プライオリティ・パス付帯のクレジットカード|家族や同伴者は?

PR

当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。

「プライオリティ・パス」があれば、海外の空港ラウンジが使えます。

プライオリティ・パス提示で入れる空港ラウンジでは「飲食」「Wi-Fi無料」「シャワー」など様々なサービスを受けながらゆったりと飛行機を待てて便利!

「でもプライオリティ・パスって高いんでしょ?」と思いがちですが、実は「プライオリティ・パスが無料で付帯するクレジットカード」を選べばかなりお得なんです。

編集部
カード年会費1万円程度でプライオリティ・パスが持てちゃう場合も!

本記事では「プライオリティ・パスが無料で付帯するクレジットカード」を厳選して紹介します!

\迷った時はこれ!/

プライオリティ・パス付帯クレジットカード8選

みんかぶchoice厳選の「プライオリティ・パス付帯のクレジットカード」を8枚紹介します!

ランキング算定基準
  • 年会費の安さ
  • プライオリティ・パスの種類(プレ・ステージか否か)
  • 日本国内で使える空港ラウンジ数
  • 同伴者無料の有無や家族カードへの付帯

  • ※これら項目を独自に点数化してランキングしています
    編集部
    カード年会費1万円程度でプライオリティ・パスが持てちゃう場合も!

    楽天プレミアムカード

    楽天プレミアムカードの券面画像

    評価ポイント
    • 年会費が11,000円!本記事では最安値の年会費
    • 国内主要空港&ハワイでも使えるラウンジあり
    • 高還元だから普段使いにも◎

    楽天プレミアムカード「年会費11,000円(本記事内では最安値!)」でプライオリティ・パス(プレ・ステージ)が付帯するコスパの高さが魅力的!

    楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスが無料

    最高5,000万円の旅行保険や国内主要空港ラウンジが使えるなど、ゴールドカードらしいスペックもきちんと備わっています。

    編集部
    楽天市場では還元率5%以上(条件・上限有)という高還元率なのもgood!
    楽天プレミアムカードの詳細
    申し込み資格 20歳以上の安定収入のある方
    年会費 11,000円
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 ×
    家族カード プライオリティ・パスなし
    海外旅行保険 最高5,000万円
    (自動付帯は4,000万円まで)
    空港ラウンジ 国内主要33空港・ハワイ
    楽天プレミアムカードのキャンペーン
    • 新規入会&利用で最大8,000ポイントプレゼント!(12/18 10時まで)

    三菱UFJカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンパールの券面画像

    評価ポイント
    • 完全ナンバーレスで安心
    • 不正利用検知も24時間対応
    • 利用通知もほぼリアルタイム!

    三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは「家族カードにもプライオリティ・パス付帯可能」なのがうれしい!

    プラチナカードですが「年会費22,000円」という持ちやすさも評価ポイントです。

    編集部
    プラチナカードらしい「コンシェルジュサービス」なども使えます!
    三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
    申し込み資格 20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
    年会費 22,000円
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 ×
    家族カード プライオリティ・パス付帯可
    海外旅行保険 最高1億円(自動付帯は5,000万円まで)
    空港ラウンジ 国内主要32空港・ハワイ
    三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのキャンペーン
    • ご入会&ご利用で最大15,000円相当の特典プレゼント
    • セブン-イレブン、ローソンでいつでもご利用金額の5.5%相当をグローバルポイントで還元!(基本ポイント0.5%+スペシャルポイント5.0%)

    JCBプラチナ

    JCBプラチナの券面画像

    評価ポイント
    • プレ・ステージのプライオリティ・パス付帯
    • 家族カードにもプライオリティ・パス付帯可!
    • 保険や海外ホテルサービスが充実

    JCBプラチナ「本人・家族カードにプライオリティ・パス付帯可能」のプラチナカード!

