最新スワップポイント一覧・比較|スワップ運用向きの業者やオススメ通貨も!

FXの世界では通貨を売買するとき、通貨の金利格差による銀行金利のようなものが発生します。「スワップポイント」や単に「スワップ」などと呼ばれるものです。

スワップポイントはFX会社により大きく違いますので, こちらのページでしっかり確認しましょう。
※参考:スワップポイントとは?

スワップポイントおすすめランキング

ranking

各社発表のスワップをもとに「スワップポイントが有利なFX業者」の上位3社をランキングします。”ランキングのポイント”で詳しく説明しますが、単純に買いスワップポイントだけで無く、売りスワップにも着眼して順位をつけています。
>> スワップ比較はこちら

みんなのFX

みんなのFX スワップno.1チャレンジ12
おすすめポイント
  • キャンペーンで『実質業界最高水準のスワップ』を提供!
  • ポンド/円スワップもトップクラス
  • スプレッドも◎

ポンド/円はじめ通常スワップが非常に高いことに加えて現在、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円で”スワップポイントが他社より1円でも安い場合は差額をキャッシュバックするキャンペーンを実施中(口座開設後に別途申込みが必要です)。

このキャンペーンのおかげで、たとえ付与されたタイミングのスワップが他社より安かったとしても、最終的には「最高水準」のスワップ分の金額がもらえます

つまり<<期間中は業界最高スワップポイントを提供!>>
スワップポイントの運用にはかかせない業者ですね♪

みんなのFXのスワップポイント一覧
ポンド/円
※1万通貨
メキシコペソ/円
※10万通貨
南アフリカランド/円
※10万通貨
33円/日 112円/日 102円/日
↓1年間運用した場合の利益(概算)↓
12,045円/年 40,880円/年 37,230円/年
開催中のキャンペーン・特典
[サイト限定]新規口座開設 最大53,000円キャッシュバック

LIGHT FX

LIGHT FX スワップ
おすすめポイント
  • みんかぶFXランキングでスワップ部門3年連続No1!
  • 高金利通貨のスワップポイントが全体的に高い!
  • 売りスワップもお得♪

みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営するFX口座ですが、LIGHTFXでは他社と比べて高金利通貨のスワップポイントを高く設定していることが多く、また売りスワップポイントも多くの通貨ペアで買いスワップと同額(買いスワップが10円/日の場合、売りスワップは▲10円/日)になっており他社よりも売りから入る(空売り)場合のコストを安く抑えることができます
※参考:売りから入る(空売り)とは?|売りポジションってなに?

FXでは新規買建て(買いポジション)だけではなく、売建て(売りポジション)も重要な戦略ですので、どちらも有利に働くのは嬉しい限りですね♪
※参考:FXのポジションとは?

LIGHT FXのスワップポイント一覧
トルコリラ/円
1万通貨
メキシコペソ/円
※10万通貨
南アフリカランド/円
※10万通貨
23円/日 131円/日 100円/日
↓1年間運用した場合の利益(概算)↓
8,395円/年 47,815円/年 36,500円/年
開催中のキャンペーン・特典
[サイト限定]新規開設 最大53,000円キャッシュバック

トライオートFX(インヴァスト証券)

トライオートFXのバナー_728x90
おすすめポイント
  • トルコリラ/円、南アフリカランド/円で業界最高水準のスワップを提供
  • スワップ運用を前提としたシステムトレード自動売買もあり!
  • FXだけではなくETFの自動売買もおすすめ♪

インヴァスト証券と言えばシステムトレード自動売買のイメージが強いですが、トルコリラ/円を中心とした高金利通貨のスワップポイントも優遇されています。トルコリラ/円で為替差益+スワップ益の両方を狙う自動売買もあるなど、『自動売買+スワップポイント』を狙うことができる点もポイント!
※参考:システムトレード自動売買とは?

またETF(CFD)で自動売買ができるトライオートETFも同時に口座開設(もちろん口座開設無料です)できます。私含めて”インヴァスト証券から離れられないユーザが増加中”なのも納得してしまいますね(*´∀`*)

インヴァスト証券のスワップポイント一覧
米ドル/円
※1万通貨
トルコリラ/円
1万通貨
南アフリカランド/円
※10万通貨
30円/日 23円/日 90円/日
↓1年間運用した場合の利益(概算)↓
10,950円/年 8,395円/年 32,850円/年
開催中のキャンペーン・特典
[サイト限定]新規開設 最大50,000円+特別レポートプレゼント

スワップランキングの評価ポイント

今回 スワップランキングは代表的な通貨ペアの買いスワップと売りスワップの差分を評価ベースにしました。 買いスワップのみで評価しようとも思いましたが、やはり売りスワップの安さも重要だと考えて今回は上記の評価方法としました。
ちなみに買いスワップだけで評点すると外為オンラインヒロセ通商などの業者も上位に並びます。

