ビットコインFX(仮想通貨FX)とは?やり方を初心者にも分かりやすく解説

「ビットコインFXってビットコイン取引なのか、FXなのかどっちなの!?」

たしかに、「ビットコイン」と「FX」の二つが含まれているため、どんな取引方法で通常取引と何が違うのかわからない人も多いはず。

そこで今回は、ビットコインFXの特徴、メリット/デメリットから、現物取引やFX(外国為替取引)との違いまで初心者向けにわかりやすく解説します。

筆者

最後に、ビットコインFXでお金を増やすコツも紹介しているので合わせて確認してみてください!

このページの概要
  • ビットコインFXでは、レバレッジをかけて仮想通貨を取引する
  • リスクは大きいが、大きなリターンが期待できる
  • ビットコインFX始めるなら「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」がおすすめ
【ビットコインFXとは】
ビットコインを「FXの仕組み」を用いて取引する方法のこと。ビットコインを「買った/売った価格」と「売った/買い戻した価格」の「差額」によって損益が決まります。ここでは、FXは「価格差」を取引していると覚えておけばOK
\ ビットコインFX始めるならココ! /

ビットコインFX(仮想通貨FX)とは

ビットコインFXとは

ビットコンFXとは、ビットコインを「FXの仕組み」を用いて取引する方法のこと。

FXの仕組みがわからないという方もいると思うので、簡単にイメージ図と共に説明しておきます。

ビットコインFX/レバレッジとは

FXでは、「買った/売った価格」と「売った/買い戻した価格」の「差額」によって損益が決まります。ここでは、FXは「価格差」を取引していると覚えておけばOKです。

そのため、FXは「差金取引」とも呼ばれています

このFXの仕組みを利用したビットコインの取引方法が「ビットコインFX」です。ビットコインFXでは、ビットコインの「売買価格差」を取引することになります。

筆者

簡単にいえば、買値より高く売るまたは、売値より安く買い戻せば「利益」、買値より安く売る/売値より高く買い戻すと「損失」となる取引のことです。

ビットコインFXと現物取引との違いは?

ビットコインFXと仮想通貨の現物取引の違いをまとめると以下のようになります。

現物取引 ビットコインFX(レバレッジ取引)
投資対象仮想通貨
(ビットコイン、イーサリアムなど)
仮想通貨 (ビットコイン、イーサリアムなど)
レバレッジ無し有り(国内取引所は最大2倍)
空売り×
手数料取引所による
→みんかぶ暗号資産 手数料比較 参照
取引所によるが概ね無料
→みんかぶ暗号資産 手数料比較 参照

現物取引とビットコインFX(レバレッジ取引)の相違点

両者の大きな違いは、「レバレッジ」と「空売り」の有無です。

レバレッジとは、自己資金以上の取引ができる仕組みのことです。
ビットコインFXでは、最大2倍のレバレッジを掛けることができます。

例:自己資金10万円の場合は、レバレッジが2倍だと20万円分の取引ができることになります。

空売りとは、売りから始める取引のこと。高く売って安く買い戻すことで、その差額が利益になります。

下のは、例としてBTC価格500万円のときに空売りした場合のシュミレーションになります。

利益率 100万円投資していた場合
490万円で買い戻し+2%+2万円
450万円で買い戻し+10%+10万円
510万円で買い戻し-2%-2万円
筆者

空売りが可能になっているおかげで、ビットコイン価格が下がっているときでも利益を狙うことができます!

FX(外国為替取引)との違いは?

外貨を取引するFXとビットコインFXの違いをまとめると以下のようになります。

FX(外国為替取引) ビットコインFX
投機対象外貨
(米ドルや日本円など)
仮想通貨
(ビットコイン、イーサリアムなど
最大レバレッジ25倍国内取引所は最大2倍
強制ロスカットの有無有り有り
(追証なしとのところも有り)
税金「先物取引に係る雑所得等」として申告分離課税「雑所得」として総合課税
取引時間24時間/週5日(平日)24時間/年365日

両者とも同じ差金決済取引ですが、表の通り4つの違いがあります。

最大レバレッジがビットコインFXの方が低いのは、ビットコイン(仮想通貨)の方が外国通貨よりも値動きが大きいから。ビットコインFXでは低いレバレッジでも充分利益を狙うことができます。

また、課税区分も異なっており、仮想通貨の売買で得た利益は雑所得として総合課税されます。

さらに、仮想通貨は24時間/365日取引が可能です。そのため、いつでも自分のタイミングで取引でき、チャンスも広がります。

ビットコインFX(仮想通貨FX)のメリット

ビットコインFX(仮想通貨FX)のメリット

現物取引やFXとの違いが分かったところで、ビットコインFXのメリットを見ていきましょう。

ビットコインFXのメリット
  • レバレッジで現物取引よりも大きなリターンを狙える
  • 下落相場でも儲けることができる
  • 24時間365日取引できるため取引チャンスが大幅に広がる