    「24時間対応のコンシェルジュ」「対象海外ホテルで優待あり」というJCBカードらしいハイステータスなサービスも魅力的です。

    編集部
    国内主要空港ラウンジは同伴者1名無料です!
    JCBプラチナの詳細
    申し込み資格 満25歳以上、ご本人に安定継続収入のある方
    年会費 27,500円
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 ×
    ※プライオリティ・パス以外の空港ラウンジは1名無料
    家族カード プライオリティ・パス付帯可
    海外旅行保険 最高1億円
    空港ラウンジ 国内主要32空港・ハワイ
    JCBプラチナのキャンペーン
    • 新規入会&Amazon.co.jpで利用で最大30,000円キャッシュバック!(2024/3/31まで)
    • Apple Pay・Google Payご利用分最大3,000円キャッシュバック(2024/3/31まで)
    • 対象期間中に新規入会&利用で27,500円(初年度年会費)キャッシュバック(2024/3/31まで)
    • 家族カード入会で最大4,000円分キャッシュバック!(2024/3/31まで)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に最大1,500円分キャッシュバック!(2024/3/31まで)

    JCBゴールド ザ・プレミア

    JCBゴールド ザ・プレミアの券面画像

    評価ポイント
    • 年会費1万円台でプライオリティ・パス!
    • 主に国内でグルメ&宿泊の優待充実

    JCBゴールド ザ・プレミアはJCBゴールドからのインビテーションが必要ですが、1万円台の年会費でプライオリティ・パスがもてるコスパの良さがメリットです。

    「JCB京都ラウンジが使える」「対象の国内グルメやホテルの優待がお得」など国内旅行メインの方にも恩恵があります。

    編集部
    もちろん国内主要空港ラウンジも使えます!
    JCBゴールド ザ・プレミアの詳細
    申し込み資格 招待のみ(JCBゴールド利用者で条件達成した方)
    年会費 16,500円
    ※11,000円+サービス年会費5,500円
    ※年間100万円利用でサービス分の年会費無料
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 ×
    家族カード プライオリティ・パスなし
    海外旅行保険 最高1億円(※2023年4月1日から利用付帯)
    空港ラウンジ 国内主要32空港・ハワイ
    JCBゴールドのキャンペーン
    • 新規入会&Amazon.co.jpで利用で最大23,000円キャッシュバック!(2024/3/31まで)
    • Apple Pay・Google Payご利用分最大3,000円キャッシュバック(2024/3/31まで)
    • 家族カード入会で最大4,000円分キャッシュバック!(2024/3/31まで)
    • お友達紹介キャンペーン!紹介者・被紹介者に最大1,500円分キャッシュバック!(2024/3/31まで)

    エポスプラチナカード

    エポスプラチナカードの券面画像

    評価ポイント
    • 年会費2万円台(*)でプライオリティ・パス付帯
    • プライオリティ・パス以外の空港ラウンジは同伴者1名無料

    エポスプラチナカードは「年会費2万円台(*)でプライオリティ・パス付帯」というコスパ良好なプラチナカード!

    「プライオリティ・パス以外の対象空港は同伴者1名無料」のため、国内旅行でもラウンジを無料で使えます。

    なお、「エポスカードからのインビテーションかじぶんでお申込」のどちらかで新規入会ができますが、エポスカードからのインビテーションの方が年会費がお得なため、可能ならインビテーションを狙うのがおすすめ!

    エポスプラチナカードの詳細
    申し込み資格 18歳以上(学生不可)安定した継続収入がある方
    年会費(*) インビテーション:2万円
    通常:3万円
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 ×
    ※プライオリティ・パス以外の空港ラウンジは1名無料
    家族カード ×
    海外旅行保険 最高1億円
    空港ラウンジ 国内主要20空港・ハワイ
    エポスカードのキャンペーン
    • 新規入会で2,000円相当のエポスポイントプレゼント

     注意事項・補足:年会費
    • エポスカードからのインビテーション:年会費2万円
    • 通常年会費は3万円、ただし年間100万円以上利用で翌年以降の年会費は2万円

