クロスセルに繋がる商品や銘柄をレコメンド
MINKABU Sales-Cue

こんなお悩みありませんか?
  • 証券会社 営業ご担当者A

    株と投資信託、両方に興味を持つお客様へ役立つ情報をもっと
    効率的に提供したい。

  • 証券会社 営業ご担当者B

    株を購入しているお客様に投資信託を勧めたいけれど、
    どの商品なら興味をもってくれるだろうか…?

株や投資信託など、商品分野を横断した情報をご提供。
顧客へのクロスセル提案に活かせます。
Sales-Cueとは
最新のマーケット情報と、顧客の購買データや嗜好を分析し、
ひとりひとりのお客様に合った提案内容をレコメンドします。
株や投資信託などの分野を横断したレコメンドにより、クロスセル提案を後押しします。
    • 株や投資信託などの
      マーケット情報
    • 購入履歴や趣味・嗜好などの
      顧客情報
  • 例:株を保有するお客様へ投資信託をレコメンド
    P社の株式を保有
    Bさん
    提案内容レコメンド
    投資信託買い
    Xファンド 200万口
    約2,000万円
    ひとりひとりの顧客に最適な
    クロスセル提案
たとえば、こんな使い方
  • 株と投資信託の連動性をチェック

    投資信託の全組入銘柄を参照でき、反対に国内株式から投資信託を探すことも可能。運用成績のいいファンドから、そのファンドが組み入れている株式を見つけるなど、連動情報を提案に活かせます。

  • 商品分野を横断した提案レコメンド

    「A社の株を購入しているお客様は、Bファンドの投資信託の購入率が高い」等、お客様の嗜好から最適な商品や銘柄をレコメンド。株を購入しているお客様への投資信託の提案など、別の分野の商品提案を後押しします。

マーケット情報と顧客管理をひとつに。
株や投資信託など、商品分野を横断した提案に役立ちます。
マーケット情報
  • ▶︎株式情報
    を運営するミンカブならではの豊富な株式情報を視認性の高いビジュアルでお届けします。
  • ▶︎投資信託情報
    株式情報と連動し、全組入銘柄を参照したり、反対に国内株式から投資信託を探したりすることが可能。株式と投資信託のクロスセルが行いやすくなります。
    また、投信の銘柄間はもちろん、各種指数との比較ができるチャートも充実。様々な観点から相対比較を行うことで、お客様に自信をもってお勧めできます。
顧客管理(CRM)機能
  • ▶︎クロスセルに繋がる提案内容レコメンド
    これまでの購買データや属性情報等から顧客の嗜好を分析し、ひとりひとりに最適な商品や銘柄の提案をレコメンド。
    株を購入している顧客に投資信託をお勧めするなど、商品分野を横断したクロスセル提案も、最適なタイミングで行うことができます。
  • ▶︎成長するレコメンド機能
    お客様への提案結果をSales-Cueにフィードバック。PDCAサイクルを回すことで、レコメンド精度が高まります。