1レバレッジで現物取引より大きなリターンを狙える

レバレッジとは「てこ」という意味の英単語のこと。レバレッジ取引では、まるで「てこ」のように、小さい自己資金でもより大きな金額を動かせます

例えば、以下の条件で現物取引とレバレッジ取引のそれぞれで運用した時の利益差を見てみましょう。

現物取引 FX/レバレッジ取引
原資100万円100万円
レバレッジ無し2倍
取引可能な金額100万円実質200万円
上昇率10%10%
利益/利益率10万円(10%)20万円(20%)

レバレッジによって2倍の資金を動かしているので、利益は当然倍になって手元に入ってきます。

筆者

レバレッジ取引の方が資金効率が圧倒的に良いことが分かります。

2下落相場でも儲けることができる

ビットコインFX|下落相場

画像: みんかぶ暗号資産 BTC/円 2021年4月〜7月 日足

現物取引では「買い」から入ることしかできないため、上昇相場でしか利益をあげることができません。

しかし、ビットコインFXでは「売り」から入ることもできるため、下落相場でも稼ぐことが可能

仮に、上図の「705万7566円」のところで売り注文をして、上図の範囲内での最安値「319万3816円」で買い戻すことができていれば、差額の386万3750円分の利益が出ることになります。

もし2倍のレバレッジをかけていれば、約800万円の利益です。

しかし、レバレッジのかけすぎには要注意。

「売り」の場合は値段が上がれば上がるほど損をします。上値に限界はないため、実質青天井に損失が膨らんでいき、買いのとき以上に損失が大きくなる可能性があります。

324時間365日取引できるため取引チャンスが大幅に増える

株式や為替はマーケットの開いている時間が限定されており、土日祝日には取引できませんが、仮想通貨は24時間365日市場が開いているので、ご自身のライフスタイルに合わせていつでも取引することができます。

土日祝日も休みなく動いているため、その分だけ取引チャンスも増え、利益をあげる機会に恵まれていると言えます。

普段は仕事や家事などで忙しい方でも、取引時間を気にせず自分のタイミングで取引できるのは大きなメリットです。

ビットコインFX(仮想通貨FX)のデメリット

ビットコインFXにデメリット

ビットコインFXは、メリットとデメリットが隣り合わせになっているといえます。
具体的にどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

ビットコインFXのデメリット
  • レバレッジで大きく損をする可能性がある
  • ロスカットに要注意
  • 長期保有には向いていない
  • 追証になる可能性がある

1レバレッジで大きく損をする可能性もある

レバレッジ取引でうまくいけば2倍の利益があげられますが、当然損をした際にはその損失額は2倍になります。
例えば、現物取引であれば50万円だった損失も、レバレッジ取引だと100万円の損失になってしまいます。

そのため、

  • 価格変動の大きい銘柄の取引は避ける
  • ポジションを持ちすぎない(注文をしすぎない)
  • 証拠金には余裕を持たせておく
この3点を意識しながらレバレッジ取引をするよう心がけましょう。

2ロスカットに要注意

ロスカットとは、仮想通貨取引所で定められた、「証拠金維持率」を下回った場合、強制的に損失を確定されてしまうことを意味します。
証拠金維持率というのは、取引金額(損益を含む)と自己資金(証拠金)のバランスのことだと思ってください。

ロスカットが発生すると、ポジションが強制的に決済されるため意図せぬ損失確定が起きます。

ロスカットにならないためには、証拠金維持率が規定の比率を下回らないように常にケアしましょう。

3長期保有には向いていな

ビットコインFXは長期投資に向いていないと言えます。
ビットコインFXでは、レバレッジをかけられる代わりに、ロスカットや損失リスクも高くなります。

そのため、短期的な価格変動で利益を狙うのには向いていますが、1ヶ月や年単位の長期保有には向いていないといえます。

筆者

ロスカットにならないかひやひやしながらポジションを持ってるのは少し怖いですよね…

4追証になる可能性がある

追証と書いて“おいしょう”と読み、追加証拠金の略です。

証拠金維持率が規定の比率を下回ったとき、取引所から「資金を入れて維持率を戻してください、入金がない場合には強制決済になってしまいます。」と通知がきますが、この“追加で入れる資金”が追証です。

追証はロスカットルールの、規定証拠金維持率(高めの方)を下回ったときに要請されます。

ビットコインFX(仮想通貨FX)初心者におすすめの取引所

ビットコインのFX取引(レバレッジ取引)は、国内ではGMOコインDMM BitcoinbitFlyer・Huobi・Liquidの5社があります。

流動性やセキュリティ、ネームバリュー、使いやすさなどを考えた時におすすめできる取引所はGMOコインDMM BitcoinbitFlyerの3社となるでしょう。では以下詳しく見ていきます。

