FXの勉強のやり方は?初心者でもできる効率的な勉強方法を紹介!

FXを始めるときは誰しも

筆者
「FXに興味があるけど勉強は何をしたらいいんだろう」
「FXの利益と勉強ってそこまで関係あるの?」

こうした疑問を抱くことでしょう。結論から言うとFXの勉強はトレードの成績に直結しますし、逆に勉強を怠ると資金を失う可能性が高まってしまいます

この記事では、初心者がFXを勉強するには何から始めればよいのか、どれくらいの期間勉強すれば良いのかをわかりやすく解説します。

FX取引を始める前の「手順書」として役立てていただければ幸いです。

【FXの勉強方法・やり方の流れ】
  1. FXの勉強はまず「FXの仕組み・特有の用語」を覚える
  2. FXの取引に必要な「注文・決済方法」や「資金管理方法」を学ぶ
  3. FXの勉強の要!利益を出すために必要な「分析方法」を学ぶ
  4. 「デモトレード」を活用して勉強した知識のアウトプット
  5. FXの勉強成果を確かめるため「少額」で実践取引をする
  6. FXの勉強に終わりなし。トレード毎に「自己分析」&反省点や良かったポイントをノートにとる
\ 楽しくFXの勉強するなら!/

FXの勉強をする意味ある?

FXの勉強をする意味はある?

結論からいうと、FXの勉強をする意味は大いにあります。具体的な理由は以下の2つ。

FXの勉強をする意味・メリット
  • 勉強なしで取引すると資金を失う可能性が大きくなる
  • 一度知識を身につければ安定収益を狙える
  • それぞれの理由について簡単に解説します。

    勉強なしで取引すると資金を失う可能性大

    FXを始めるうえで、FX用語や分析の知識、資金管理の方法などを身につけず「習うより慣れよ精神」で取引をしてしまうと、すぐに資金が無くなってしまう可能性が高くなります

    せっかく新しいお金を増やす手段として「FXをはじめよう!」というのに、資金を失ってしまったら本末転倒です。

    特に、

    • FXの仕組み
    • 資金管理
    • 注文方法・決済方法

    などの知識は最低限身につけておかないと、大損失を招きかねません

    参考:FXはやめとけと言われる本当の理由は?失敗の回避法・稼ぐコツも紹介!

    一度知識を身につければ安定収益を狙える

    一度身につけた知識は、今後の取引でずっと活かすことができます。

    もちろん知識量と利益が完全に比例するわけではありません。

    しかし、「勉強していない人」より「しっかりと勉強した人」のほうが利益を得られる可能性は高まります

    FX取引において、「知識」は大きな武器となるため、必ず身につけるようにしましょう。

    FXの勉強に必要な時間・期間の目安

    FXの勉強に必要な時間・期間の目安

    FXの勉強をするうえで「勉強にどれくらい時間をかければ良いのか」を知らないと、勉強の終わりが見えずメリハリがなくなってしまいます

    逆に勉強時間の目処が立っていれば、メリハリも付いて「より効率的に勉強」することがで可能になります

    この章では「FXの勉強に必要な時間はどれくらいなのか」を説明していきます。

    本やウェブサイトを使った「座学」に必要な時間

    FXの勉強」と聞くと多くの人が本やウェブサイトなどを使って学ぶ「座学」を思い浮かべると思います。

    この段階で学ぶ主な内容としては、

  • FXの仕組み
  • FXの専門用語
  • 注文方法・決済方法
  • 取引ツール・FXスマホアプリの機能
  • テクニカル分析の種類
  • ファンダメンタル分析の種類
  • などが挙げられます。

    必要勉強時間の目安としては、「2週間〜2ヶ月程度」と考えておきましょう。

    筆者
    なぜ2週間〜2ヶ月程度なのかというと、FXは実際の取引でしか学べない要素も多いため、時間をかけすぎず、少なすぎずのちょうど良いラインが「2週間〜2ヶ月」だと考えられるからです!