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンプラチナビジネスアメックスの券面画像

    評価ポイント
    • プライオリティ・パス付帯の法人カード
    • 一流ホテル等で使える優待「オントレ entrée」

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプライオリティ・パス付帯おすすめ法人カードです。

    さらに、一流ホテル・レストラン・スパなどで贅沢な時間を過ごせる「オントレ entrée」というサービスが付帯しています。

    対象ホテルでは、宿泊料割引、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト などの特典が受けられます。

    編集部
    個人事業主や経営者の方におすすめ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
    申し込み資格 個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)
    年会費 22,000円
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 ×
    家族カード ×
    海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
    空港ラウンジ 国内主要32空港・ハワイ
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのキャンペーン
    • 初年度年会費無料!

    ラグジュアリーカード

    ラグジュアリーカードの券面画像

    評価ポイント
    • プライオリティ・パスが無料付帯(別途登録必要)
    • 国内・韓国の空港ラウンジも使える
    • 世界3,000以上のホテルで優待あり

    ラグジュアリーカードは「プライオリティ・パス無料」の高ステータスカードです。

    年会費55,000円ですが、プライオリティ・パスだけでなく「国内主要空港&韓国の空港ラウンジが無料で使える」「世界中のホテルでアップグレードなどができるグローバル・ラグジュアリーホテルアップグレード」など、ハイステータスカードでしか体験できないサービスや優待が充実しています!

    編集部
    宿泊予約サイトでも割引があります!
    旅行関連の主な特典
    • プライオリティ・パスが無料付帯(同伴者は有料)
    • 世界3,000以上のホテルでアーリーチェックインなどができるグローバル・ラグジュアリーホテルアップグレード
    • Agodaなどの宿泊予約サイトで最大12%割引優待
    • 海外旅行保険は最高1.2億円
    ラグジュアリーカードの詳細
    申し込み資格 20歳以上(学生不可)
    年会費 55,000円
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 有料
    家族カード プライオリティ・パス付帯可
    海外旅行保険 最高1.2億円(自動付帯)
    空港ラウンジ 国内主要空港・韓国

    UCプラチナカード

    UCプラチナカードの券面画像

    評価ポイント
    • 年6回まで「プライオリティ・パス」が無料で使える
    • 回数制限がある分年会費がお得

    UCプラチナカードは、年6回まで「プライオリティ・パス」が無料で使える という珍しいシステムのクレジットカードです。

    回数制限はありますが その分プラチナカードの中では年会費がお手頃なので、6回で足りるという方にはうってつけのカードと言えるでしょう。

    家族カード会員の方も、本カード会員の方と同じ条件で利用が可能です。

    UCプラチナカードの詳細
    申し込み資格 安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)
    年会費 16,500円(税込)
    プライオリティ・パス 年6回まで無料
    同伴者 有料
    家族カード 3,300円(税込)
    海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
    空港ラウンジ 国内主要32空港・ハワイ
    UCプラチナカードのキャンペーン
    • 現在開催中のキャンペーンはありません

    アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

    アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの券面画像

    評価ポイント
    • プライオリティ・パスが同伴者1名無料!
    • 家族カードもプライオリティ・パス付帯

    アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは「プライオリティ・パスが同伴者も1名無料」なのがまさにハイステータスなところです!

    「家族カード(4枚まで無料!)もプライオリティ・パス付帯可能」のため、合計6名が無料で一緒にプライオリティ・パス対象の空港ラウンジに入れます。

    編集部
    年会費は高めですが、同伴者1名が無料になるプライオリティ・パスは貴重!
    アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの詳細
    申し込み資格 20歳以上(安定収入のある方)
    年会費 143,000円
    プライオリティ・パス プレ・ステージ
    同伴者 1名無料
    家族カード 4枚までプライオリティ・パス付帯可
    海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
    空港ラウンジ 国内主要32空港・ハワイ

    プライオリティパス付きカードの比較一覧

    比較のポイント

    プライオリティ・パス付のクレジットカードは「年会費」「プライオリティ・パス以外の空港ラウンジ」「海外旅行保険」などを比べると良いでしょう。

    プライオリティ・パス自体が無料でも、カード年会費が高いと維持コストがかかりますし、国内旅行中心なら日本で使える空港ラウンジが多い方が何かと便利です!