GMOコイン

GMOコインのHP

GMOコインの特徴
  • レバレッジ取引(ユーザー同士の売買)と暗号資産FX(GMOコインを相手に売買)がある
  • マイナス手数料を導入している
  • レバレッジをかけられる仮想通貨の種類が豊富

GMOコインのビットコインの取引高は右肩あがりで、ビットコインの流動性が高い取引所の1つです。
また、GMOコインでは10銘柄のレバレッジ取引が可能で多様なニーズに対応しています。

最近ではNFTといった新しいものにも積極的に参入して行っており、国内仮想通貨市場全体を盛り上げています。

DMM Bitcoin

DMM BitcoinのLP画面

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が豊富
  • 為替取引で慣れ親しんでいる方ならすぐにでも使いこなせるインターフェース
  • BitMatch注文を利用することで手数料を通常より抑えることができる

DMM Bitcoinはレバレッジ取引を売りにしている取引所です。
現物取引できる銘柄は11種類ですが、FX取引できる銘柄は15種類と豊富な品揃えとなっています。

インターフェースは為替をやっている方であればすぐにでも使いこなすことができるほど、DMMFXの為替サービスにそっくりなものとなっています。

操作も直感的に行うことができるため、初心者の方でも簡単に扱うことができる取引所として人気を集めています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerのHP

bitFlyerの特徴
  • 国内トップクラスのビットコイン取引量を誇り、流動性が高い
  • レバレッジ取引ができるのはビットコインのみ
  • チャートを全3種類から選べる上に、描画ツールも豊富で取引しやすい

bitFlyerは日本の仮想通貨市場を牽引してきた取引所の1つです。

「bitFlyer Lightning」ではビットコインのレバレッジ取引が可能です。
取扱銘柄は限られていますが、ビットコインの取引量は多いためスムーズな取引ができます。

また、アプリはシンプルで使いやすいと人気を集めており、初めての方でも利用しやすいといえます。

参考>>仮想通貨取引所おすすめランキング!初心者に人気の7社を評判・口コミで徹底比較!

ビットコインFX(仮想通貨FX)手数料比較

取引所を選ぶうえでは手数料も重要な項目の1つです。各取引所のビットコインFXの手数料を比較してみましょう

取引所名 レバレッジ
取引手数料
スワップ手数料 ロスカット手数料 強制ロスカットとなる証拠金維持率 追証の有無
bitFlyer無料0.04%/日50%有り
DMM Bitcoin無料0.04%/日50%有り
GMOコイン無料0.04%/日建玉レート × 建玉数量 × 0.5%【レバレッジ取引】30%有り
Huobi無料0.03%/日無料50%有り
Liquid無料0.1%/日0.2%30%有り

スワップ手数料とはポジションを決済せずに翌日以降に持ち越したときに発生する手数料です。評価額に対して0.03~0.1%かかり、決済するまで1日ごとに発生します。

上の表を加味すると、手数料の観点では、最もおすすめできる取引所はDMM Bitcoinです。

仮想通貨取引所の中でもレバレッジ取引できる通貨ペア数が一番多い上に、強制ロスカットラインは50%と高すぎず低すぎずの位置に設定されています。

ビットコインFX(仮想通貨FX)のやり方・始め方

ビットコインFXのやり方・始め方

口座開設

ビットコインFXの特徴が分かったところで、実際に口座開設の手順をみていきましょう。口座開設は以下のような手順で行います

  1. メールアドレスの登録
  2. 個人情報入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 審査
  5. 口座開設完了

取引所によって異なりますが、速いところでは最短10分程度で口座開設が完了します。
入力した情報や本人確認書類に問題がなければ即日取引可能な取引所も多くあります。

本人確認書類として使えるものは以下のようなものが挙げられます。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

実際に使用できるものは取引所によって異なるため、事前に確認しましょう。

参考:仮想通貨取引所おすすめランキング

日本円の入金

主な日本円の入金方法には以下のような方法があります。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキング
  • コンビニから入金
  • クイック入金(ペイジー決済)

※取引所によって異なります

取引所によっては、提携しているインターネットバンキング口座からの入金で即時入金が可能です。
入金がすぐに反映されることで、売買タイミングを逃すことなくスムーズな取引ができますね。