    デモトレードや少額取引など「実践練習」に必要な時間

    知識が身に付いたら次は、「知識を使う」つまり「実践的な勉強」をする必要があります。

    具体的には、デモトレード少額取引を通じて、身につけた知識をアウトプットするイメージです。

    「実践的な勉強」の例
  • 勉強したテクニカル分析を実際にスマホ・PCツール上で行ってみる
  • デモトレードでさまざまな注文方法を試してみる
  • 色々なおすすめ通貨ペアで取引をしてみる
  • 損切り・利確を実際に行う
  • これらを行うことで、知識の正しい使い方がわかり、利益に一歩近づくことができます

    この実技に必要な勉強時間は「半年〜1年程度」と考えておきましょう。

    細かくいえば、ある程度安定して利益をあげられるようになったら本格的な取引に移るべきタイミングといえます。

    FXの勉強で初心者が抑えるべきポイント

    FXの勉強で初心者が抑えるべきポイント

    つづいては、FXの勉強をするうえで必ず押さえておきたいポイントを紹介します。

    FXの勉強をするうえで必ず押さえておきたいポイント
    1. 取引前
    2. 取引中
    3. 利益を狙う

    それぞれのタイミングでどんな知識が必要になるのか見ていきましょう。

    取引をする前に知っておきたいFX知識

    FX取引をするためには、「FXの基本的な仕組み」と「専門用語」を覚える必要があります。主に押さえていきたいのは以下3項目です。

    取引をする前に知っておきたいFX知識
  • FXの仕組み
  • FXの取引時間中
  • FX特有の用語
  • FXの仕組み

    まず「FXの仕組み」をおおまかに理解しましょう。

    FXは「Foreign eXchange」の略語で正式には「外国為替証拠金取引」といいます。

    言い換えれば「外国の通貨」を「証拠金(資金)」をつかって取引するのがFXということです。

    仕組みとしては非常にシンプルで、証拠金を使い「通貨価格(レート)が安いときに買い、高いときに売る」もしくは「通貨価格(レート)が高いときに売り、安いときに買い戻す」ことで利益が得られます

    例)米ドル/円を取引する場合
    1. 証拠金(自己資金)をFX口座に入金
    2. 米ドル/円の買い注文/売り注文をする
    3. 予想通りに価格が動けば利益獲得(決済注文)
    米ドル円取引

    詳しくは、「【初心者向け】FXとは?」で解説しています。

    FXの取引時間

    仕組みの次は、「いつ取引できるのか」を理解していきます。

    FXは、原則として24時間(平日)取引が可能です。そのため、会社員、主婦問わず誰でも取引しやすくなっています。

    理由は以下画像の通り、東京市場が閉まってもロンドン市場、ニューヨーク市場...と随時開場していくからです。

    FXの勉強為替取引の時間帯
    筆者
    為替という世界単位で動く取引だからFXは原則24時間取引ができるんですね!

    FX特有の用語

    取引前に勉強すべき最後のポイントは「FX特有の用語」です。

    FXには、以下のように専門用語が存在します。ここでは特に重要度の高いものを紹介しておきます。

    FX特有の用語(重要度高め)

    証拠金

    FX取引に必要な資金のこと。

    レバレッジ

    証拠金を担保に自己資金以上の金額での取引を可能にする仕組みのこと。
    FXでは最大で証拠金の25倍の金額まで取引できます。

    参考:【図解あり】FXのレバレッジとは?わかりやすく簡単に解説

    スプレッド

    FXにおける実質的な取引コストのことで、買値と売値の差額を意味します。1通貨取引するのに必要なコストということです。

    例)米ドル/円
    買値:110.005円
    売値:110.007円
    スプレッド:0.2銭(0.002円)
    参考:スプレッドとは

    通貨ペア

    取引する通貨の組み合わせのこと。FXでは二つの通貨を「通貨ペア」として取引します。

    参考:FX初心者におすすめの通貨ペア/おすすめできない通貨ペアは?理由もわかりやすく解説

    スワップポイント

    通貨ペア間の金利差によって生じる損益のこと。通貨ペアごとに貰える/支払うスワップポイントが日々決められています。

    参考:スワップポイントとは?|スワップで稼ぐならオススメ通貨ペアはコレだ!

