南アフリカランド取引でおすすめのFX会社は?|スワップポイントなどで比べてみた

PR

当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。
このページの要点
  • 南アフリカランドは長期のスワップポイント運用におすすめ
  • インヴァスト証券(193/円)・みんなのFX(166円/日)・LIGHT FX(177円/日)のスワップが上位!

南アフリカランドは高金利通貨として長期運用派のFXトレーダーに人気の通貨です。ただ、FXをしない人にとっては南アフリカ自体があまり馴染みの無い国ですし、米国ドルやユーロと言ったメジャー通貨に比べると南アフリカランドに対しての情報は決して多くはありません。

当ページで南アフリカのことや南アフリカランドに対しての情報提供、南アフリカランド円のスワップ狙いにおすすめなFX会社を紹介したいと思います。

安定して高スワップを提供しているFX口座を選ぶことで、より効率的にスワップ運用ができるようになりますよ。

南アフリカランドってどんな通貨?

南アフリカランドってどんな通貨?

南アフリカランドはアフリカ大陸の最南端に位置する国 南アフリカ共和国で流通されているランドと言う通貨のことです。ISOコードでは「ZAR」と定められています。

イギリス連邦の加盟国である関係もあり、以前は南アフリカポンドと言う通貨が法定通貨でしたが、1961年にランドが導入されて現在に至っています。

2024年5月時点、1南アフリカランドは8.4円前後で推移しています。

南アフリカランドはどのくらい儲かる?|スワップポイントを比較

南アフリカランドはどのくらい儲かる?|スワップポイントを比較

当サイトでご紹介しているFX会社は全て南アフリカランドを取り扱っているようです。まずはその中で南アフリカランドの買いスワップ上位5社をご紹介します。(2024年4月19日時点のスワップ金利)

FX会社名 1日分のスワップ 1年分のスワップ合計※1 レバ3倍での想定利回り
インヴァスト証券インヴァスト証券 193円/日 70,445円/年
193円×365日
約25.1%
(70,445円÷280,000円:10万通貨・レバ3倍)
SBIFXトレードSBIFXトレード 170円/日 62,050円/年
170円×365日
約22.1%
(70,445円÷280,000円:10万通貨・レバ3倍)
みんなのFX(トレーダーズ証券)みんなのFX 166円/日 60,590円/日
166円×365日
約21.6%
(70,445円÷280,000円:10万通貨・レバ3倍)
LIGHT FX(トレーダーズ証券)LIGHT FX 177円/日 64,605円/日
177円×365日
約23.1%
(64,605円÷280,000円:10万通貨・レバ3倍)
外為オンライン外為オンライン 50円/日 18,250円/年
50円×365日
約6.5%
(18,250円÷280,000円:10万通貨・レバ3倍)
GMOクリック証券 180円/日 65,700円/年
180円×365日
約23.4%
(70,445円÷280,000円:10万通貨・レバ3倍)

※1調査日:2024年4月19日のスワップが一年間続いた場合の理論値です
※調査方法:公式サイトのスプレッド一覧を調査

外貨預金(レバレッジ1倍)として考えても南アフリカランド円が約8.4円で10万通貨、つまり約85.5万円になりますので年利が約9.0%程度になります。

銀行預金に比べるととてもお得ですよね。更にFXでは最大レバレッジが25倍までかけれますのでみんなのFXの場合、理論値で年利180%まで上げる事が可能となります。

手数料(スプレッド)はいくらかかる?|スプレッドを比較

手数料(スプレッド)はいくらかかる?|スプレッドを比較

次にどのぐらいコストがかかるのか、南アフリカランド円のスプレッドも比べてみたいと思います。

FX会社名 スプレッド※注_z1 1万通貨あたりのコスト
GMOクリック証券GMOクリック証券 0.9銭 90円
インヴァスト証券インヴァスト証券 1.8銭 158円
SBIFXトレードSBIFXトレード 0.78銭 78円
みんなのFX(トレーダーズ証券)みんなのFX 0.9銭 90円
LIGHT FX(トレーダーズ証券)LIGHT FX 原則固定対象外 -
外為オンライン外為オンライン 15銭 1500円

※調査日:2024年4月19日

南アフリカランド円はFX会社によるスプレッド(コスト)の差が大きいため、スワップポイントでの長期運用がメインの方でも気をつけておきましょう。

南アフリカランドの運用にベストなFX会社は?

南アフリカランドの運用にベストなFX会社は?

