアコムは便利です。

希望の条件でカードローンを探す

カードローン会社の詳細 記事一覧

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社を含む提携事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

おすすめの記事