    スリッページ

    注文を出した価格と、実際に取引が成立した価格との差額のこと。

    110円で注文したのに、110.1円で成立した場合は、10銭スリッページが発生したことになります。

    取引単位

    FX会社ごとに決められている、取引する際の最低通貨量(まとまり)のこと。

    1通貨、100通貨、1000通貨、1万通貨の5種類がメジャーです。

    デモトレード

    仮想資金を使ってトレードの練習をすること。FX会社が提供するデモ口座を使って取引をします。
    参考:デモトレードとは

    取引をするうえで知っておきたいFX知識

    つづいては、「いざFX取引をするぞ!」となった際、必ず必要になる知識を紹介します。

    FX取引をするうえで欠かせない知識は以下の4点です。

    取引をするうえで知っておきたいFX知識
  • 注文方法
  • 決済方法
  • 資金管理の方法
  • 利確・損切りのポイント
  • 注文方法

    注文方法を知らずして、FX取引をすることはできません。まずは、どんな注文方法があり、どんな特徴を持った注文方法なのかを理解しておきましょう。

    代表的な注文方法

    成行注文

    「今」買うもしくは売ることができる価格で約定(注文成立)する注文方法。

    指値注文

    あらかじめ価格を指定して、「価格が上昇」して指定した価格より「高く」なる、もしくは「価格が下落」して指定した価格よりも「安く」なると約定する注文方法。上昇トレンドでの順張り投資損切り用として使われることが多い。

    IFD注文

    新規注文が成立すると、あらかじめ設定しておいた決済注文が発注される注文方法のこと。IF(もし)この注文が成立したら決済注文を「DONE(する)」と覚えて置きましょう。

    OCO注文

    2種類の新規注文を同時に出して、どちらかが成立したらもう一方の注文が自動キャンセルされる注文方法。利益確保損切り両方をカバーできるので便利。

    IFO注文

    IFDOCOを組み合わせたのがIFO注文。まずIFD注文が行われ、最初の注文が成立したらOCO注文の特徴である2種類の決済注文が同時にだされます。

    決済方法

    注文して約定したポジションはいずれ「決済」する必要があります。

    主な決済注文の方法は以下の3種類

    成行注文

    今注文ができる価格で決済する決済方法。スキャルピングなどの短期トレードでよく使います

    指値注文

    注文方法と同じく、決済する価格を指定できる決済方法。決済注文として指値注文を使う際は、約定しないと含み損が膨らむ可能性があるので注意。

    一括決済注文

    同一通貨ペアの持っているポジション一括で決済する決済方法。持っているポジションをまとめて成行注文するものとして覚えておきましょうー。

    資金管理の方法

    資金管理は、「ポジション管理」とも呼ばれていて、運用資金(証拠金)ポジション(投資額)のバランスを調整する行為のことを指します。

    この資金管理を怠ると、ポジションを持ちすぎて「強制ロスカット」されてしまったり、博打に近い高レバレッジ取引になってしまいます。

    そうならないためにも、自分の資金ではどれくらいのポジションが適切なのかデモトレなどを通じて事前に調べておきましょう。

    利確・損切りのポイント

    取引するうえで、最も重要なのが「利確」と「損切り」の基準を作ることです。明確な基準なしに取引をつづけると、いつのまにか資金が枯渇…なんてことになりかねません。

    利確、損切りの基準は取引実力や性格によって異なるため、一概には言えませんが「損小利大(利益を伸ばして損は小さいうちに切る)」の考えをもとに

  • 「何%の利益で利確したら良いのか」
  • 「損切りは何%下落したら行うのか」
  • デモトレードで何回も実証実験してみましょう。

    利益狙うために知っておきたいFX知識

    FXは、取引するだけで利益を狙うことは難しいです。利益をしっかりとあげるためには、「利益をあげる戦略」練る必要があります。

    利益を追求するうえで最低限必要になる知識は以下の2点。

    利益狙うために知っておきたいFX知識
  • テクニカル分析
  • ファンダメンタル分析
  • 初心者がつまづきやすい部分でもあるため、1つずつ理解していくことをおすすめします。

    テクニカル分析

    テクニカル分析とは、過去の値動きを「チャート」で表し、チャートから今後の値動きの予想をする分析手法のこと。

    そして、テクニカル分析には「テクニカル指標」という指標が使われます。それぞれ用途や特徴が決まっているので、主なテクニカル指標の用途は抑えておきましょう。

    移動平均線
    FXの勉強「移動平均線」

    ​​FXトレーダーなら誰でも利用するテクニカル。一定期間の通貨レートを平均化して表示したもので、トレンドが上向きか下向きか、パッと見ですぐに分かる便利なチャートです。

    MACD
    FXの勉強「MACD」

    トレンド系でもありオシレーター系としても活用できる貴重なチャート。

    チャートにはMACD線とシグナル線の二つが表示されているのが特徴です。

    2つのラインが0ラインより下にあり、且つMACD線がシグナル線を下から上に抜いたら「買い」、2つのラインが0ラインより上にあり、且つMACD線がシグナル線を上から下に抜いたら「売り」サインとなります。