FX会社を選ぶポイント

南アフリカランドを主軸にしてFX会社を選ぶ際に以下の3つがポイントとなります。

1スワップ金利

長期運用の場合、スワップは何より大事になります。仮にA社とB社で10円違うと1万通貨で年間3,650円の差異になります。

先程もご紹介しましたが、年間で見ると南アフリカランドのスワップが高い業者と安い業者で1万円以上の差になっていますので、スワップポイントが高いFX会社を選ぶことがどのぐらい重要か、おわかり頂けるかと思います。

2必要証拠金(レバレッジ)

海外FXのように高すぎるレバレッジはリスクが大きく危険ですが、リスク管理さえしっかりしていればレバレッジが高い(必要証拠金が安い)ほうがメリットが大きいのです。

ちなみに現時点での上記5社の南アフリカランド円10万通貨の必要証拠金は以下になります。

  • GMOクリック証券: 約33,600円
  • LIGHT FX: 約33,600円
  • インヴァスト証券: 約33,600円
  • SBI FXトレード: 約33,600円
  • みんなのFX: 約33,600円
  • 外為オンライン: 約33,600円

3南アフリカランドの情報

南アフリカランドはもちろん南アフリカ共和国の国内市況などに影響を受けるものの、基本的な情報としては経済指数をメインに考えて問題ないと思います。
※地政学的なニュース(近隣地での紛争や地震など)は通常の外為ニュースで流れる。

そのため、FX会社を選ぶ際にも南アフリカの政策金利、GDP、貿易収支などの経済指標の情報が手に入るFX会社であることが大前提です。当比較サイトでご紹介している南アフリカランド円を扱う業者はいずれも同情報を公開しています。

加えてチャート分析やポジション・オーダー情報に優れたツールを持つ、FX会社を選ぶほうが勝率が高まると考えられます。

南アフリカランドのスワップ運用向けおすすめ業者

南アフリカランドのスワップ運用向けおすすめ業者

みんなのFX

みんなのFXキャッシュバックキャンペーン
おすすめポイント
  • 南アフリカランドの買スワップが高いだけでなく、メキシコペソやトルコリラも最高水準のスワップ
  • シストレ(自動売買)やバイナリーオプションにも対応
オススメ度NO.1 みんなのFX
スプレッド 買スワップ 売りスワップ 必要証拠金
(レバ25倍)
原則固定対象外 166円/日
60,590円/年
▲166円/日
▲60,590円/年
33,600円
(レバレッジ25倍)

現在キャンペーンで入金・取引に応じて入金額の最大1%をキャッシュバック中のみんなのFXなんと最大20万円キャッシュバックされ得るとのことで狙い目です!

インヴァスト証券

トライオートFXのバナー_728x90
おすすめポイント
  • 南アフリカランド円のスワップが業界最高水準
  • 南アフリカランド円のスプレッドも狭く、コスト面でも優秀
  • スワップ運用対応の自動売買プログラムも提供。初心者もスワップトレードがしやすくて◎
オススメ度NO.2 インヴァスト証券
スプレッド 買スワップ 売りスワップ 必要証拠金
(レバ25倍)
1.8銭 193円/日
70,445円/年
▲293円/日
▲106,945円/年
33,600円
(レバレッジ25倍)

自動売買で有名なインヴァスト証券だからと言って侮ることなかれ。インヴァスト証券の南アフリカランドスワップは現時点で193円という高スワップで提供されています。

同水準で提供され続けるとすれば、一年で「70,445円/10万通貨」およそ「約7万円」もスワップとして受け取れます。

スワップ狙いで南アフリカランドの長期保有を考えているなら、ぜひ持っておきたいFX口座の一つです。

「スワップ運用」に特化した自動売買プログラムがある点も高評価ですね♪、「スワップトレードに興味があるけど難しそう」という初心者ニーズも網羅しており、初心者から人気なのも頷けるFX会社です!

開催中のキャンペーン・特典
[サイト限定]新規開設 最大50,000円+特別レポートプレゼント

GMOクリック証券

GMOクリック証券2024年4月時点での公式HP画像
おすすめポイント
オススメ度NO.3 GMOクリック証券
スプレッド 買スワップ 売りスワップ 必要証拠金
(レバ25倍)
0.9銭原則固定 180円/日
65,700円/年
▲180円/日
▲65,700円/年
33,600円
(レバレッジ25倍)

GMOクリック証券の南アフリカランドはスプレッド・スワップとも平均ですが、強調したいのはなんと言っても売りスワップポイント180円と言う安さ!

南アフリカランドで新規売り注文する場合、売りスワップを支払う必要があるため、GMOクリック証券の低スワップは助かります。

南アフリカランドのQ&A(よくある質問)

南アフリカランドの政策金利を教えて下さい

2024年4月現在 南アフリカランドの政策金利は8.25%です。
これは主要国の中ではトルコリラ、メキシコペソなどに次いで高い政策金利で、これが高いスワップポイントの要因になっています。

FX会社各社の南アフリカランドのスワップポイントについては「南アフリカランドはどのくらい儲かる?|スワップポイントを比較」にまとめていますのでご参考下さい。

南アフリカランドの空売りならどういった口座が良いですか?

米ドル円などのメジャー通貨と比べて南アフリカランドなどのマイナー通貨の場合、基本的にスキャルピングやデイトレードと言った短期売買は向きません。

上記をご理解頂いた上で空売り(新規売り注文)が絡んだ取引を行う場合に気をつける点は以下になります。

  • スプレッドが狭い(安い)
  • スワップポイントが少ない
  • 必要証拠金が安い

当サイトの中ではみんなのFX、またはGMOクリック証券がこの条件を満たす口座になるかと思います。ご参考まで。

南アフリカランドでスワップポイント投資ならどこがオススメ?

