【口座開設】DMM Bitcoinの登録方法と手順を画像で分かりやすく説明

暗号資産(仮想通貨)を取引するためには、交換業者に口座開設を行う必要があります。

でも、初めて口座開設する人は、何を準備すれば良いのか、どういった手順なのか、開設条件や料金をが分からなくて不安ですよね。

大手交換業者のDMM Bitcoinでは、口座を申し込みを全てオンラインで完結。申し込み完了から最短1時間以内に取引ができる場合もあります。

そんなDMM Bitcoinの口座開設に関して、画像付きで分かりやすく説明します。

申し込みは20分ほどで完了しますので、このページを見ながら申し込みをしてみてください。

https://minkabu.co.jp/choice/wp-admin/post.php?post=2844&action=edit
最短当日から取引スタート!/

1.口座開設条件

まずはDMM Bitcoinに口座開設ができる人はどのような人なのか、主な開設条件を確認しておきましょう。

(1)満20歳以上満75歳未満の行為能力者であること
(2)日本に居住
(3)公金取扱者(銀行、農業・漁業の協同組合、クレジットカード会社、リース会社などのノンバンク、国、地方公共団体その他公益機関、民間企業等における金銭、有価証券等の取扱いに直接又は間接に関わる者)
(4)DMM Bitcoinが取り扱う暗号資産の発行者及び管理者や関係会社及び主要株主など

ほとんどの方は、1,2の条件を満たしていれば大丈夫でしょう。

年齢と日本に住んでいることが重要で、運用会社や暗号資産の発行体及び関わっている会社に勤務していると開設できない場合があります。

詳しくは、DMM Bitcoinの「サービス基本約款」をご覧ください。

2.準備物

口座開設を行う前に、以下のものを準備しておきましょう。

  • メールアドレス
  • SMS認証のための携帯電話番号
  • 身分証明書
  • 銀行口座

身分証明書として利用できるモノは以下の通りです。

アップロードの際に、『スマホでスピード本人確認』と通常の申し込み(本人確認書類アップロード )では提出物の点数が異なります。

『スマホでスピード本人確認』を利用の場合

以下の本人確認書類の1点を提出

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 在留カード

 『本人確認書類アップロード』を利用の場合

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード又は特別永住者証明書
  • その他、各種保険証及び住民票の写し等

これらの証明書類は、コピーではなく原本を撮影したものでないとアップロードしても承認されないので気をつけてください。

3.口座開設手順

それでは、DMM Bitcoinの口座開設の具体的な手順を画像とともに説明していきます。

パソコンの方が入力が楽という場合もありますが、『スマホでスピード本人確認』 の方が便利です9割の人が利用しているそうです。そのため、スマートフォンで申し込みを行うことをオススメします。

▼口座開設申し込みの流れ

1.メールアドレスの登録
2.情報入力
3.本人確認
4.口座開設審査
5.口座開設完了 取引スタート!

①まずは申し込み画面へ

DMM Bitcoinのページでメールアドレスを登録することからスタートです。

「まずはかんかんメール登録!」よりメールアドレスを登録しましょう。

送られてきたメールに記載されているURLより、パスワードの登録や書面への同意に進みます。

次にユーザー情報の入力に進みます。

名前や住所などのに加えて、職業や資産状況を入力します。

続いて、本人確認の書類提出となります。

『スマホでスピード本人確認』と『本人確認書類アップロード』がありますが、提出書類が1つで済み書類の受け取りの必要がない『スマホでスピード本人確認』が便利です。

▼スピード本人確認の様子

本人確認書類を提出すると、携帯電話番号認証の画面になります。

電話番号を入力し、受け取ったSMS(電話番号のショートメッセージ)の6桁の番号を入力すると申し込み作業は完了です。

『本人確認書類アップロード』を行った場合は、自宅にハガキが郵送さます。それに記載されている認証コードを入力することで、取引などが可能となります。

4.スマホでスピード本人確認とは?

『スマホでスピード本人確認』とは、口座開設時の本人確認をスマートフォンを使うことでオンラインで完結させる方法です。通常、ハガキに記載されている認証コードを入力することで、口座開設が完了となります。しかし『スマホでスピード本人確認』 の場合は、それが不要で本人確認書類の提出も1点のみとなります。

また、口座開設のスピードも違います。

通常の口座開設では、最短で翌日から取引となりますが、『スマホでスピード本人確認』を利用し7時-22時の間に口座開設申込をすると、最短1時間以内に取引をすることも可能だそうです。

そのため、今すぐビットコインを買いたいなどといった最短で取引を開始したい方にはおすすめの申し込み方法です。

『スマホでスピード本人確認』の利用率は、2021年3月時点において口座開設申込件数の約9割にもなるそうです。

通業の本人確認書類の提出よりも、少しだけ多く撮影するだけ済みます。

コチラの動画でも、スマホでスピード本人確認の良さと使い方ついて知ることができます。


その後に、マイナンバー確認書類のご提出とSMS認証を行えば、直ぐに審査が開始されます。

最短で1時間後には口座開設が完了し、入金を行えば取引を行うことが可能となります。

※通常は、マイページログイン後、受け取った郵送物に記載されている認証コードを入力していただくことで本人確認手続きが完了します。


DMM Bitcoinは多くの手数料が無料で、スマートフォンアプリが使いやすいことが人気です。また、毎日のマーケットレポートやLINEでのサポートも行っているなど、ユーザーフレンドリーな暗号資産交換業者です。

そして、今なら新規口座開設を行った人全員に2,000円をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

まだ口座を持っていない方は、この機会に口座開設を行ってみてはいかがでしょうか。

\もれなく2,000円キャッシュバック!/

DMM BitcoinのQ&A(よくある質問)

メリット・デメリットを教えて下さい

DMM Bitcoinには以下のようなメリット・デメリットがあります。

DMM Bitcoinのメリット

  • 取り扱い暗号資産の数が多い(12通貨)
  • 2Way price方式の価格提供
  • FX取引と変わらない機能を実現した高機能なスマホアプリ・PCツール
  • FX業界大手のDMMグループ

DMM Bitcoinのデメリット

  • スプレッドが広い時がある
  • 取引所取引がない

口座開設は誰でもできますか?

年齢が20歳以上」「国内在住」など、DMM Bitcoinの開設基準を満たしている必要があります。

デモ口座はありますか?

ありません。

どのような暗号資産を取り扱っていますか?

DMM Bitcoinでは現在、以下の12通貨を取り扱っています。

【取扱い通貨ペア一覧】

BTC,ETH,XRP,LTC,BCH,XEM,XLM,BAT,MONA,QTUM,ETC,OMG

アプリはありますか?

スマートフォン版取引システムアプリがあります。iOSとAndroidの両方で利用できます。

どんな人にDMM Bitcoinはオススメですか?

FX経験者にオススメです。FX取引アプリに近い設計のスマホアプリを提供しています。

FX業界大手DMMグループ!/
おすすめの記事