    ボリンジャーバンド
    FXの勉強「ボリンジャーバンド」

    上の移動平均線を活用したのがボリンジャーバンド。

    基準となるのが移動平均線で、その上と下に3本の線(場合によっては1~2本)が表示されています。通貨レートは一番上の線(3α)と一番下の線(-3α)内に留まる可能性が高く、もし3αを越えたら売りサイン-3αを越えたら買いサインとなります

    RSI
    FXの勉強「RSI」

    オシレーター系テクニカルで代表的なチャート、RSI。指標が30%以下になると売られすぎサインで、その状態でRSIラインが反転した時が「買い」、逆にRSIラインが70%以上になると買われすぎのサインとなり、ラインが70%以上の状態で反転した時が「売り」となります。

    ストキャスティクス
    FXの勉強「ストキャスティクス」

    こちらもオシレーター系テクニカルチャートですが、大きな特徴は「レンジ相場」で使いやすいテクニカルチャートという点です。一定の範囲内でレートが動いている状態のレンジ相場で、指標が70%以上で「売り」サインとなり、30%以下は「買い」サインとなります。

    ファンダメンタル分析

    ファンダメンタル分析は、テクニカル分析と異なり

  • 各国の経済状況
  • 経済指標の発表
  • 要人発言
  • などを材料に今後の相場予想をする分析方法のこと。

    特に「重要経済指標」の発表時には、大きく相場が動くことがあるので、以下の4つの経済指標は必ず抑えておきましょう。

    FOMC

    米国の中央銀行にあたる「連邦準備制度理事会(FRB)」が開く会合のことで、「米国の政策金利」が決定されます。基軸通貨である「ドル」を発行する米国の「金利」はFXにおいて最重要項目となるので覚えておきましょう。

    非農業部門雇用者数

    その名のとおり、「農業以外の労働者数」の増減を公表するのが「非農業部門雇用者数」です。米国の景気を反映する指標として扱われます。

    生産者物価指数(PPI)

    生産者物価は、米国内の製造業者の販売価格を調査したもので、1982年の平均物価を「100」として算出されます。この指標は「米国の物価」つまり、インフレ度合いを測る指数として用いられます。

    貿易収支

    米国の輸出した金額」と「輸入した金額」の差額を表す経済指標米国はいつも「輸入額>輸出額」となっているため、差額は赤字になります。この赤字の額の大小によって「貿易の状況」を判断します。

    テクニカル分析、ファンダメンタル分析の他にも

  • 通貨ペアの特徴
  • トレードスタイルの確立
  • トレードツール・スマホアプリへの慣れ
  • なども、利益を出す上で重要な要素になります。そのため、

  • 各通貨ペアの特徴・自分との相性
  • どんなトレードスタイルがあり、どれが向いているのか
  • 自分が使っているFX会社のトレードツール・アプリのマニュアル
  • は、一度調べておくことを推奨します。

    FXの勉強の仕方・流れ

    FXの勉強の仕方・流れは「6ステップ」

    FXの勉強で学ぶべきことの全体像を把握したところで、次は、「FXの勉強の仕方・流れ」を簡単に紹介します。

    具体的な勉強手順は以下のとおりです。

    1:FXの仕組み・特有の用語を覚える

    まずは、「取引をする前に知っておきたいFX知識」で紹介した、FXの全体像と基礎知識を抑えましょう全体像を知っているだけで、その後の理解スピードや効率もあがります

    2:FXの取引に必要な「注文・決済方法」や「資金管理方法」を学ぶ

    次は、「取引する上で必要になる知識」を身につけます。ここを怠ってしまうと相場にあった注文、決済をすることが難しくなるので注意です。また、勉強の段階で「資金管理(ポジション管理)」も学んでおきましょう。事前準備がFX取引の成績に直結します

    3:FXの仕組み・特有の用語を覚える

    ここからは、少し専門性が増してきます。利益を追求するためには「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の知識を身につける必要があります。

    まずは「利益狙うために知っておきたいFX知識」で紹介した重要要素をしっかりと理解しましょう。両者ともに多く知っているから有利というわけではなく、「使いこなせる知識の精度」が重要なので覚えておきましょう。