    カード名 年会費
    (本人/家族)
    同伴者(*1)
    家族カード(*2)
    海外旅行保険
    空港ラウンジ(*3)
    楽天プレミアムカード楽天プレミアム
    カード
    本人同伴者海外旅行保険
    11,000円×最高5,000万円(*4)
    家族家族カード空港ラウンジ
    550円付帯無し国内主要33空港
    ハワイ
    三菱UFJプラチナアメックス三菱UFJカード
    ・プラチナ
    ・アメリカン
    ・エキスプレス
    ・カード
    本人同伴者海外旅行保険
    22,000円×最高1億円
    家族家族カード空港ラウンジ
    1名無料
    2枚目から3,300円
    付帯可国内主要32空港
    ハワイ
    JCBプラチナJCB
    プラチナ
    本人同伴者海外旅行保険
    27,500円×最高1億円
    家族家族カード空港ラウンジ
    1名無料
    2枚目から3,300円
    付帯可国内主要32空港
    ハワイ
    JCBゴールドプレミアJCB
    ゴールド
    ザ・プレミア
    本人同伴者海外旅行保険
    16,500円(*5)×最高1億円(*6)
    家族家族カード空港ラウンジ
    1名無料
    2枚目から1,100円
    ×国内主要32空港
    ハワイ
    エポスプラチナエポス
    プラチナ
    カード
    本人同伴者海外旅行保険
    招待:20,000円(*7)
    通常:30,000円
    ×最高1億円
    家族家族カード空港ラウンジ
    なし(*8)×国内主要20空港
    ハワイ
    セゾンプラチナビジネスアメックスセゾン
    プラチナ
    ・ビジネス
    ・アメリカン
    ・エキスプレス
    ・カード
    本人同伴者海外旅行保険
    22,000円×最高1億円
    (利用付帯)
    家族家族カード空港ラウンジ
    --国内主要32空港
    ハワイ
    ラグジュアリーカードラグジュアリー
    カード
    本人同伴者海外旅行保険
    55,000円×最高1.2億円
    (自動付帯)
    家族家族カード空港ラウンジ
    16,500円付帯可国内主要空港
    韓国
    UCプラチナカードUCプラチナカード本人同伴者海外旅行保険
    16,500円
    プライオリティパスは
    年6回まで無料
    ×最高1億円
    (利用付帯)
    家族家族カード空港ラウンジ
    3,300円付帯可
    年6回まで無料
    国内主要空港
    ハワイ
    アメックスプラチナアメリカン
    ・エキスプレス
    ・プラチナ
    ・カード
    本人同伴者海外旅行保険
    143,000円最高1億円
    (利用付帯)
    家族家族カード空港ラウンジ
    4枚まで無料付帯可国内主要32空港
    ハワイ

    ※調査日:2023年9月7日
    ※調査方法:公式サイトから各調査データを取得

     注意事項・補足
    • ※注1:プライオリティ・パス対象空港に同伴者が無料で入れるかを記載
    • ※注2:家族カードにもプライオリティ・パス付帯可能かを記載
    • ※注3:プライオリティ・パス対象以外のカードラウンジを指します
    • ※注4:自動付帯は最高4,000万円
    • ※注5:11,000円+サービス年会費5,500円、年間100万円利用でサービス年会費無料
    • ※注6:※2023年4月1日から利用付帯
    • ※注7:エポスカードからの招待または年間100万円以上の利用で翌年以降2万円
    • ※注8:エポスファミリーゴールドカードのみ

    プライオリティ・パス付きクレジットカード比較:4つのポイント

    プライオリティ・パス付きのクレジットカードは「年会費を重視するのか」「他のサービス(旅行保険など)もハイクラスにしたいか」で選び方が大きく変わります。

    編集部
    目的にあったプライオリティ・パス付帯クレジットカードを選びましょう!