買い注文(ロング)の出し方

ビットコインFXの買い注文の出し方

取引する通貨ペアを選択し、注文方法を選択します。
注文数量を決め、指値注文の場合は注文レートを設定して発注します。

これで買い注文は完了です。

売り注文(ショート)の出し方

ビットコインFXの売り注文の出し方

売り注文もやり方は買い注文と同じです。売り注文では「売買」で「売」を選択して発注します。

注文を決済する

ビットコインFXの注文の決済方法

決済するポジションを選択し、注文方法を選択します。
注文数量を決め、指値注文の場合は注文レートを設定して発注します。

注文が約定すれば取引完了です。

ビットコインFX(仮想通貨FX)で儲けるには?押さえておきたいポイント4選

ビットコインFXで儲けるポイント4選

口座開設も終わって、いざビットコインFXを始めようという時に、何を意識すれば良いのでしょうか。
ここでは、ビットコインFXで儲けるために重要なことを解説していきます。

ビットコインFXを行う上で抑えておきたいポイントは以下の4点です。

  • 運用は余剰資金で行う
  • 仮想通貨の情報はこまめにチェックする
  • チャート分析(テクニカル分析)を行う
  • 自分ルールを作る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1運用は余剰資金で行

まず最初に、運用は余剰資金で行うようにしましょう。

相場を完璧に予測することは非常に困難なので、得をすることもあれば損をすることもあります。予想外の損失が発生したときでも、余剰資金で運用していれば、普段の生活に支障をきたすことはないでしょう。

2仮想通貨の情報をこまめにチェックする

仮想通貨の情報はこまめにチェックしましょう。

仮想通貨の価格は新しいニュースや経済指標などによって大きく変動することがあります
また、仮想通貨は変化が激しく、次々に新たなニュースが出てくるため、こまめに情報を確認しておくことは重要です。

このようにニュースや経済指標などのチャート以外の情報をもとに価格分析することをファンダメンタル分析といいます。

このファンダメンタル分析と次に紹介するチャート分析(テクニカル分析)の両方の観点から価格を分析する必要があります。

3チャート分析(テクニカル分析)を行う

チャート分析(テクニカル分析)とはチャート上で示される過去の値動きからトレンドやパターンを把握し、その後の価格を予想する方法です。

テクニカル分析と言うと難しい印象を受けるかもしれませんが、移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標の使い方を覚えてしまえば、初心者でもやりやすい分析方法です。


これらのテクニカル指標を活用することで、視覚的に分かりやすく値動きを把握できます。

4自分の取引ルールを作る

投資を行う上で、取引のルールを決めておくことは非常に重要です。

感情や感覚で取引すると、たまたま利益をだせることはあっても、安定的に収益をあげるのは難しいでしょう。
自分の取引ルールの例としては以下のようなものが挙げられます。

  • 利確・損切ラインを決めておく
  • 最大レバレッジを決めておく
  • 感情的になったときは取引をしない など

利確・損切ラインを決めておく

取引をする際に、決済するタイミングを決めておくようにしましょう。特に、損切ラインを決めておくことは重要です。

損切ラインを決めていないと、いつまでも損失を確定できずに、損失が膨らみ続けてしまう可能性があります。価格変動の激しい仮想通貨では特に大切です。

最大レバレッジを決めておく

レバレッジにも上限を決めておくようにしましょう。
レバレッジをかけることで利益が増えることもありますが、失敗すれば損失も増えます。想定外の損失を発生させないために、レバレッジのかけすぎには注意しましょう。

感情的になったときは取引をしない

損失を確定した後などは、「取り返したい」といった感情が先行し、合理的な判断ができないことがあります。

そのような状態で取引しても、取り返すどころか損失は膨らむばかりでしょう。
そのため、感情的になっている時はできるだけ取引をしないようにすることも大切だといえます。

ビットコインFX(仮想通貨FX)よくある質問

メリット・デメリットを教えて下さい

ビットコインFXのメリット
  • レバレッジで大きな利益が狙える
  • 下落相場でも利益を狙える
  • いつでも取引できる
ビットコインFXのデメリット
  • レバレッジで大きく損する可能性がある
  • ロスカットされる可能性がある
  • 長期保有には向いていない
  • 追証になる可能性がある

ビットコインFXはいくらから始められますか?

数千円~数万円から始められます。
取引所によって最小発注数量が異なるため、必要な資金も異なります。

ビットコインFXでの税金はどのようになっていますか?

ビットコインFXの所得区分は雑所得です。
雑所得は総合課税の対象となり、給与所得などの他の収入との合計で税率が決まります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え330万円以下10%97,500円
330万円を超え695万円以下20%42万7,500円
695万円を超え900万円以下23%63万6,000円
900万円を超え1,800万円以下33%153万6,000円
1,800万円を超え~4,000万円以下40%279万6,000円
4,000万円超45%479万6,000円

ビットコインFXは誰でもできますか?

口座開設できるのは以下の条件を満たす方となります。

  • 20歳以上
  • 75歳未満
  • 日本国内に在住している
  • 反社会勢力に属していない
  • 外国PEPs(政府などにおいて重要な地位を占める者)でない
  • 米国籍保有者及び米国移住者ではない
おすすめの記事