Win-Station(R) オンラインデモ

Win-Station(R) アドバンス 機能紹介

※画像クリックで詳細表示します。

条日本語対応のエディタで、高度な売買プログラムも楽々構築。

日本語対応のエディタで、高度な売買プログラムも楽々構築。

Win-Station(R)は、いわゆるブラックボックス・システム(中身が公開されていないシステム)とは大きく異なり、ほとんど全ての分析の計算式や論理構造の中身を、付属のプログラム統合環境である Win-Composer(R)で開き、確認し、変更する事が可能で、いわばホワイトボックスとも呼べる製品となっています。また、既存のプログラムを変更するだけでなく、オリジナルの分析を、一から作成することも可能です。

作った売買プログラムは即座にシミュレーションへ

作った売買プログラムは即座にシミュレーションへ

作成した売買プログラムが、真に利益を生むプログラムなのかどうかを測るため、Win-Station(R)には高度な検証機能(パフォーマンスレポート)が付属しており、売買プログラムを作成し終えた瞬間から、膨大な過去データを元に詳細な性能評価を行うことが可能になっています。 この結果の読み取り方を理解することが、利益を生む売買ルールを見つけるための大きな成功のカギとなります。

最適化機能でオリジナル売買ルールをファイン・チューニング

最適化機能でオリジナル売買ルールをファイン・チューニング

Win-Composer(R)プログラム内部の変数を外生変数(数値パラメータ)として定義すれば、その変数は最適化機能を使って最適化することが可能となります。(※最適化 = 売買ルールのパラメータを指定した範囲で変化させ、それぞれのパラメータを用いてシミュレーションを行い、結果を一覧表示すること) これまで長時間掛けて行っていたパラメータの試行錯誤作業を、一瞬にして解決することで、売買ルール開発のための本来の時間が大幅に節約でき、余った時間を更なる開発に振り向けることができること、それが Win-Station(R) の最適化機能を使う大きなメリットです。

オリジナルのテクニカル指標が作成可能

オリジナルのテクニカル指標が作成可能

Win-ComposerRでは、ストラテジーの作成だけでなく、インジケータ(指標)も作成することができます。ユーザー独自のインジケータは、システム売買のみならず、ディーリングをする上でも強力な武器となるでしょう。

スクリーニング条件作成機能

スクリーニング条件作成機能

同様にマーケットスキャナの条件設定としてもインジケータを使用できます。単なるチャート分析ソフトの枠を超えて、総合マーケット分析ツールの実現を可能としたアドバンスバージョンです。

価格

お問い合わせ下さい。

お申込方法

下記ページにてWin-Station(R)のご利用料金、お支払方法、会員登録の手順、会員制サイトをご利用いただくための諸注意などをご説明しています。
Win-Station(R)への実際のお申し込みも、こちらから行っていただけます。

Win-Station(R)お申込方法のページへ

日本語対応のエディタで、高度な売買プログラムも楽々構築。

Win-Composer(R)実行中の画面

Win-Composer(R)実行中の画面

Win-Station(R)は、いわゆるブラックボックス・システム(中身が公開されていないシステム)とは大きく異なり、ほとんど全ての分析の計算式や論理構造の中身を、付属のプログラム統合環境である Win-Composer(R)で開き、確認し、変更する事が可能で、いわばホワイトボックスとも呼べる製品となっています。また、既存のプログラムを変更するだけでなく、オリジナルの分析を、一から作成することも可能です。

売買戦略作成

売買戦略作成

プログラム作成統合環境 Win-Composer(R)の中心となる機能は、スクリーン指向の本格的なプログラムエディタです。この機能を使用して、ユーザー独自のストラテジー(売買システム)や、インジケータ(指標)を作成することが可能です。また、デバッグ機能も整備しているので、プログラムの修正作業を容易にします。

ストラテジーをチャートに追加した画面例

ストラテジーをチャートに追加した画面例

Win-Composer(R)で作成したストラテジーは、すぐさまチャートに表示し、実行、検証することが可能です。

閉じる

作った売買プログラムは即座にシミュレーションへ

パフォーマンスレポートとのシームレスな連携

パフォーマンスレポートとのシームレスな連携

作成した売買プログラムが、真に利益を生むプログラムなのかどうかを測るため、Win-Station(R)には高度な検証機能(パフォーマンスレポート)が付属しており、売買プログラムを作成し終えた瞬間から、膨大な過去データを元に詳細な性能評価を行うことが可能になっています。 この結果の読み取り方を理解することが、利益を生む売買ルールを見つけるための大きな成功のカギとなります。

パフォーマンスレポートの画面例

パフォーマンスレポートの画面例

ストラテジーの性能を直感的に把握するために様々なレポート機能が用意されています。画面は累積収益を示すグラフです。

閉じる

最適化機能でオリジナル売買ルールをファイン・チューニング

Win-Composer(R)とのコラボで最適化も自由自在

Win-Composer(R)とのコラボで最適化も自由自在

Win-Composer(R)プログラム内部の変数を外生変数(数値パラメータ)として定義すれば、その変数は最適化機能を使って最適化することが可能となります。(※最適化 = 売買ルールのパラメータを指定した範囲で変化させ、それぞれのパラメータを用いてシミュレーションを行い、結果を一覧表示すること) これまで長時間掛けて行っていたパラメータの試行錯誤作業を、一瞬にして解決することで、売買ルール開発のための本来の時間が大幅に節約でき、余った時間を更なる開発に振り向けることができること、それが Win-Station(R) の最適化機能を使う大きなメリットです。

最適化結果の画面例(1)

最適化結果の画面例(1)

最適化結果を 3D で表示することで、直感的な理解を容易にします。

  • ご契約のグレードによっては機能が使用できない場合があります。
  • 画面は開発中の画面です。

最適化結果の画面例(2)

最適化結果の画面例(2)

最適化結果を 3D で表示することで、直感的な理解を容易にします。

  • ご契約のグレードによっては機能が使用できない場合があります。
  • 画面は開発中の画面です。
閉じる

オリジナルのテクニカル指標が作成可能

インジケータ作成例(1)

インジケータ作成例(1)

Win-Composer(R)は、ストラテジーの作成だけでなく、インジケータ(指標)も作成することができます。ユーザー独自のインジケータは、システム売買のみならず、ディーリングをする上でも強力な武器となるでしょう。

インジケータ作成例(2)

3D ビューで見る最適化機能(2)

インジケータ作成の一例として、自動フィボナッチ、および自動トレンドラインを作成し、表示してみました。

閉じる

スクリーニング条件作成機能

スクリーニング条件作成

スクリーニング条件作成

同様にマーケットスキャナの条件設定としてもインジケータを使用できます。単なるチャート分析ソフトの枠を超えて、総合マーケット分析ツールの実現を可能としたアドバンスバージョンです。

  
閉じる

CONTACT USお問い合わせ