仮想通貨のレバレッジ取引で利益を伸ばす メリット/デメリットを解説

暗号資産(仮想通貨)の取引を行っていると「レバレッジ取引」という言葉を目にすることもあるでしょう。しかし、金融商品の取引経験がないと、レバレッジ取引がどのようなものであるか理解するのは難しいかもしれません。

もしよく理解しないままレバレッジ取引を始めてしまいますと、思いがけないリスクに直面する場合があります。今回は投資初心者に向けて、レバレッジ取引の基本やリスクを解説します。

レバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、元手を担保に何倍もの取引を可能にする方法です。少ない資金でも、大きな取引ができるのです。

例えば最大レバレッジが5倍の場合、10万円あれば、50万円分の取引が可能となります。そのため、少ない資金で大きな利益を出すことができます。

レバレッジ取引は差金取引と呼ばれる仕組みで取引を実施しています。これは現物取引とは異なり、金融商品を購入して保有するのではなく金融商品の「売買価格差」で損益を得る取引です。

暗号資産の現物取引は、仮想通貨を購入して売却することで利益を出します。ビットコインをを購入し価格が上昇したタイミングで売ることで利益が出ますよね。

また、暗号資産のレバレッジ取引の場合、ほとんどの場合に新規注文として「買い注文」はもちろん「空売り」行うことができます。

買い注文を実施した場合は、価格が上昇すれば利益になるということです。

一方で空売りは、価格が下がっていた場合にその差額が利益になります。

そのため、暗号資産を保有する必要はなく、やりとりも日本円のみになります。

Point!
差金決済取引: 現物の受け渡しをせずに、売買価格差の授受で決済する取引

投資初心者がレバレッジ取引をするメリット

ビットコインのレバレッジ取引

Bitcoin gold coin and defocused chart background. Virtual cryptocurrency concept.

レバレッジ取引は、少ない資金で大きな金額の取引を行うことができます。そのため、現物取引と比べて利益を大きくすることができます。

もっとも、それ以外にもレバレッジ取引を行うメリットはありますので、いくつか紹介します。

大きな金額を運用できる

暗号資産のレバレッジ取引は証拠金を元に大きな金額の取引が行えます。個人の場合は、口座にある資金の2倍まで取引ができます。大きな額の取引をすれば、それだけ大きな利益を生み出すことができます。

いつでも取引ができる

暗号資産の取引は、24時間365日行われています。株式や為替などの金融商品でもレバレッジ取引ができますが、日本株の取引は基本的に日中のみ、為替は平日のみとなっています。

暗号資産のレバレッジ取引も同様に土日でも24時間取引が可能です。ただし、システムメンテナンスを行なっている時間帯は取引ができないため注意が必要です。

平日はリアルタイムトレードが難しい人でも、暗号資産であれば土日にレバレッジ取引を行うことができます。

初めての方は要注意!レバレッジ取引のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引には、確かに優れたメリットもありますが、デメリットも存在します。レバレッジ取引を始める前にリスクやデメリットを知っておくだけでも、大きな損失を避けることができるかもしれません。

レバレッジ取引の知識を身につけて、リスクの少ない取引を心がけるようにしましょう。

損失が大きくなる可能性がある

レバレッジ取引を活用するとで、現物取引よりも利益が大きくなりますが、その反面に損失を被る金額も同様となります。

現物取引であれば、100万円分のビットコインを所有していて10%下がったとしても損失は10万円です。これに2倍のレバレッジを掛けている場合の損失は20万円となります。

小さな値動きでも、レバレッジの倍率だけ損失が膨らむということを覚えておきましょう。

価格変動によるリスクがある

仮想通貨は大型の株式銘柄やドル円と比較すると価格変動が激しい商品です。短時間で大きな利益になることもあれば、その逆も有り得ます。レバレッジを掛けていると、大きな損失にも繋がってしまうため価格変動によるリスクを十分に踏まえた上で取引を行う必要があります。