またスワップ狙いでなくても(売買差益狙いであっても), 長期投資は可能ですので 売りスワップが気になる方は スワップ比較 の「売り」の部分を ご覧頂ければと思います。

為替差益を狙った FXトレードは勝つことも負けることもありますが, スワップ狙いは投資の視点も長期的な考えになるため, 精神的にも安心して取引できる と言うメリットも有ります。

FX会社のスワップポイントを比べる

comparison

次にFX業者のメイン通貨でのスワップポイント一覧を掲載します。買いor売りスワップの項目の買いは「通貨を買ったときに毎日貰えるスワップ(買いスワップ)」のこと、売りは「通貨を売ったときに毎日支払うスワップ(売りスワップ)」のことです。

詳細はあとで説明しますのでここでは「買いスワップは多いほど良い」「売りスワップは少ないほど良い」と覚えてください。
>> スワップのおすすめFX会社ランキングはこちら

為替通貨別のスワップ一覧(買い・売り)

FX会社名
(詳細ページへ)
買い or 売り スワップ一覧
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 南アフリカ
ランド円
GMOクリック証券GMOクリック証券 買いスワップ 31円 -7円 46円 4円 17円 66円
売りスワップ -34円 4円 -49円 -7円 -22円 -96円
外貨ex byGMO(旧YJFX!)外貨ex byGMO 買いスワップ 30円 -25円 43円 4円 16円 71円
売りスワップ -50円 5円 -63円 -24円 -36円 -271円
DMM FXDMM FX 買いスワップ 35円 -8円 46円 8円 25円 70円
売りスワップ -38円 5円 -49円 -11円 -28円 -100円
外為どっとコム外為どっとコム 買いスワップ 22円 -26円 36円 3円 13円 70円
売りスワップ -47円 6円 -56円 -18円 -33円 -170円
SBIFXトレードSBIFXトレード 買いスワップ 31円 -11円 41円 5円 17円 91円
売りスワップ -35円 6円 -46円 -10円 -22円 -121円
みんなのFX(トレーダーズ証券)みんなのFX 買いスワップ 29円 -7円 33円 4円 10円 102円
売りスワップ -32円 5円 -36円 -4円 -10円 -102円
インヴァスト証券インヴァスト証券 買いスワップ 30円 -30円 44円 5円 20円 90円
売りスワップ -53円 7円 -69円 -59円 -71円 -190円
LIGHT FXライトFX 買いスワップ 29円 -7円 33円 4円 10円 100円
売りスワップ -32円 5円 -36円 -4円 -10円 -100円

※全て10,000通貨売買時のスワップを表示
※調査日:2022年5月15日
※調査方法:公式サイトのスワップ一覧を調査し14日間平均を算出
※ランド円は10万通貨で計算

高金利通貨を1年運用した場合のスワップ

続いて, 高金利通貨を長期運用した場合にFX会社によってどのくらいスワップに違いが出るのか, 人気の通貨ペア「南アフリカランド円」「トルコリラ円」「メキシコペソ円」の3つを1年間運用した場合のスワップポイントを一覧表にします。1日では数円~数十円の違いしか出ませんが, 長期運用では業者のスワップ差で 収益に大きな差が出ることが わかりますね。

ちなみにスワップポイントは1年に365日分付与されますので、『 調査日のスワップポイントが1年間続いた 』と仮定して算出してみます。

1年間保有した場合のスワップポイント
取引会社名 南アフリカランド円 トルコリラ円 メキシコペソ円
GMOクリック証券GMOクリック証券 24,090円 8,030円 38,690円
外貨ex byGMO(旧YJFX!)外貨ex byGMO 25,915円 8,395円 39,420円
DMM FXDMM FX 25,550円 取り扱いなし 40,150円
外為どっとコム外為どっとコム 25,550円 8,030円 35,405円
SBIFXトレードSBIFXトレード 33,215円 8,030円 43,800円
みんなのFX(トレーダーズ証券)みんなのFX 37,230円 8,979円 40,880円
インヴァスト証券インヴァスト証券 32,850円 8,395円 取り扱いなし円
LIGHT FXライトFX 36,500円 8,395円 47,815円

スワップ比較の評価ポイント

一般的な比較サイトでは「買いスワップ」を並べて”高い方がお得”としています。当サイトでも状況によりそのように表現する場合もありますし、基本的には「スワップポイントが高い方が投資家にメリットがある」と言うのはFXユーザの共通認識としてあります。
ただ、一つだけご注意いただきたいのはスワップポイントはコストになる場合もあると言う点です。

金利が低い日本円で別の通貨を買う際はほとんど問題にはならなのですが、FXには売り注文があります。日本円を売り注文した場合は売りスワップを払う必要があるのです。※上表では「売り」の行に記載しています。