    クレジットカード年会費をチェック

    まずチェックしたいのが「プライオリティ・パス付きクレジットカードの年会費」です。

    本記事で紹介しているカードはプライオリティ・パスの「プレ・ステージ(US469ドル)」が無料のため、クレジットカード本体の年会費が安ければ安いほどお得度は増します。

    例えば楽天プレミアムカードは11,000円でプレ・ステージが持てるため、「プライオリティ・パス」を持つという意味ではかなりコスパが良いといえます。

    編集部
    とはいえ、年会費が高いプラチナカードならコンシェルジュや優待サービスが充実しています!

    家族や同伴者は無料?

    次に家族や同伴者にも目を向けてみます。

    プライオリティ・パスはプレ・ステージ会員であっても原則同伴者は有料です。

    しかし、クレジットカードの中には「家族カードにもプライオリティ・パスが付帯できる」ものもあります。

    例えば三菱UFJカード プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードJCBプラチナは家族カードにもプライオリティ・パスを付けられます。

    編集部
    夫婦でプライオリティ・パス対象のラウンジが使えますね!

    国内空港ラウンジもチェック!

    ゴールドカード以上なら「カードラウンジ」を使える場合が多いですが、使える空港数はカード会社(または券種)によって異なります。

    「プライオリティ・パスよりも国内旅行での空港ラウンジがメイン」という方は、日本国内の使える空港ラウンジ数を事前に調べておくと良いでしょう。

    なお、JCBプラチナなどプラチナカード以上なら「空港ラウンジ同伴者1名無料」の場合もあります!

    旅行保険やホテルサービスなども

    プライオリティ・パスだけでなく「旅行保険(特に自動付帯の金額)」や「ホテル・グルメの優待サービス」を意識するなら「プラチナカード」以上を選ぶのもおすすめ!

    プラチナカード以上となると年会費は多く必要ですが、その分「24時間コンシェルジュサービス(チケットや有名レストランの予約を代行してくれるなど)」など、一般カードでは味わえないハイステータスなサービスを受けられます。

    編集部
    なるべく安くプライオリティ・パスをゲットしたいか総合的にハイレベルなサポートを受けたいかで判断するとよさそう!
    プライオリティ・パス付帯クレジットカード比較まとめ
    • 年会費重視なら楽天プレミアムカードなどがおすすめ
    • コンシェルジュサービスなども視野に入れるならプラチナカード系を選ぼう!

    プライオリティパスとは?

    プライオリティ・パスとは

    「プライオリティ・パス」世界148ヶ国以上、1,300個所以上の空港ラウンジが使えるサービスです。

    サービス内容は空港によりますが、飲食(アルコール含む)や無料Wi-Fi、新聞雑誌の閲覧やシャワールームなどがあり、フライトの待ち時間を快適に過ごせます。

    プライオリティ・パスは1992年の創業以来、頻繁に旅に出る方々に、世界各地の空港の独立系ラウンジへのアクセスを提供してきました。
    現在も、弊社のラウンジネットワークは拡大し続けています。

    引用元:プライオリティ・パス公式サイト

    編集部
    日本にも「羽田空港」「成田空港」「中部国際空港」「関西国際空港」「福岡空港」にプライオリティ・パス対象のラウンジがあります!

    本章では「プライオリティ・パスの基礎知識(金額や使い方)」を解説します。

    プライオリティ・パスの種類は?

    プライオリティ・パスは3つの料金体系(ステージ)があります。

    「プライオリティ・パス対象の空港ラウンジが使える」という基本的なサービスは同じですが、無料で入場できる回数などに差が生じます。

    参考:プライオリティ・パスの種類
    金額(*) スタンダード スタンダード・プラス プレ・ステージ
    年会費US99ドル
    (日本円:およそ12,941円)
    US329ドル
    (日本円:およそ43,007円)
    US469ドル
    (日本円:およそ61,307円)
    利用料
    (本人)
    1回US35ドル10回まで無料
    その後は1回US35ドル
    無料
    (回数制限なし)
    利用料
    (同伴者)
    原則US35ドル原則US35ドル原則US35ドル

    ※調査日:2023年3月28日
    ※調査方法:プライオリティ・パス公式サイトから各調査データを取得
    ※2023年3月28日時点の1ドル=131円で計算、最新レートはご自身でご確認ください

    本記事の「プライオリティ・パス付きクレジットカードランキング」で紹介したカードはすべて「プレ・ステージ」が無料付帯!

