IRポリシー

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下:当社)は、株主・投資家の皆さまをはじめとするすべてのステークホルダーの皆さまに対して、当社の重要事項を適時、適切かつ公平に開示することを通して、株式上場企業としての責務を果たすとともに、経営の公正性、透明性を向上させ、企業価値の向上を図ってまいります。

情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法などの関係諸法令及び証券取引所の定める適時開示規則を遵守した情報開示を行うとともに、当社の企業活動や経営戦略への理解を促進し、株主・投資家の皆さまの投資判断に影響を与えると判断される重要情報については、積極的に開示し、すべての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。

対象となる情報

情報開示の方法 当社は、適時開示情報に関しましては、関係諸法令及び証券取引所の諸規則等に従って、金融庁の提供する金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の電子開示システム(EDINET)または証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)等を通じて開示し、これらにより開示した情報は、原則として速やかに当社ウェブサイトへの掲載を行ってまいります。 また、自主的な情報開示に関しましても適時開示規則の趣旨に鑑み、積極的かつ公平な開示に努めてまいります。

情報開示の体制

当社は本IRポリシーに則り、諸法令や適時開示規則に従った適切な情報開示を行うために、社内体制の整備・充実に努めております。

コミュニケーションの充実

当社は、ステークホルダーの皆様に対し経営戦略や事業方針について明確に伝える透明性の高い企業でありたいと考えております。そのため、経営者自身が、内外の個人投資家・機関投資家の皆様等に対し、直接語りかけていく場を充実させてまいります。

将来情報について

将来情報について当社が開示する情報のうち、将来の見通しや戦略など、過去の事実でないものは、開示時点で当社が合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社がその妥当性・正確性を保証するものではありません。実際の業績などは、経済情勢や市場環境の変化などさまざまな要素により、当該見通しなどとは大きく異なる結果となり得ます。

IR自粛期間

当社は、決算発表準備期間中に未発表の決算情報が漏えいすることを防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、各四半期の決算日翌日から決算発表日までを「沈黙期間」とし、決算や業績に関するお問い合わせに対するコメントのご提供、個別IRミーティングの実施を控えます。ただし、期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合には、適時開示に関する諸規則に従い、適時適切に開示いたします。