レバレッジ取引はDMM Bitcoin

DMM Bitcoinキャンペーン

暗号資産業者大手であるDMM Bitcoinは、レバレッジ取引におすすめです。取引や入金などの多くの手数料が無料で、スマートフォンアプリが使いやすいことが人気です。

レバレッジ取引での取り扱い暗号資産は、※12種類と国内で一番多く、モナコイン(MONA)のレバレッジ取引ができる日本で唯一の交換業者です。  ※5月19日よりOMGを追加予定

取引アプリも4分割チャート表示や、チャートを見ながらスピード注文を行うことができたりと、操作性の良い便利な設計となっています。

DMM Bitcoinアプリ

また、毎日のマーケットレポートやLINEでのサポートも行っているなど、ユーザーフレンドリーな暗号資産交換業者です。

そして、今なら新規口座開設を行った人全員に2,000円をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

まだ口座を持っていない方は、この機会に口座開設を行ってみてはいかがでしょうか。

\もれなく2,000円キャッシュバック!/

レバレッジ取引初心者が気をつけるべきポイント

では、これからレバレッジ取引を始める初心者の方はどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

ここでは初心者がレバレッジ取引に挑戦する際に気をつけるべきことをいくつか紹介します。

1. 証拠金維持率を意識

証拠金維持率は200%を超えた割合を維持することをオススメします。証拠金維持率を高く維持することでロスカットを発生するリスクを抑えることができます。

また、証拠金を多くいれておくことで戦略的な取引が可能となります。分散して注文を入れることでリスクを抑えることも可能なので、維持率については必ず注意しておきましょう。

2.徹底した損切りが大事!

レバレッジ取引だけではありませんが、投資をする上では「損切り」を行うタイミングを明確にしましょう。

損切りとは、取引で価格が下落している際に「これ以上、下げることはできない」というタイミングにおいて損失覚悟で取引を完結させることです。口座資金の1~3%程度を目安に損切りを行う投資家が多いようです。

トレードに100%勝っているトレーダーはいません。いつかは負ける時がきます。損失を抱えてしまった場合は、早めに損切りをして被害額を抑えましょう。

損切りのタイミングは個人によって変わりますが、次の2つを習慣づけることで、損切りのタイミングもつかみやすくなります。

  • トレードノートをつくる
  • 自身の勝率を記録する

自分の中で損切りの基準を見つけておくことも大切です。

3. 余剰資金で取引

投資全般に言えますが、余剰資金で取引するようにしましょう。生活資金を元手にレバレッジ取引を始めてしまうと、損益が膨らんだ時に実生活にまで影響が及びます。

また、生活資金を投資に使用していると取引の際に焦りが出てしまい、正しい判断ができなくなってしまいます。

それぞれの立場によって余剰資金の数量は異なりますが、それぞれの立場で毎月どれくらい投資に使うのかを明確にしておくと、生活にまで影響を及ぼすことはないでしょう。

    ・20代サラリーマンなら1万円ずつ
  • ・結婚していてお小遣いでトレードをしている人は5000円ずつ

4. 積極的な情報収集

暗号資産の取引において、チャートだけが情報源ではありません。時価総額や取引件数など、市場全体の見ておくことで取引を有利に進めていくことが可能です。

特に、市場全体の情報を押さえた「ファンダメンタルズ指標」という情報源は、金融資産の実態を分析する指標としてはオススメです。

また、暗号資産の世界ではWebサイトやニュースでの情報収集も重要です。例えば、次のようなWebサイトは、多くのトレーダーから支持されています。

ツイッターなどのSNSの中には信用性が低い情報もあるので、信用できる発信者を見つけたり自ら調査することも大事になってきます。

今回は暗号資産のレバレッジ取引について解説しました。レバレッジ取引は現物取引とは違い、利益が大きく出やすいことと同時に、損失が大きくなるリスクもあります。

精神的にも経済的にも負担がかかることがあるため、十分リスクについて理解した上で取引を進めましょう。

\レバレッジ取引取り扱い銘柄数国内No.1!/
おすすめの記事