「南アフリカランドのスワップ運用向けオススメ業者」でもご紹介しましたが、スワップポイント狙いならみんなのFX(トレイダーズ証券)がオススメです。

スワップポイントランキングで1位になるなど現在、当サイトで調べた業者の中でもトップクラスのスワップポイントを提供してくれるFX口座ですし、他社のようにスワップポイントが毎日変動するわけでは無く、ある程度スワップポイントが安定している点もプラス。常に高いスワップポイントを受け取れます。

スプレッドや必要証拠金も有利で、南アフリカランドの運用にはベターな口座だと思いますので、まだみんなのFXで口座開設をされていない人はご検討されてみてはいかがでしょうか?

南アフリカランドの今後の見通しは?

今後の見通しを断定することはできませんが、注目ポイントとしては

  • 資源価格
  • 消費者物価指数
  • 失業率
  • 政治不安の有無
の4点です

また、南アフリカは資源国通貨なため、エネルギー高はプラス、デフレはマイナスに働きやすい傾向にあります。

利上げが継続されれば買われやすく、失業率や電力供給が足りないなど、国力が落ちると不安定になる可能性があるため注意が必要です。

監修者
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド取締役副社長兼COO 齋藤正勝

齋藤 正勝(さいとう まさかつ)
- 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 取締役副社長 兼 COO
- 株式会社ミンカブアセットパートナーズ(金融商品仲介業 登録申請中) 代表取締役社長
- 株式会社ミンカブ Web3ウォレット 取締役会長 兼 CEO
- 一般社団法人 新経済連盟 幹事
- 一般社団法人 日本デジタル空間経済連盟 理事

銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号の「カブドットコム証券株式会社(現・auカブコム証券株式会社)」の創業者で長く代表取締役社長を歴任。退職後は当社取締役副社長 兼 COOに就任。これまで培った金融関連事業に加え、メタバースやWEB3など新事業にも精力的に取り組む。また個人投資家としても市場に積極的に参加。著書は「本気論―フリーターから東証一部上場企業の社長になった男の成功法」「カブドットコム流 勝ち残り法則80ヵ条 (講談社+α文庫)」など。

 注意事項・補足
  • ■全般
  • ※注_z1: 原則固定 ※例外あり
  • ※注_z2: 原則固定の適用対象外
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ※注_b1: キャンペーンスプレッド含む。詳細は公式HPをご確認ください。
  • ※注_b2: 【口座開設キャッシュバックキャンペーンの適用期間】口座開設申込月から翌月末まで
  • ※注_b3: 【スプレッドの原則固定など】ロシアルーブル円のスプレッドは原則固定の対象外になっております。また、ロシアルーブルの取引単位のみ10,000通貨に設定されています。
  • ※注_b4: 【集計期間】2021/5/10~2022/7/18 【収支プラス率】全通貨ペア:57.96%、米ドル円:82.6 %、中国人民元円:79.9%、メキシコペソ円:76.1% 【累計損益率】メキシコペソ円:20.6%、中国人民元円:17.6%、米ドル円:9.7% 【損益計算式】累計損益=スポット評価損益+スポット確定損益+スワップ評価損益+スワップ確定損益+スワップ振替金額、累計損益率=累計損益/累計購入円価、収支プラス率=累計損益が0より多い方の割合
  • ※注_b5: キャンペーンスプレッド。詳細は公式HPをご確認ください。
  • LINE FX(LINE証券)
  • ※注_c1: 月次でFX口座数を提示しているGMOクリック証券、GMO外貨、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券との比較(2020年3月~9月/LINE証券調べ)
  • マネーパートナーズFX
  • ※注_d1: 1回あたり5万通貨までの取引であれば、24時間米ドル/円を0.0銭のスプレッドで取引できます(5月29日~7月31日)。また、豪ドル/円、ユーロ/円も1万通貨まで、ポンド/円は5,000通貨まで、メキシコペソ/円は3万通貨までスプレッド0.0銭で取引できます。
  • 松井証券 MATSUI FX
  • ※注_e1:取扱通貨ペア(スイス/円、トルコリラ/円、米ドル/スイス、ポンド/スイス、ポンド/豪ドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、GMO外貨)の中央値と比較。2021年12月21日時点、松井証券調べ。広告掲載日:2022年1月4日時点、上記スプレッドは、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。
  • ヒロセ通商(LION FX)
  • ※注_f1: ※注_f1: 米ドル/円、ポンド/円は原則固定でAM10:00~翌AM4:00のスプレッドとなっております。また、ヒロセ通商のユーロ/円は原則固定の対象外となっております。
  • SBI FXトレード
  • ※注_g1:1~100万通貨注文までの基準値
 当サイトでは「金融庁:登録等を受けている業者一覧」に掲載されている証券会社のみをご紹介しております。
おすすめの記事