ビットコインが大暴落!絶好の買い場が到来か?急落の原因を説明

2017年1月に10万円だったビットコインは11月10日には780万円を付けるほど78倍も大きく上昇しました。しかし、この上昇と同時にビットコインの暴落が年に何度も発生します。

最近では、11月26日にオミクロン株の発生で株式、為替市場が急落し、ビットコインも1日で80万円ほどの暴落に見舞われました。また12月3日から4日にかけては、中国恒大集団(エバーグランデ)の債務問題が再燃し、650万円から520万円へと130万円の暴落が発生しました。

2021年の一番大きな暴落は、4月半ばに700万円を突破した後に600万円に下落。その後も反発せずに5月19日には320万円台まで急落したことがあります。最高値の700万円からは50%ほどとなりますが、ほとんど毎年このような暴落相場が繰り返されています。

●ビットコインの価格推移(2020/10 ~ 2021/11)

ビットコインは、なぜ度々暴落が起きるのでしょうか?

暴落が起きる原因と、今後の上昇が期待できる材料や分析モデル、著名人が大量にビットコインを購入していることについて解説します。

>>ビットコイン/仮想通貨の始め方・やり方はこちら

ビットコイン暴落の原因

ビットコインが暴落する大きな要因としては、主に次の3つが考えられます。

  • 米国や中国などの大国の仮想通貨規制
  • 株式市場や為替市場の暴落
  • 仮想通貨の大きなイベントや材料で大きく上昇した後の反動

2021年の最大の暴落をひとつ解説しましょう。

2021年の大きな下落の起点となった5月12日に、大手米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスクCEOがツイッターで「テスラ車のビットコインによる購入を認めない方針」だと発信しました。

なぜ、このツイートでビットコインが急落したのでしょうか?

実は、テスラは2月に会社資産の7%にあたる1600億円規模のビットコインを購入していました。その量は4万3200BTCにも上っており、これが市場で売却されるのではないかと考えた投資家が慌ててビットコインを売却したためだと考えられます。

その後、イーロン・マスク氏は保有するビットコインの売却は否定しました。

しかし、これまで加熱していた仮想通貨市場は下落トレンド入りとなり、売りが売りを呼ぶ展開になりました。

特にバブル相場と呼ばれていたドージコインは、60円台から25円まで下落するなど厳しい値動きとなりました。

◆ドージコイン(DOGE)のチャート 出所:みんかぶ暗号資産 期間:2021/3/25~2021/5/25

ビットコインは毎年50%の下落を経験

もうビットコインは終わったのか、、。

そう考える人もいるかもしれません。

しかし、2017年から2021年の5年間を振り返ってみると、ビットコインは高値から一度は50%以下に下落しているのです。

▼過去4年間の高値からの下落幅

2017年:238万円 → 64万円 174万円下落
2018年:94万円 → 35万円  59万円下落
2019年:150万円 → 70万円  80万円下落
2020年:115万円 → 41万円  74万円下落


2021年:700万円 → 320万円  380万円下落

少し内容を見ておくと、2017年はビットコインやリップルなどの認知度拡大による仮想通貨ブームが起きて相場が過熱。バブル的な上昇を演じた反動で急落しました。

2018年は、当時時価総額が5番目程度だったビットコインキャッシュのアップデートを巡ってマイナー同士が争いを巻き起こしたことで相場が急落。これはマイニングの力を示すハッシュパワーのシェア争いであったことから、「ハッシュ戦争」との呼ばれました。

2019年は、ビットコインが30万円台から150万円まで大きく上昇しました。

ヘッジファンドや401kなどでの仮想通貨運用が人気になってきたほか、NY証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所グループのビットコイン先物取引サービスが開始されるということで非常に話題となりました。

しかし、そのサービスの盛り上がりはイマイチとなり、相場はダラダラと下落していきました。 

2020年はご存知の通りコロナショックによる世界的な金融危機により、110万円台で推移していたビットコインは瞬間的に40万円台まで急落しました。しかし、その後は大規模な金融緩和により1か月半で100万円を回復するに至りました。

このように、急落した原因は違えども、ビットコインの50%以上の下落は毎年起きていることなのです。

過去のビットコイン急落のキッカケのまとめ

  • 2017年9月:中国で仮想通貨の交換業者の運営が禁止
  • 2018年1月:バブル的な仮想通貨市場の過熱が終焉へ
  • 2018年11月:ビットコインキャッシュの分裂騒動(ハッシュ・ウォー)
  • 2019年7月:Bakktのビットコイン先物、G20での仮想通貨規制を懸念した需要の高まりのピーク
  • 2020年2月:コロナによる金融市場不安による急落
  • 2021年5月:コインベースの上場を通過し材料出尽くし

ビットコインは今後上昇するのか?著名人の多くが購入へ

大きく急落したビットコインですが、今後は上昇するのでしょうか?

相場の先行きは誰にも分かりませんが、明るい大きなニュースがあります。

ブロックチェーン・仮想通貨業界の著名人で、トロン(TRON)プロジェクトの創設者のジャスティン・サン氏がビットコインとイーサリアムを300億円ほど購入したとツイートしました。

同氏は、世界一の投資家とも呼ばれるウォーレン・バフェット氏とのランチを5億円で落札したことでも有名です。

また、ビットコインを世界一保有する企業のマイクロストラテジー社も5月18日に1億円ほどの追加購入を行っています。

また、過去のビットコインの値動きと大枠では合致しているストックフローモデルという分析によると、2021年末にはビットコインは1000万円に達するそうです。

ストックフロー・モデル 出所:PlanB氏のツイッター

このことからも、今後のビットコインは上昇していく可能性があるのではないでしょうか。

事実、ビットコインは7月21日に開催された大型カンファレンス「The B world」で反発。テスラCEOのイーロン・マスク氏がイーサリアムを保有していることを公表しました。

その後に、ビットコインは12月以来となる8日連続で上昇。イーサリアムも8日連続上昇を記録し、急激に反発をみせました。

毎年繰り返されている半値押しを終え、新し相場が始まっているといえそうです。11月19日には米国でビットコインETFが承認され、史上最高値を更新、11月20日には760万円まで上昇するに至りました。5月19日には320万台からちょうど半年で440万円も上昇したことになります。

5年以内にヘッジファンドが30兆円を超える規模の仮想通貨を保有するというインタートラスト社の調査もあり、今後も上昇が期待できるかもしれません。

今がチャンスと思えば、ビットコインを買うも良し!

まだまだ早いと思えば、次の機会をうかがうも良いでしょう。

\即日ビットコインを買える取引所/
  • 仮想通貨の購入で毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンを実施中!
おすすめの記事