    つまり、本来ならUS469ドル(およそ4~6万円)かかるプライオリティ・パスの年会費が無料になっています!

    編集部
    楽天プレミアムカードなら年会費11,000円だけでプライオリティ・パス(プレ・ステージ)が付いてくるのはすごい!

    プライオリティ・パスの申込方法は?

    プライオリティ・パスはクレジットカード発行と同時に送られてくるわけではなく、各カード会社経由で発行申請が必要です。

    ほとんどのカード会社で「会員サイト(またはアプリ)」「カード会社のコールセンター」にて対応してくれます。

    注意点として、プライオリティ・パス会員証が届くまでに数週間~数ヶ月かかるため、「来月の海外旅行や出張に欲しい!」という場合は間に合わないこともあります。

    編集部
    プライオリティ・パスに魅力を感じる場合にはお早めに申し込んでおきましょう!

    プライオリティ・パスの使い方は?

    プライオリティ・パスの使い方はとても簡単です。

    プライオリティ・パスの使い方
    1. プライオリティ・パス対象の空港ラウンジへ行く
      ※対象空港ラウンジは公式サイトで検索できます
    2. :受付でプライオリティ・パス会員証と当日の搭乗券を提示
    編集部
    会員証はカードタイプの他にデジタルタイプもあります!

    同伴者がいる場合は、後日カード会社経由で本人会員のカードに請求があります。

    プライオリティ付帯クレジットカードに関するQ&A

    プライオリティパス付きのクレジットカードはどれがいいですか?

    楽天プレミアムカードはカード年会費11,000円でプライオリティ・パスが持てるためおすすめです!国内主要空港ラウンジも使えますし、海外旅行保険も付帯のカードです。

    家族カードにもプライオリティ・パスを付けられる三菱UFJカード プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードJCBプラチナも年会費とサービスのバランスが優れています。

    参考:空港ラウンジが無料のクレジットカード9選

    そもそもプライオリティパスとは?

    プライオリティ・パス会員になれば、世界140ヶ国・1,300ヶ所以上の空港ラウンジが使えます。

    プライオリティ・パス対象の空港ラウンジでは飲食や新聞雑誌の閲覧、無料Wi-Fiの利用などができ、搭乗前の待機時間をゆったりと過ごすことが可能です。

    プライオリティ・パス付帯クレジットカードなら同伴者も無料ですか?

    原則プライオリティ・パスはカード会員にしか付帯されず、同伴者はUS32ドルの支払いが必要です。

    しかし、JCBプラチナなど家族カードにもプライオリティ・パスが付帯できるカードを活用すれば、配偶者など家族会員も無料で入場できます。

    なお、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードのように、ごく一部のプラチナカードでは1枚のプライオリティ・パスで同伴者が無料になるものもあります。

    日本国内でもプライオリティパスが使える空港ありますか?

    日本でも「羽田空港」「成田空港」「中部国際空港」「関西国際空港」「福岡空港」の5空港にプライオリティ・パス対象のラウンジがあります!

    プライオリティパスと空港ラウンジ無料の違いは?

    いわゆる「空港ラウンジ」は「カードラウンジ」「航空会社のラウンジ」「プライオリティ・パス」があります。

    ゴールドカードなどで「空港ラウンジ無料」と言われている場合は、「カードラウンジ」が対象です。カードラウンジはゴールドカードなど対象クレジットカードと搭乗券を提示すれば使えます。

    プライオリティ・パスは専用ラウンジのため、プライオリティ・パス会員証と搭乗券が必要です。

    おすすめの記事