DMM Bitcoinの分析ツールとレポートで仮想通貨取引を有利に!

取引ツールに定評のあるDMM Bitcoinの取引に役立つ便利なサービスを紹介します。

最短当日から取引スタート!/

マーケットレポート

DMM Bitcoinは、ほぼ毎日マーケットレポートを配信しています。

参考:マーケットレポート(DMM Bitcoin)

レポートの対象は、ビットコインやイーサリアムなどの主要暗号資産のみならず、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)やクアンタム(QTUM)などの小型のアルトコインの分析も行われています。

視覚的に分かりやすいチャートの説明の他、銘柄別変動率やボラティリティの表も確認できます。

chart ボラティリティ表

どの暗号資産を売買すれば良いのか分からない場合は、マーケットレポートをヒントにしてみてはいかがでしょうか。

比較チャート

DMM Bitcoinのパソコン版取引ツールは、注文、分析、カスタマイズ性が高くなっています。

  • レイアウト変更が自由で、自身の好みの画面に変更可能
  • 豊富なテクニカル指標・描写機能
  • 多くの注文に対応しており、チャートから注文も可能

DMMグループは、FXも提供しているのですが、その取引ツール設計を踏襲した取引画面となっています。

テクニカル指標は、トレンド系が8種類、オシレーター系が10種類と充実。

おすすめの機能が、「メニュー」から呼び出せる「比較チャート」です。最大4つの銘柄の値動きを比較できる取引補助機能です。

これを使うことで、期間中にどの銘柄を買えば最大限のパフォーマンスが得られたのか、一目で確認することができます。

比較チャート

またDMM Bitcoinには、「相関分析」と「データ差分分析」という他の比較チャートにはない項目があります。

相関分析

相関分析とは、2つのデータの相関性の高さを表す指標です。相関係数が1に近づくほど正の相関の関係が高くなり、-1に近づくと負の相関の関係が高くなります。また、0に近づくほど相関性は無関係になります。およそ0.6以上で、相関性はそれなりにあるといわれています。

デフォルトのパラメーターは20となっており、過去20の期間の相関分析を行うことになります。

これにより、ビットコインとライトコインの値動きの相関性が高いのかどうか、また相関性はどれくらいか、などを把握することができます。

データ差分分析

基準の銘柄と選択された比較銘柄との差を表示します。

次のチャートを見ると、BTC/JPYとETH/JPYの差分はほとんどないものの、LTC/JPYとBCH/JPYの差分は30%以上あることが分かります。

これらを見ることで、どの仮想通貨を購入すれば高い利益を得ることができるのかの参考とすることができるのです。

スマホでスピード本人確認が便利

DMM Bitcoinの口座申し込みは、オンラインで簡単に行うことができます。またスマートフォンだけでも解説は可能です。口座申し込み時に、本人確認書類と顔写真を撮影しアップロードすることができます。書類を郵送する必要もなく、郵送物の受け取りすら不要となります。こうすることで、最短で口座開設申し込み当日中に取引を開始することができます。

このオンラインで完結するスピード口座申し込みは、DMMグループでは『スマホでスピード本人確認』というサービスです。

参考:『スマホでスピード本人確認』とは?

通常の申込みと『スマホでスピード本人確認』の違い(DMM Bitcoin)

 

●動画で解説!『スマホでスピード本人確認』の操作方法

DMM Bitcoinは11種類の暗号資産の取引が可能となっており、口座開設手数料や口座維持手数料はもちろん、出金手数料、ロスカット手数料、そしてBitMatch取引手数料を除く取引手数料が無料となっています。

また顧客サポートはLINEも可能となっており、365日(受付時間:7時~22時)のカスタマーサポート体制が整っています。

今なら、新規口座開設を行った人全員に1,000円をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

この機会に、暗号資産へ投資を行う準備としてDMM Bitcoinへ申し込んでみてはいかがでしょうか。

\もれなく1,000円キャッシュバック!/

DMM BitcoinのQ&A(よくある質問)

メリット・デメリットを教えて下さい

DMM Bitcoinには以下のようなメリット・デメリットがあります。

DMM Bitcoinのメリット

  • 取り扱い暗号資産の数が多い(11通貨)
  • 2Way price方式の価格提供
  • FX取引と変わらない機能を実現した高機能なスマホアプリ・PCツール
  • FX業界大手のDMMグループ

DMM Bitcoinのデメリット

  • スプレッドが広い時がある
  • 取引所取引がない

口座開設は誰でもできますか?

年齢が20歳以上」「国内在住」など、DMM Bitcoinの開設基準を満たしている必要があります。

デモ口座はありますか?

ありません。

どのような暗号資産を取り扱っていますか?

DMM Bitcoinでは現在、以下の11通貨を取り扱っています。

【取扱い通貨ペア一覧】

BTC,ETH,XRP,LTC,BCH,XEM,XLM,BAT,MONA,QTUM,ETC

アプリはありますか?

スマートフォン版取引システムアプリがあります。iOSとAndroidの両方で利用できます。

どんな人にDMM Bitcoinはオススメですか?

FX経験者にオススメです。FX取引アプリに近い設計のスマホアプリを提供しています。

FX業界大手DMMグループ!/
おすすめの記事