売り注文をよく出す方は「買いスワップが高いFX会社」だけでなく「売りスワップが安いFX会社」も比較して口座開設されることをオススメします。

スワップポイントに関するQ&A(よくある質問)

トルコリラのスワップポイントが高い業者を教えて下さい

調査したFX会社の中では、外為オンライン27円/日)が最も高く、続いてみんなのFX24.6円/日)がトルコリラ/円のスワップポイントを高く提供しています。
※2022年5月15日時点

トルコリラのスワップポイントを始め、スプレッドや必要証拠金など、トルコリラの詳細は「トルコリラってどんな通貨?|トルコリラ取引向きのFX会社をスワップなどで比べてみた」で説明していますので合わせてご確認下さい。

メキシコペソのスワップポイントが高い業者を教えて下さい

調査したFX会社の中では、LIGHT FX131円/日)が最も高く、続いてヒロセ通商(LION FX)121円/日)がメキシコペソ/円のスワップポイントを高く提供しています。
※2022年5月15日時点

メキシコペソのスワップポイントを始め、スプレッドや必要証拠金など、メキシコペソの詳細は「メキシコペソってどんな通貨?|メキシコペソ取引向きのFX会社をスワップなどで比べてみた」で説明していますので合わせてご確認下さい。

南アフリカランドのスワップポイントが高い業者を教えて下さい

調査したFX会社の中では、みんなのFX102円/日)とLIGHT FX100円/日)の2社が最も高いスワップポイントを提供しています。
※2022年5月15日時点

売りスワップが安いFX会社はどこですか?

売り注文時に付与される売りスワップはマイナス(コスト)になることが多いため、ショートが多い方は売りスワップが安い業者を選択することが重要です。

通貨ペアによってスワップが変わるため、詳細についてはスワップ一覧表をご覧頂きたいですが、GMOクリック証券のスワップポイントは全体的に売りスワップが有利です。

FX初心者におすすめの高金利通貨はどれですか?

高金利通貨で有名なのは「トルコリラ」だと思いますが、政治不安が大きく2021年12月には7円を割る場面も見受けられました、そのため、比較的ゆるやかな上昇トレンドを形成している「メキシコペソ」からチャレンジすることをおすすめします。

初心者におすすめの通貨ペアは、「FX初心者におすすめの通貨/おすすめできない通貨」で解説しています。

トルコリラなどの高金利通貨を低リスクで運用する方法はありますか?

為替差損が気になる場合には、複数回に分けてポジションを持つのがおすすめです。買付タイミングを分けることで高値掴みのリスクを下げられます。

購入タイミングを考えるのが面倒な場合には、自動で買い付けてくれる「FX積立」を利用するのも一つの手です。

>>FX積立とは

※スワップに関するご注意事項※
スワップポイントはその時々の金利水準によって受取または支払の金額が変動したり、場合により受取・支払の関係が逆転する場合があります。
 注意事項・補足
  • ■全般
  • ※注_z1: 原則固定 ※例外あり
  • ※注_z2: 原則固定の適用対象外
  • GMOクリック証券
  • ※注_a1: ファイナンス・マグネイト社調べ (2020年1月~2021年12月)
  • 外為どっとコム
  • ※注_b1: 【対象期間】2022年3月7日(月)午前9時~2022年4月2日(土)午前3時 【時間帯】対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
  • ※注_b2: 【口座開設キャッシュバックキャンペーンの適用期間】口座開設申込月から翌々月末まで
  • ※注_b3: 【スプレッドの原則固定など】トルコリラ/円、ロシアルーブル円のスプレッドは原則固定の対象外になっております。また、ロシアルーブルの取引単位のみ10,000通貨に設定されています。
  • LINE FX(LINE証券)
  • ※注_c1: 月次でFX口座数を提示しているGMOクリック証券、外貨ex byGMO、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券との比較(2020年3月~9月/LINE証券調べ)
  • マネーパートナーズFX
  • ※注_d1: 1回あたり3万通貨までの取引であれば、24時間米ドル/円を0.0銭のスプレッドで取引できます。また、ポンド/円、ユーロ/円も3万通貨まで表示スプレッド、豪ドル/円は5万通貨まで表示スプレッドで取引できます。
  • 松井証券 MATSUI FX
  • ※注_e1:取扱通貨ペア(スイス/円、トルコリラ/円、米ドル/スイス、ポンド/スイス、ポンド/豪ドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、外貨ex byGMO)の中央値と比較。2021年12月21日時点、松井証券調べ。広告掲載日:2022年1月4日時点、上記スプレッドは、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。
 当サイトでは「金融庁:登録等を受けている業者一覧」に掲載されている証券会社のみをご紹介しております。
おすすめの記事