    4:FXの仕組み・特有の用語を覚える

    知識のアウトプットがある程度済んだら、FX会社が無料提供している「デモトレード」で、取引の練習をしましょう

    デモトレードで自己資金が減ることはありませんが、今までインプットした知識をアウトプットする場だと思い、緊張感を持ってトレードすることが大切です。

    案外スムーズに取引できなかったり、分析方法の甘さを実感することもありますが、それは大切な成長材料です。

  • 自分のクセ
  • 身に付いていない知識
  • 不足している知識
  • など、気づきがあればノートに控えるなどしてみましょう。

    5:FXの仕組み・特有の用語を覚える

    デモトレである程度、

  • ポジションの持ち方
  • 利益の狙い方
  • 損切りのタイミング
  • テクニカル/ファンダメンタル分析の仕方
  • が掴めてきたら、いよいよ自己資金でトレードしてみましょう。ただ、初めから大金を動かそうとすると正常な判断ができなくなる可能性が高いため、1万円程度の少額から初めるのがおすすめです。

    ちなみに少額から取引できる主なFX会社は以下の通りです。

    少額から取引できる主なFX会社

    関連記事:FXの少額取引におすすめのFX口座を紹介|FXは少額から始められるの?

    6:FXの仕組み・特有の用語を覚える

    少額取引でも、利益がでるようになったらあとは「自己研鑽」あるのみ。自分のトレードを毎回分析して、「なぜ勝てたのか」逆に「なぜ負けたのか」を必ず考えるようにしましょう。

    以上が、FXの効率的な勉強手順になります。

    まとめ

    今回は、今からFXを始める人向けに「FXの勉強方法」について解説してきました。

    絶対的な正解はないものの、「必ず覚えなければいけない知識」は存在しますから、自分のペースでコツコツ勉強をつづけて「利益を出せるトレーダー」を目指しましょう。

    FXの勉強方法に関するQ&A

    FXの勉強に意味はありますか?

    はい。利益を出しているトレーダーほど勉強熱心で常に改善点を探している人が多いです。特に初心者であれば、FXの仕組みなどを理解していないと資金を失いかねませんから、しっかりと勉強をすることをおすすめします。

    FXの勉強にはどれくらいの時間を当てればよいですか?

    目安としては、知識のインプットに「半月〜2ヶ月程度」、知識のアウトプットに「半年〜1年程度」を目安に勉強してみましょう。知識は一度身につけてしまえばあとはずっと使うことができるので、初期コストだと思って時間を多めにとってみてください。

    FXの勉強するうえで気をつけるべきことがあれば教えてください

    知識のインプットに偏りすぎないようにしましょう。知識を取り入れることも大切ですが、FXでは「知識を使いこなす」必要があります。デモトレや少額取引を通じて知識のアウトプットにも時間を割くよう心がけましょう。

     注意事項・補足
    • ■全般
    • ※注_z1: 原則固定 ※例外あり
    • ※注_z2: 原則固定の適用対象外
    • GMOクリック証券
    • ※注_a1: ファイナンス・マグネイト社調べ (2020年1月~2021年12月)
    • 外為どっとコム
    • ※注_b1: 【対象期間】2022年3月7日(月)午前9時~2022年4月2日(土)午前3時 【時間帯】対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
    • ※注_b2: 【口座開設キャッシュバックキャンペーンの適用期間】口座開設申込月から翌々月末まで
    • ※注_b3: 【スプレッドの原則固定など】トルコリラ/円、ロシアルーブル円のスプレッドは原則固定の対象外になっております。また、ロシアルーブルの取引単位のみ10,000通貨に設定されています。
    • LINE FX(LINE証券)
    • ※注_c1: 月次でFX口座数を提示しているGMOクリック証券、外貨ex byGMO、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券との比較(2020年3月~9月/LINE証券調べ)
    • マネーパートナーズFX
    • ※注_d1: 1回あたり3万通貨までの取引であれば、24時間米ドル/円を0.0銭のスプレッドで取引できます。また、ポンド/円、ユーロ/円も3万通貨まで表示スプレッド、豪ドル/円は5万通貨まで表示スプレッドで取引できます。
    • 松井証券 MATSUI FX
    • ※注_e1:取扱通貨ペア(スイス/円、トルコリラ/円、米ドル/スイス、ポンド/スイス、ポンド/豪ドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、外貨ex byGMO)の中央値と比較。2021年12月21日時点、松井証券調べ。広告掲載日:2022年1月4日時点、上記スプレッドは、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。
     当サイトでは「金融庁:登録等を受けている業者一覧」に掲載されている証券会社のみをご紹介しております。
    おすすめの記事